• TOP
  • FASHION
  • 【これ1本で効果アリ】パンツが洒落て見える、垂らすベルトはこの5本

2019.04.10

【これ1本で効果アリ】パンツが洒落て見える、垂らすベルトはこの5本

温かくなって着こなしがシンプルになってくると、アクセサリー使いがコーディネートのポイントになってきますよね。そんなとき腰周りに使うアクセサリーとして「垂らしベルト」が今、注目されています。大人世代にとっては懐かしくもあるこのアクセ、今どきの腰周りユルめのパンツに似合うので、ぜひ取り入れてみてください。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/池田保行(04)

腰回りにユルやかなアクセントを生むのです

ベルト1万4000円/アンダーソンズ(エスディーアイ)、ニット3万6000円/アルフレッド(アマン)、パンツ2万4000円/トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)
1万4000円/アンダーソンズ(エスディーアイ)
大人っぽいシンプル&ベーシックなカジュアルスタイルは、どこかにアクセント的に小物を使うと、目を引くポイントになってコーディネートが締まって見えるというもの。スカーフを衿元に結んだり、時計やジュエリーで手首で魅せたり、いろいろな方法論が考えられますが、最近ではあえて長めのベルトを使った「垂らしベルト」が注目テクって知ってました?

ここではニットにグレスラという、シンプルを極めたコーデですが、細身のレザーベルトを合わせたら、剣先はループに通さず、バックルから垂らしておくのが着こなしのポイント。これだけでスタイリングは一気に今っぽく仕上がるんです。

若い人にはすでにおなじみになっているテクですが、じつはこの「垂らしベルト」、80年代や90年代のストリートファッションでスポット的に流行したテクだったりしますので、大人の方ならご存知の方もいらっしゃるかと。今回の「垂らしベルト」は当時を知るデザイナーが手がけるブランドからの発信だったりしますが、今風の腰周りユルめのテーパードパンツと相性がいいうえに、なにより手軽なのでどなたでも簡単にできちゃいます。

ちょっと長め&細めのベルトを選んだら、ベルトループをひとつだけ通すか、あるいはバックルを通しただけでベルトループに通さず剣先を垂らすだけ。ラグスポでお馴染みのトラックパンツやイージーパンツのドローコードを垂らすように、ベルトの剣先をぶらりと垂らせばOKなので簡単ですよね。ちょっとラフで不良っぽくも見えるテクニックですので大人の男性にも似合いますよ。ぜひとも、お試しを。
PAGE 2

● おすすめのベルト その1 「シャンボール セリエ」 

馬具モチーフのバックルがポイントです

3万円/シャンボール セリエ(八木通商)
フランスの有名メゾンの革製品を手がけてきたシャンボール セリエ。それゆえ革質は最高峰のみを厳選して、メッシュベルトもしなやかでラグジュアリーな雰囲気満点です。馬具をモチーフにしたアイコンデザインはメッシュベルトにも健在で、こちらのバックルは乗馬靴に使う拍車がモチーフになっています。

● おすすめのベルト その2 「アンドレア ダミコ」 

たたきのダブルリングがラギッドな男クサさを漂わせます

1万8000円/アンドレア ダミコ(ビームス 六本木ヒルズ)
ベルトだけでなく、いまではブレスレットやウォレットチェーンなどのアクセサリーも展開しているボローニャのベルトブランド。男の色気を感じさせるデザインが特徴で、こちらは上質なカーフのベルトに、たたき加工で仕上げたゴールドのダブルリングバックルを採用してラギッドなスパイスを加えています。
PAGE 3

● おすすめのベルト その3 「アンボワーズ」 

「垂らし」も「通し」も使える2スタイル

1万6000円/アンボワーズ(トゥモローランド)
パリの高級メゾンのベルトを手がけてきた実績を持つアンボワーズ。ナチュラルカラーが美しいメッシュのベルトは、使い込むほどに色味が濃くなり経年変化が楽しめそう。バックルもシンプルで美しく、普段はきちんと剣先をベルトループに通してドレッシーに、カジュアルのときは剣先を垂らして、2スタイルをこなせそうです。
PAGE 4

● おすすめのベルト その4 「ユナイテッドアローズ」 

80年代ガチャベルトを思わせるファブリックベルト

1万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)
バックルがガチャ式だとちょっと子供っぽいですが、こちらは大人っぽくつけられるダブルリングタイプ。ファブリックのベルト部分はゴムを使っているので、伸縮性に優れ、ウェストにしっかりフィットします。ピンクというカラーも、チラ見えしたときに目を引くポイント。あえてベルトを見せないコーデのときこそ意外な色使いは効果的です。

● おすすめのベルト その5 「サイ」 

白細のナイロンベルトが80年代当時を思わせます

1万3000円/サイ(マスターピースショールーム)
ベルトの穴位置を見てわかるとおり、これぞまさしく剣先を垂らすために作られた専用ベルト。細幅のナイロンファブリックは剣先のメタルプレートが重りとなって垂らしたときの調子も良好。80年代当時を知る大人なら、あえて黒パンに白ベルトの組み合わせで巧みにコーディネートできるのではないでしょうか。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アマン 03-6805-0527
エスディーアイ 03-6721-1070
トゥモローランド(メンズ) 0120-983-522
パラブーツ青山店 03-5766-6688
ビームス 六本木ヒルズ 03-5413-7690
マスターピースショールーム 03-5414-3385
八木通商(シャンボール セリエ) 03-6809-2183
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

【これ1本で効果アリ】パンツが洒落て見える、垂らすベルトはこの5本 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト