• TOP
  • FASHION
  • 【発見!】 この春、大人が着るべきスーツ&ジャケットとは!?

2019.02.25

SPONSORED


【発見!】 この春、大人が着るべきスーツ&ジャケットとは!?

ナポリ伝統の仕立ての技術を継承しながらも、モダンな感性で深化&進化を続ける「デ・ペトリロ」。彼らの姿勢から見えてくるのは、"魅力的であるためにはアップデイトは不可欠"という不変の事実です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/川田有二 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/YOBOON(Coccina) 文/持田慎司

■ ユル〜い着こなしも難なくハマります

[01] クラシック柄をモダンに

クラシックなハウンドトゥース柄を採用した3Bのシングルスーツ。一見するとベーシックですが、随所にいまの気分をちりばめているのです。
スーツ16万8000円/デ・ペトリロ、ニット2万8000円/ルトロワ、Tシャツ6000円/デウス エクス マキナ、シューズ8万円/ボードイン アンド ランジ(すべてビームス 六本木ヒルズ)、サングラスはスタイリスト私物

タイドアップはもちろん着流しだって余裕です

英国の高級生地ブランドであるサヴィル・クリフォード社製の強撚糸による千鳥格子生地を採用。さらにジャケットのチェンジポケットやパンツの2インプリーツ&サイドアジャスター&後ろ身頃ワンバック仕様等々、サルトリアの息吹を随所にちりばめて、モダンにアップデイト。ゆえに、白のカットソーに遊び心溢れるカーディガンというリラックスした合わせとの相性も抜群です。
PAGE 2

■ 趣のあるデニム地で、定番に新鮮みを

[02] ブレザーをモダンに

金ボタンの紺ブレも、デ・ペトリロの手にかかればモダンに早変わり。デニム生地を使用した一着が春のオヤジをアップデートさせてくれますよ。
15万9000円/デ・ペトリロ(ビームス 六本木ヒルズ)

坊っちゃん臭さとは無縁の進化した紺ブレです

ストレッチリネンコットンによるデニム地のブレザー。デニムの伸縮を抑えるために縦糸には特殊加工が施してあります。ラペル幅10㎝という堂々たるスタイルですが、リラックスした生地の雰囲気と軽やかな仕立ての恩恵により、ヌケ感漂うムードな仕上がりに。カジュアルな装いとのマッチングを高めるべく、強い光沢を放ちながらもやや白みがかった配色のドーム型ボタンを採用。このあたりに、同社のキラリと光るセンスの良さを感じます。

モダンに進化した一着だけに
ベーシックな合わせでも目新しい

ニット2万1000円/サンモリッツ、パンツ2万9000円/ベルウィッチ(ともにビームス 六本木ヒルズ)
/卓越した仕立ての技術により、背中から肩にかけて丸みのあるフォルムを形成。
右下/リラックスした雰囲気も十分です。 カジュアルにも合う、絶妙な着丈にも要注目。
左下/ダブルブレストながらボタン間隔を最適な位置に調整しているため、前を開けて着てもサマに。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アイネックス 03-5728-1190
URL/http://www.ainexx.co.jp/

ビームス 六本木ヒルズ(ドレスフロア) 03-5775-1623

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL