• TOP
  • FASHION
  • 相澤陽介氏が手がける「ハンティング・ワールド」初のスニーカーが登場!

2019.02.18

相澤陽介氏が手がける「ハンティング・ワールド」初のスニーカーが登場!

ホワイトマウンテニアリングの相澤氏が参加したことで、新たな支持層を獲得したハンティング・ワールド。そんな同ブランドから、とっておき&タイムリーなニュースが届きました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

ラグジュアリー×ストリートの波を、決定づける新展開

バブル期を謳歌した世代にとって、ハンティング・ワールドのバッグを持つことは、いわばステイタスでした。それから20数年。2014年にブランド設立50周年を迎えたのを機に、ハンティング・ワールドは新たな提案を続々とリリース。

イメージを刷新する中、90年代リバイバルも後押しする形で、おなじみのバチューシリーズが若者層からの支持を新たに集めています。そもそもバチューシリーズは、エクスプローラーバッグが出自。スポーツやアウトドアがトレンドキーワードとして君臨する昨今、ナイロン製の同シリーズは、うってつけのアイテムです。

そして今、またもやトレンドキーワードにドンピシャなアイテムが、新たにリリースされました。
PAGE 2

これぞまさに、相澤氏ディレクションの功績

2019年のSSコレクションからローンチされるのは、なんとスニーカー。実はスニーカーをリリースするのは、1965年のブランド設立以来初めてのことなんです。

確かに、バチューシリーズをはじめ、昨今ラグジュアリーだけでなくストリートでも支持層を広げているだけに、この提案は実にタイムリー。もちろん、今回のリリースに至ったのは、2018年SSよりホワイトマウンテニアリングの相澤氏がクリエイティブディレクターとして参加していることが、大きな要因でしょう。

で、その仕上がりですが、さすがツボ押さえてます。グラデーションを描くアッパーの曲線に、厚みのあるヒール、そしてダッドなフォルムと、トレンドの90年代的なデザインを披露。まさしく、今履きたいのはコレ!って感じです。

発売は2月15日予定。記念すべきファーストコレクションとあって、話題沸騰は確実です。というか、早くも第2弾が待ち遠しいですよね。
PAGE 3

今シーズンのテーマを、異素材使いで表現

6万5000円/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド帝国ホテル店)
アッパーはカーフのスムースレザー、スエード、そしてナイロンをミックス。ウェーブをモチーフにしたデザインは、今シーズンのテーマであるマリンからインスピレーションを得たものです。
6万5000円/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド帝国ホテル店)
シュータンにデザインされたロゴ入りのレザータブ。ラグジュアリーな印象のブランドですが、シンプルにして存在感のあるロゴにストリートなエッセンスが漂います。
PAGE 4

好発色オレンジも、履くと意外にもシック

6万5000円/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド帝国ホテル店)
今回用意されるカラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、グレー、そして上のオレンジの全4色。最も色が効いているのがオレンジですが、それでも比較的シックな大人色になっています。

大人の休日スラックスにも、マッチします。

6万5000円/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド帝国ホテル店)
こちらはグレー。ウェーブモチーフがより引き立ちます。ソールにはダッド感のあるボリュームを持たせつつも、トゥはシャープなのでスラックスともバランス良しです。
※掲載商品はすべて税抜です。

■ お問い合わせ

ハンティング・ワールド帝国ホテル店 03-3501-7080

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL