• TOP
  • FASHION
  • 黒い服ばかり選んでしまう人は、小物も黒で合わせるのが鉄則ってホント?

2019.06.06

黒い服ばかり選んでしまう人は、小物も黒で合わせるのが鉄則ってホント?

どんな方もシックに見える着こなしといえば、黒ベースのモノトーンスタイル。それでは、その装いの腕元にふさわしい時計を選ぶとしたら? その答えは、腕元をキリリと引き締めてくれる、黒い時計だったんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/持田慎司

腕元キリリで、モノトーンスタイルを格上げ

黒いジャケットや黒いシャツ、はたまた黒いスラックスといった黒いアイテムは、モダンな印象を与えつつ体型もシャープに引き立ててくれるので、大人の男性には重宝するアイテム。そんなモノトーンスタイルの完成度をさらに高めてくれるのが、真っ黒な時計なんです。

クールな装いにさりげなく溶け込みながらも、腕元に黒ならではの艶っぽさをプラスしてくれる、というのもうれしいポイントです。今回は、数ある真っ黒時計の中でも大人にふさわしい4モデルをご紹介します。

いまどきの大人のモノトーンスタイルは、小物が重要

時計63万2500円/シャネル、ジャケット5万4800円/レインメーカー、ニット2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、カットソー1万8000円/スリードッツ(スリードッツ青山店)、パンツ5万5000円/ロータ(エリオポールメンズ銀座)、ベルト2万7000円/シャンボール セリエ(八木通商)、靴1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
ジャケット&スラックスにクルーネックニットを合わせた着流しのジャケパンスタイルですが、ブラック&グレー&ホワイトを巧妙に使い分けることで、グッとモダンな雰囲気になるのです。

首元にちらりとのぞくクルーネックTシャツと足元の白スニーカーが、着こなしに軽やかな雰囲気を添えています。で、腕元にはお約束の真っ黒時計を合わせてください。この組み合わせが大人のモードな艶っぽさを際立たせてくれますから。
PAGE 2

◆ おすすめの真っ黒時計 その1 「シャネル」 

20年目という節目に、すべてを根底から進化させた1本

「J12」自動巻き、高耐性ケース(38mm)×ブレスレット、200m防水。63万2500円/シャネル
2000年の登場から20年目を迎えた「J12」が大幅についに進化。ベゼルやリューズサイズの変更、ブレスレットリンクのスリム化、タイポグラフィの変更など、デザイン面での微に入り細に穿つアップデートもさることながら、ハイライトはなんと言ってもその中身の変化。

スイスのムーブメント会社であるケニッシ製のCOSC認定オートマティックムーブメントを搭載し、さらに、その動きを楽しめるよう、サファイアクリスタルをあしらった一体型セラミックケースへと生まれ変わりました。

◆ おすすめの真っ黒時計 その2 「ウブロ」 

アートなタイムピースを腕元に添えて

「アエロ・フュージョン クロノグラフ オーリンスキー ブラックマジック」自動巻き、セラミックケース(45mm)、ラバーストラップ。200万円/ウブロ 世界限定200本
野生動物や時代を象徴するものをモチーフにするフランス人現代アーティスト、リチャード・オーリンスキーとのコラボレーションによって生まれたのが、こちらの「アエロ・フュージョン クロノグラフ オーリンスキー ブラックマジック」。

スケルトンダイヤルを採用することで、真っ黒な時計に奥行き感を生み出したデザインへのこだわりは、さすがです。
PAGE 3

◆ おすすめの真っ黒時計 その3 「タグ・ホイヤー」 

価格以上の価値。クールなトゥールビヨンです

「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02T カーボン トゥールビヨン ファントム」自動巻き、ブラックPVD加工TIケース(45mm)、100m防水。231万5000円/タグ・ホイヤー 世界限定500本
機械式時計における三大複雑機構のひとつに挙げられるトゥールビヨン(姿勢差による重力の影響を緩和する機構)を搭載しているにもかかわらず、驚きのプライスバリューを掲げる「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02T カーボン トゥールビヨン ファントム」。

モダン極まるデザインは、スポーティなモノトーンスタイルとの相性も抜群なのです。

◆ おすすめの真っ黒時計 その4 「コルム」

オールブラックによってイメージも一新

「アドミラル レジェンド 42」自動巻き、ブラックPVD加工のSSケース(42mm)、ラバーストラップ。67万円/コルム(GMインターナショナル) 世界限定100本
同社のアイコンシリーズをブラックアウトしたのが、こちらの「アドミラル レジェンド 42」。通常モデルには10種の国際信号旗がカラフルな彩りを添えますが、こちらはオールブラック仕様ゆえすこぶる都会的かつクールな佇まいです。

アドミラルシリーズのもうひとつの特徴である12角形のケースデザインも、より一層目立つ仕上がりに。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ウブロ 03-5635-7055
エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455
GMインターナショナル(コルム) 03-5828-9080
シャネル 0120-525-519
スリードッツ青山店 03-6805-1704
タグ・ホイヤー 03-5635-7054
ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77
八木通商(シャンボール セリエ) 03-6809-2183
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238
レインメーカー 075-708-2280

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL