• TOP
  • FASHION
  • 【検証】どんなスーツにも似合う万能タイといえば?

2019.02.12

【検証】どんなスーツにも似合う万能タイといえば?

ネイビー&グレーはビジネススーツの基本色。毎日タイドアップして出勤する方なら、朝のタイ選びはスムーズに済ませたいですよね。そんなとき、お手持ちのネイビー&グレースーツの両方に似合うタイを知っておけば、きっと時短にも役立つはずです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/池田保行(04)

黒ベースのタイは、ネイビーもグレーも、スーツの色を選びません

タイ1万6000円/ホリデー&ブラウン(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、スーツ16万6000円/ルイジ ビアンキ マントヴァ(トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ2万3000円/セオリー(リンク・セオリー・ジャパン)、チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)
スーツ7万9000円/サンタニエッロ(バインド ピーアール)、シャツ、タイ、チーフは上に同じ
一般的にグレースーツには暖色寒色を問わず、あらゆるタイが似合うとされ、ネイビースーツには地色か柄色にネイビーの同系色が使われているタイが似合うとされます。つまりはネイビースーツに合うタイが、グレースーツに合うのは間違いないのですが、もっともお洒落でスマートに似合う色は何でしょう?

ご想像どおり、答えは黒です。黒は「無彩色」なので理屈っぽくいうと色ではないのですが、グレースーツに黒タイならモノトーンでモダンにこなせますし、ネイビータイに黒タイを合わせもVゾーンが引き締まってクールな印象です。

ただし、無地でさらりとこなすのも良いのですが、白無地シャツをあわせるといかんせん冠婚葬祭っぽく見えてしまうこともあるので、ここは黒ベースにシンプルが柄使いのものが使いというワケです。

例えば上掲のような幾何学柄や水玉柄など、黒に少し白柄が入るぐらいならオールマイティで使えます。同色の織柄も無地タイ感覚で使いやすいのです。
PAGE 2

● おすすめのタイ その1「ラルフローレン」 

ドレス&カジュアルに使えるポルカドットタイ

2万9000円/ラルフ ローレン パープルレーベル(ラルフ ローレン)
水玉タイは、ドットの大きさやピッチによって、ドレッシーにもカジュアルにも見えるもの。その点、ラルフローレンの水玉タイは、ほどよくドレッシーかつほどよくカジュアルなポルカドット。パープルの裏地がチラ見えすれば、色気がふわりと薫ります。

● おすすめのタイ その2 「ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ」」 

和モダンなエッセンスが配されたブラックタイ

1万2000円/ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ(ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ 表参道ヒルズ)
黒のサテンにトーン・オン・トーンで浮かび上がるのは、このブランドのアイコン柄ともいえる折り鶴。モダンなグラフィックですが、和柄を連想させるこの柄なら海外で日本人のアイデンティティを示すタイドアップスタイルができそうです。
PAGE 3

● おすすめのタイ その3 「フェアファクス」 

ふわ軽な胸元に揺れるジャカードペイズリー

9000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)
遠目には黒無地ですが、よく見るとフレスコの織り地にジャカードでペイズリー柄が表現されています。裏地が取り付けられていないのでスカーフのように結べて、ふわりと軽い胸元を演出してくれます。

● おすすめのネクタイ その4 「マリネッラ」 

黒なのに、どこかクラシックなイメージです

3万円/マリネッラ(マリネッラ ナポリ 東京ミッドタウン)
イタリアを代表する政治家のひとり、ベルルスコーニ元首相も愛したマリネッラのドットタイ。黒字にくっきり白のピンドットが一面に散りばめて黒の重さを軽減。本来クラシックに黒タイは使わないのですが、これならクラシコスーツにだって合います。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772−5501
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
バインド ピーアール 03-6416-0441
リンク・セオリー・ジャパン 03-6865-0206
ラルフ ローレン 0120-3274-20
ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ 表参道ヒルズ 03-6447-4970
フェアファクスコレクティブ 03-3497-1281
マリネッラ ナポリ 東京ミッドタウン 03-5413-7651

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL