2019.02.04

大人が履くべき“美脚ブーツ”とは?

今では当たり前のように使われている“美脚ブーツ”という言葉に市民権を与えたのは、サンローランのヒールブーツに他なりません。大人の足元における名作を語る上では、外せないエバーグリーンといえましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/瀧川修平

背が低い、脚が短い、太い……。成人男性がスタイルに抱えるコンプレックスなんて、とどのつまりはこの3つに集約されると思う次第。思い当たる節がある方も多いのではないのでしょうか? これらすべての解決策を、本誌は一つだけ知っています。“サンローランのヒールブーツを履く”だけで、積年のお悩みが解消するのです。

サンローランのヒールブーツといえば、最も有名なのが「ジョニー」です。2001年に誕生したジップブーツはヒール高6.5㎝と一般的なソレに比べて随分と高く、美脚効果も絶大。低身長ならずともスタイルアップを求める男性の救世主として一世を風靡したのでした。

そして現在。デザイナーは変われど、筒が細くロングノーズな“サンローランのヒールブーツ”の真価は健在。今なお多感な男性にとっての憧れの一足として君臨し続けています。そこで、2016年にクリエイティブ・ディレクターに就任したアンソニー・ヴァカレロが継承した3足の傑作を再検証。改めて美脚ブーツの最新事情を紐解きました。
PAGE 2

海外セレブ御用達の定番傑作

10万円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
2014年秋冬にローンチされた、クラシックなワイアットチェルシーブーツ。タイプ、色、素材が豊富なバリエーションも持ち味で、ヒール高も3、4、6㎝の3パターンからチョイス可能。写真は4㎝のスタックヒールモデル。

ジョッパーブーツはスウェード製が気分

12万5000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
2014年の春夏にデビューしたワイアットジョッパーブーツ。ヒール高は3㎝と低めながら、アンクルストラップと平べったいロングノーズが美脚効果を後押しします。同様のデザインではこの他に、ブランドを象徴するカーフ製も展開中。
PAGE 3

グラマラスなサイドシャンは健在

12万5000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
歴代の名だたるデザイナーが生み出し進化させたヒールブーツの完成形といえるのが、この「ワイアットサイドジップブーツ」。ロングノーズが生み出すシャープなシルエットは、テーパードした細パンと合わせた際に抜群の美脚効果を発揮します。
※掲載商品はすべて税抜です。

■ お問い合わせ

イヴ・サンローラン 0570-016655

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL