• TOP
  • EVENTS
  • イタリアのファッション関係者が集結!ミラノで開催された「LEON NIGHT」をリポート!

2018.07.26

イタリアのファッション関係者が集結!ミラノで開催された「LEON NIGHT」をリポート!

2018年6月、ミラノ・メンズ・ファッションウィーク期間中に3年ぶりにLEON NIGHTを開催しました! その様子をダイジェストでお伝えします。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/トヨダ リョウ、Massi Ninni、Marco Santi Amantini 協力/TENOHA MILANO コーディネート/Minako Shimada 取材・文/菅 礼子(本誌)

2018年9月号より
ミラノ・メンズ・ファッションウイーク期間中の6月中旬、イタリアはもちろん、日本をはじめ世界各国からファッション業界の関係者が集まり、3年ぶりに「LEON NIGHT」を開催しました。皆さまへの日頃の感謝と、LEONもまだまだエンジン全開で行きますよ!という意気込みのもと、満員御礼の会場で繰り広げられたミラノでの熱〜い一夜を徹底リポートいたします。
ジローラモ「イタリアと日本が一緒になって盛り上がれるってうれしいネ!Viva!!」
誌面でもおなじみイタリアオヤジさんたちが一堂に会するのもLEON NIGHTだからこそ。日頃は各々の仕事に打ち込むオヤジさんたちだけに、皆が顔を揃えるレアな機会となりました。左からアレッサンドロ・スクアルツィさん、ガブリエレ・パジーニさん、我らがジローラモ、マリオ・ステファノ・マランさんという仲良しメンバーでパチリ。
総勢600人以上という多くの方々にお越しいただいた第5回「LEON NIGHT」。過去4回のパーティーに来場いただいた方たちからは、ベストパーティー!と賞賛され、3年ぶりの復活を果たしました。思えば創刊から早17年、ともに歩んできたイタリアはLEONにとってかけがえのない存在。誌面でもおなじみのイタリアンたちとの強力なネットワークを地道に築き、ミラノのファッション業界人もLEONという日本の一男性誌に寄り添ってくれるようになりました。
イタリアLOVEを形にしたインビテーション
皆さまへの感謝を込めて開催された第5回「LEON NIGHT」の会場は、今年4月にミラノのナヴィリオ地区にオープンした「テノハ ミラノ」。日本の和の要素とイタリアの文化の融合をコンセプトにしたこちらは、今回の宴にぴったりの会場。焼き鳥やタコヤキなど、日本人のソウルフードに、イタリア各地のワインやフランチャコルタといった美酒、さらには日本酒も振る舞われるなど、まさに国籍や年代を超えたグローバルな一夜となりました。

中庭には多くの人々が集まり歓談するなか、オペラ歌手・友杉誠志さんの歌声が会場に響き渡り、本格的にパーティーがスタート。小誌編集長・石井 洋、LEON.JP編集長・前田陽一郎のスピーチのあと、待ってましたとばかりにジローラモが乾杯のご発声。韓国版LEON、中国版LEONのスタッフも会場に駆けつけ、花を添えてくれたのでした。

さらに今回は、イタリアへの恩返しの意を込めて、初のチャリティを企画。“I Love♥Italy 2018”と刺繍されたチャリティチーフを会場内で販売、売上金の一部はふたつの団体の活動資金として寄付されました。

LEONはこれからもますます新しい仕掛けとともに、イタリア、日本のファッション業界を盛り上げて行く所存です。今後も何卒よろしくお願いいたします!
PAGE 2

Report 01 PLACE

「テノハ ミラノ」
日本とイタリアが融合した注目のスポット

ショップやカフェ、シェアオフィスから成る複合施設「テノハ ミラノ」。栄えある第5回「LEON NIGHT」が盛り上がったのも、こちらの協力があってこそです。
開放的な中庭には社交を楽しむ大人たちが集まりごった返すといううれしい状況が生まれました。ヒップな場所でパーティーができたことに感謝!

■ TENOHA MILANO

住所/Via Vigevano, 18, 20144 Milano MI, Italy
営業/9:00〜24:00
☎/+39-02-8088-9147
URL/www.tenoha.it

Report 02 OPENING

改めまして、みんな来てくれてありがと〜!

オープニングはジローラモのスピーチとともに。多くの人がカメラを構えてステージ前に集まり、その人気ぶりを再確認しました。

Report 03 GUEST

お洒落なイタリアオトコたちが豪華共演!

今回もおかげさまでグラッツィエの満員御礼!!

ジローラモ「グラッツィエ・イタリア〜! 日本でも買えるからみんなでイタリアに恩返し♥」チャリティーで販売されたチーフとともにパシャリ。
ファッションウイークの期間中だけに、同日は多くのパーティーが開催されていたものの、会場は終始大賑わい。前に進むのが困難なぐらいのすし詰め状態でうれしいのなんの。フードもお酒もほぼ完売!といったありがたい状態でした。

ご好評につき、買えるLEONでも若干数を追加販売します!

チャリティチーフはご好評につき、「買えるLEON」で追加販売しちゃいます!売上の一部は癌患者救済のために活動する「イタリア癌患者支援予防同盟」と指定難病ドラヴェット症候群を支援する「ドラヴェット症候群患者支援機構」の活動資金として寄付されます。募金の内容については今後誌面にてご報告します。
URL/www.kaeruleon.jp

PAGE 3

LEON NIGHTにふさわしいイタリアと日本の名酒に酔いしれる

今回、イタリアと日本の名酒がLEON NIGHTを強力にバックアップ。フランチャコルタからワイン、ミネラルウォーター、日本酒にビールと両国を代表するお酒やソフトドリンクが来場者たちに振る舞われました。まずは美味しい飲み物でカンパ〜イ!

Beverage 01 サンペレグリノ 

イタリア国民から愛されるシュワシュワが強い味方

ミラノファッションウイークの公式スポンサーでもあるサンペレグリノが暑〜いミラノでカラカラになったゲストたちの喉を潤してくれました。イタリアと言えばのオレンジとレモンの炭酸、「リモナータ」「アランチャータ」も会場に並ぶ、さすがのセレクトです。
スパークリングウォーターの「サンペリグリノ」からノンガスの「アクアパンナ」、そのほかのスパークリング ソフトベバレッジがズラリ。熱気に満ちた会場ではソフトドリンクの売れ行きも好調。初夏にはキリリと冷やしたサンペレグリノがよく合う!

Beverage 02 獺祭

日本の有名酒蔵にイタリア人からラブコール

イタリア産のお酒に加え、日本からは獺祭が参戦。蔵を代表する純米大吟醸に加え、乾杯に最適な「獺祭スパークリング」もサーブされました。イタリア人が美味しそうに日本酒を飲む姿も新鮮でした!
ふくよかな香りを逃がさないようにパーティーではワイングラスで獺祭をサーブ。さすが日本を代表するお酒。初めて日本酒を飲むゲストもいましたが、イタリア人からの評判も上々。メイドインジャパンの底力を見せつけました。

Beverage 03 フランチャコルタ 

ミラノの夜を盛り上げるのはやっぱりこの泡しかありません!

ミラノからほど近いフランチャコルタ地方からやってきた美酒は、酸が穏やかでフレッシュな味わいのため、提供された和風ケータリングとの相性も◎。
パーティーに欠かせないお酒といえば、華やかで立ちのぼる泡が何とも縁起がいい「フランチャコルタ」しかありません! 今回はフランチャコルタ協会がセレクトした珠玉の銘柄ばかり。ゲストにも大好評で、ついつい飲みすぎちゃうゲストも続出でした。
PAGE 4

片手にワイングラスがドレスコード!?
イタリア各地から集結した華やぎワインがゲストを魅了

今回「LEON NIGHT」のために、4つのワイナリーの協力によりイタリア人も垂涎の選りすぐりのワインを用意していただきました! 個性豊かなお国柄だけあってか、ワインの味わいもさまざま。個性豊かなものばかりでした。

Beverage 04 チュウチュウ

多品種にこだわった優しさのある自然派ワイン

魚介に合うさわやかな飲み口の白ワイン「エヴォエ」や、何種もの複雑な生産工程と樽熟成などを経た辛口の白ワイン「メルレッタイエ」など、マルケ州ならではのブドウの個性を活かした商品が並びました。
マルケ州オフィーダの近郊でナタリーノさんとアンナさん夫妻によって造られるワイン。早くから有機農法に目をつけたオーガニック・ワイナリーで、味わいも優しめ。土着の品種にこだわった香り豊かなワインをお試しあれ!
写真右からチュウチュウのステファノ・トンボリーニさんとパオロ・カルロッキアさん。

Beverage 05 カトール 

高級レストラン御用達の名ワイナリーの味を

フランチャコルタ地方イゼオ湖の丘陵地帯にあるワイナリー。フランチャコルタはもちろんのこと、イタリアの高級レストランにも並ぶ芳醇な白ワインも好評を博していました。
エレガントなエチケットデザインに加え、飲み口も華やか。麦のような黄金の白ワイン「ピノ グリージョ デッラ ヴェネツィア」はリッチなテイストでこちらも魚介との相性◎。
PAGE 5

Beverage 06 コッツォ マリオ

名産地、ランゲの丘の歴史あるワイナリー

見た目にも華やかな商品ラインナップ。赤ワイン「ドリアーニマドンナ・デッレグラツィエ」とロゼワインはドルチェットを使用。その他土着の品種をブレンドしたものも多く、味わいもさまざま。
イタリアの世界遺産でもあるランゲの丘に1800年代半ばに生まれた長い歴史をもつワイナリー。昔からドルチェットの品種をメインにしたワイン造りを行っています。
写真右からイタリア外務省のマルコ・ロンバルディさん、コッツォ マリオのジャンルカさん。

Beverage 07 ジオイア

ライフスタイルを提案する全方位的、目利きなワイン

ワイン醸造のサラブレッド、マルコ・ベルナベイさんが醸造責任者を務め、すべてのワインをオーガニック製法にこだわって仕上げています。エレガントで香り高く、高級レストランや大使館などでも用いられるクオリティの高さを誇ります。
醸造責任者のマルコさんもパーティーに来場。手に持っているのは、「ジオイア」を代表する、サンジョヴェーゼとシラーを使った「IGT トスカーナ ロッソ」。トスカーナ中部の最高の土壌で造られています。

また来年のパーティーでお目にかかりましょう!チャオ!

久しぶりに顔を合わせたゲストも多かったようで、あちらこちらで話に花が咲き乱れ! LEON NIGHTを通じて大人が交流する場を提供できることこそがこのパーティーの本懐です。

来年もこんな楽しいパーティーやりたいものです!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL