• TOP
  • FASHION
  • 【速報】知ってる? いま選ぶべき、シャツのポイント。スーツが見違えるのはコレです。

2019.03.14

【速報】知ってる? いま選ぶべき、シャツのポイント。スーツが見違えるのはコレです。

常に旬のスーツを纏えればいいのですが、スーツは日々のローテの都合上、何年か前に購入したものを着なくちゃならない日もあるでしょう。大丈夫です。そんなスーツでもシャツさえ変えればぐっと新鮮に見違えるのです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

スナップ・写真/Yu Fujiwara(@8&2)、静物・写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/吉田 巌(十万馬力)

いま選ぶべきは、ワイドすぎないレギュラータイプの白シャツです

襟羽根の開きの大きいワイドカラーやホリゾンタンタルカラーが長らく人気を博していたシャツ市場ですが、最近は様相がかなり変わってきました。

ピッティに集う洒落者たちの胸元を見ても、下の写真のように、襟の開きが狭いシャツを着用し、ネクタイのノットをキュッとコンパクトにまとめるスタイルが主流となっています。

そして不思議なのが、たとえスーツが変わらなくとも、これだけでスタイルがぐっと今どきに見えるということ。スーツスタイルの印象はVゾーンが決定し、なかでもその土台となるシャツの選びは大事ということですね。これをお読みの方にはまだ襟がガッと開いたシャツを愛用している人も多いと思います。

そんな方は是非とも今季は襟の開きの狭いシャツに挑戦してみてはいかがでしょう。このジャンルにはボタンダウンやタブカラー、ピンホールカラーもありますが、まずはレギュラーカラー、それも基本の白シャツで揃えると手持ちのスーツと合わせやすいでしょう。

また本格的なレギュラーカラーはちとクラシックすぎると感じるなら、セミワイドカラーでもOK。スーツなんかに比べればシャツはお安い出費ですし、騙されたと思ってお試しあれ。
陽光に映えるオリーブグリーンのスーツもさることながら、ここで注目していただきたいのはシャツ。レギュラーカラーの白シャツを着用したことで、端正かつクラシックなムードが高まっています。どこかモダンブリティッシュなニュアンスが生じているのもポイントです。
シャツ1万5000円/麻布テーラー(オーダー価格)(麻布テーラープレスルーム)、ジャケット3万9000円/エストネーション、タイ1万円、チーフ4000円/ともにフェアファクス(フェアファクスコレクティブ)
グレースーツにブラウンのソリッドタイというある意味で王道的なコーディネート。ちょっと前まで襟の開きのシャツを合わせるのが主流でしたが、こういう襟の開きの狭いシャツを合わせ、よりストイックにまとめるのが今どきなのです。
PAGE 2

● おすすめの白シャツ その1 「麻布テーラー」 

コスパ度高し! オーダーシャツならココ

シャツ1万5000円/麻布テーラー(オーダー価格)
採寸データをもとに、フィット感の異なる5つのボディスタイルから選択できる麻布テーラーのパターンオーダーシャツ(納期は約4週間)。

体型にジャストフィットするシャツをお探しなら、ここが間違いないでしょう。もちろん襟型やカフスのデザインも豊富なバリエーションから選ぶことができます。

今作では襟の開きが控えめなセミワイドカラーを選択。ブレーンなデザインですが、上質さが香る一枚です。

● おすすめの白シャツ その2 「ブルックス ブラザーズ」 

アメトラの名門製。しかもノンアイロン仕様!

1万3000円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)
アメトラの大御所ブルックス ブラザーズはボタンダウンシャツの元祖として有名ですが、もちろんそれ以外の襟型も豊富に展開。こちらは襟羽根の長さ7㎝のセミワイドカラーで、細身のタイとの相性も抜群。

上質なスーピマ綿を100%使用しつつ、家庭洗濯でもシワになりにくい“ノンアイロン仕様”であるのも嬉しいところです。形は胸囲と腕周りを細くしたモダンシルエットの「リージェントフィット」。
PAGE 3

● おすすめの白シャツ その3 「バグッタ」 

洒落者に大人気ブランドのプレーンな白シャツ

4万2000円/バグッタ(トレメッツォ)
北イタリアならではのシンプルかつ洗練されたシャツ作りで知られるバグッタ。プレーンなモデルであっても、どこかモダンなテイストを感じさせるのがいいんですよね。

薄手のポブリン生地を使ったこちらもそんなバグッタらしさが横溢。随所をハンドで仕上げたことで着心地も格別です。

● おすすめの白シャツ その4 「ボリオリ」 

今どきのジャケットと相性バツグン

3万5000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)
アンコンジャケットの名手ボリオリによる一枚。ちょい小さめの襟に低めの台襟、さらに表情あるメッシュ織りの生地など、ここらしい軽快感は健在です。

腕の運動性能を確保するため、ボディと袖筒を別々に作った上で後で縫い合わせるなど、仕立ての面もシャツ専業ブランドに一歩も引けを取りません。
PAGE 4

● おすすめの白シャツ その5 「ターンブル&アッサー」 

ここぞという時、自信のつく1枚

3万3000円/ターンブル&アッサー(ヴァルカナイズ・ロンドン)
英国を代表する名門ドレスシャツブランドのターンブル&アッサー。ここのシャツの最大の特徴はターンブルカットと呼ばれる襟の形状です。

衿先から剣先にかけてゆるやかなS字ラインを描いており、ジャケットのラベル部分から襟の飛び出しを防くだけでなく、ノータイ時の見栄えも絶品なのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

麻布テーラープレスルーム 03-3401-5788
ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255
エストネーション 0120−503−971
トレメッツォ 03-5464-1158
フェアファクスコレクティブ 03-3497-1281
ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718
ボリオリ東京店 03-6256-0297 
 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL