• TOP
  • FASHION
  • やっぱりコレ! 「リーバイス501®」の魅力を検証

2019.02.27

やっぱりコレ! 「リーバイス501®」の魅力を検証

リーバイスの501®を履いたことがない、そんな人いるんでしょうか。世界にはありとあらゆるジーンズが存在する中で、最も有名で最も語りどころがある501®。501®の歴史は、すなわちジーンズの歴史そのものと言って過言ではないんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

長い歴史の中でのターニングポイントを、改めて知っておく

世界には名品が数あれど、リーバイスの501®以上に世界共通、男女共通、そして世代を問わず品番まで認識されている名品はないでしょう。

リーバイスの歴史は、その前身となる1853年にまで遡ります。ゴールドラッシュで湧くサンフランシスコで、金鉱労働者向けのワークパンツを製作したのが、そのはじまり。補強用の金属リベットやその頑強さを誇るレザーパッチという、現在に続くジーンズの原型を数々生み出した後、1890年にロットナンバー501®が登場します。

永久定番、永遠の名作なんて呼ばれることもある501®ですが、実際には時代に合わせてマイナーチェンジを繰り返しています。そもそもの原型が、ベルトループのないサスペンダー+シンチバッグ仕様ですからね。そしてそのマイナーチェンジの歴史こそが、501®の魅力なんです。

来年には誕生130周年を迎えるという長い歴史の中で、時に大幅に、時にマニアックに変化を見せてきた501®。年代ごとに語りどころ盛り沢山な501®の魅力に、ジーンズ好きがハマらない訳がありません。事実、リーバイス® ビンテージ クロージングでは、501®の長い歴史の中でターニングポイントとなった年代ごとの特徴を再現したモデルが、全て揃うんですから。
PAGE 2

◆1890モデル 

501®の長い歴史は、この1本からはじまりました

3万円/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン)
501®が誕生した1890年モデル。大きな特徴は、ベルトループがなくサスペンダーボタンが付けられていること。当時ワークウェアの主流がビブ(胸当て付き)オーバーオールであり、この時点での501®はまだその延長線上にあったことが見受けられます。
サイズ調整はバックのシンチバックで行います。1本縫いのアーキュエイトステッチを採用するバックポケットは、右側にひとつだけ。頑強さを示すツーホースパッチは、もちろんレザーです。

◆1933モデル 

旧来のワークウェアからの転換を緩やかに図った時代

3万円/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン)
初代で採用されたサスペンダーボタンとシンチバックを継承しつつ、ベルトループが併用された1933年モデル。バックポケットは両側に増設されましたが、むき出しリベットは初代と同様です。当時のベルト着用派は、シンチバックを切断して穿く人が多く見られました。
復刻モデルでは、レザーパッチ下に付けられた当時の全国復興法に準じた商品の証明となる白タグまでも、忠実に再現されています。
PAGE 3

◆1944モデル

時代を象徴する要素が盛り沢山な人気モデル

3万円/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン)
第2次世界大戦中に製造されたS501®XX。数ある歴代501の中でも、その歴史程背景の明確さから、最も人気があると言って良いでしょう。物資不足のため、ポケット&クロッチリベットやシンチバックの廃止、付属品の簡素化が図られました。
バックポケットのアーキュエイトステッチも排除の対象とされましたが、ブランドのアイデンティティであることを誇示するように、リーバイスはペイントで施しました。

◆1955モデル 

レザーパッチから紙パッチへ、ファッションとしての台頭

3万円/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン)
その前年にはジップフライ501®ZXXが登場するなど、現在の501®の基本が確立されつつあった50年代。1955年の501®にもその片鱗が強く現れています。それが、紙パッチの初採用。とはいえ、レッドタブはビッグE表記、バックポケットには隠しリベットがまだ存在します。
ファッションアイテムとしての要素が色濃くなってきた50年代。1955年モデルで採用されたボックスシルエットは、現在でも人気を集めるシルエットです。
PAGE 4

◆1966モデル 

ヴィンテージ認定の最終モデルといえばコレ

3万円/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン)
ヴィンテージ501®といえば、いわゆる66モデルを最終とする向きがあります。1966年から1971年までのモデルを指すもので、特徴はバータックの採用とビッグE表記。1971年以降のレッドタブは、現在に続くスモールe表記となります。
1937年にリベットが内蔵されるようになったバックポケット。66モデルではリベットを排除し、バータックによって補強するようになりました。
PAGE 5

アメリカ生産にこだわったスペシャルコレクション

1万8000円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン)
こちらは現行モデルの501®ですが、アメリカ生産にこだわったメイドインUSAコレクションになります。デニム生地は、米国のホワイトオーク社製を採用。501®のアイデンティティに敬意を評しながらも、裾まわりにかけて微妙にテーパードさせたシルエットは、今どきでもあります。

古き良き、それでいて今どきなシルエット

1万3000円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン)
現在海外生産が主流となる中で、生地から縫製までアメリカ製にこだわったメイドインUSAコレクション。14オンスの米国ホワイトオーク社製デニムにかなりの洗いをかけたこちらは、パッチも昔ながらのレザーパッチにこだわっています。
※掲載商品はすべて税抜です。

■ 問い合わせ

リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        やっぱりコレ! 「リーバイス501®」の魅力を検証 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト