• TOP
  • FASHION
  • やっぱり大人が欲しいのはコレ! 上質素材のモテる一着といえば!?

2019.04.22

やっぱり大人が欲しいのはコレ! 上質素材のモテる一着といえば!?

ロロ・ピアーナが上質なカシミアやウール製の高級スーツだけを作り続ける老舗だと思っていたら大間違い。今や、本格アウトドアブランド顔負けのハイテクテキスタイルを自社開発する新たな一面も持ち合わせているのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/瀧川修平

最高級生地メーカーの新境地に刮目!

LEON.JPの読者諸兄にとって、良い服、欲しい服、買うべき服とは? 見た目や着心地が良いのは当たり前。素材にこだわり抜いた、幅広く使える汎用性と飽きのこない永続性を持つ品で、その上歴史に裏打ちされたブランド力も備わっていれば、時には多少値が張っても欲しい、という方も多いのではないでしょうか。

見た目、着心地、素材使い、汎用性、永続製、そしてブランド力という、大人にとって不可欠な6本柱を備えたプロダクトって、そうそうあるものではありません。イタリアはクアローナで100年近い歴史を誇るロロ・ピアーナを除いては。

そんな大人の求める全てのニーズを満たす名門の出自が、スーツ専門の服地メーカーであったことは有名な話。ですが、そのベクトルがあくまでカシミアをはじめとした天然素材にのみ向いていると思っているなら、その先入観は随分昔の話。近年では、本格アウトドアブランド顔負けのハイテク素材にも注力しているのです。

ここに紹介するのはリネンやウールに特殊な加工を施し、合成繊維さながらの伸縮性や撥水性を付与させたテクニカルファブリック製アウター。一見するとそんな機能性を感じさせないナチュラルな素材感こそ、これら3品の醍醐味です。

もしこれ見よがしではないテックアウターをお探しならば、これからはロロ・ピアーナこそが大人の駆け込み寺となり得るでしょう。
PAGE 2

全天候型のリネンアウター

27万8000円/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)
セーリングウェアにインスパイアされた「フーデッドアノラック」。撥水性、伸縮性が高くシワになりにくいテクニカル・リネン・ファブリックを使用。ディアスキンプルが付いた深いポロスタイルのジップアップネックや、裾に巡らされたドローコードの調節により多様な表情を演出できます。

マリンなバイカラーで清涼感倍増

アノラックは上と同じ、ニット11万6000円、パンツ6万5000円、シューズ8万1000円、バック17万6000円/すべてロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)
セーリングウェアを夏っぽく軽快に着こなすなら、気をてらわずマリンテイストに振るのが最善。アノラックがネイビーゆえ、他の合わせをオールホワイト、とりわけ生成りで揃えれば、ナチュラルな麻の風合いが際立ちます。
PAGE 3

ラグスポなロング丈も

30万7000円/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)
航海中の船員を彷彿させるノーティカルスタイルを意識したフーデッドコート「ホワイトストーンパーカ」。上と同じく樹脂加工により、水を弾くレインシステムを採用。リネン製なのにレインコートとしても使える上、ビジネススタイルに羽織ってもジャケットの丈が隠れるため、シーンを問わず着用可能。

永世定番をハイテク素材で再構築

36万6000円/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)
エクスクルーシブな最先端技術により、環境に配慮されたポリアミド混ヴァージンウールにストームシステム加工を施し、防水防風性を付与させた「レッドウッド」。ライニングにはポリエステル混のチェックコットンを使用。一見だと天然の起毛素材にしか見えない、爪を隠した能あるトレンチコートです。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店 03-3572-0303

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL