• TOP
  • EVENTS
  • 彼女とふたりで「カート」なデートへ【2】ホテルディナーからのシゲキ的な展開って?!

2017.06.09

彼女とふたりで「カート」なデートへ【2】ホテルディナーからのシゲキ的な展開って?!

CATEGORIES :
CREDIT :

取材・文/持田慎司

高級ホテルのディナーデートをサプライズに変える?

デートにサプライズは不可欠。前回は福生でおそばからのカートデートでほっこりから、ワクワクへ展開させました(一回目はこちら)。第二回目となる今回は、都内の高級ホテルでディナーがはじまり。普通なら、そのままホテルのバーでしっぽり……なんてのが定番ですが、そこからまさかの「カート」へゴー!さすがに百戦錬磨の淑女のみなさまもこの展開は思いもよらないでしょう!
と、いうわけで今回は都内のホテルからわずか40分で行ける屋内カートサーキットへとご案内しましょう。

ソフィア・コッポラの映画にも登場したラグジュアリーなあそこでディナー

ソフィア・コッポラが手がけた映画『ロスト・イン・トランスレーション』。東京を舞台に外国人の男女が繰り広げる儚いラブストーリーの中で登場するのが、新宿パーク ハイアット 東京。その最上階、52階に位置するニューヨーク グリルは、活気あふれる厨房内をのぞくこともできるガラス張りのオープンキッチンや、東京中を見渡すことができる素晴らしい眺望で知られ、カジュアルにもドレッシーにも使えるハイグレードレストランとして知られます。食事はコース料理から、多彩なアラカルトメニューと幅広くココだけで大人のデートとしては上々の演出が可能です。豊富なカリフォルニアワインのリストにはなぜか手をつけないアナタ。その姿に彼女も「あれ?」となるはず。
そこでさりげなく「ワインはまたこんどね」と、お伝えしてください。
それよりもっとシゲキ的なことが待っている、と匂わせつつ。

■パーク ハイアット 東京:ニューヨーク グリル

◆ パーク ハイアット 東京:ニューヨーク グリル

住所/東京都新宿区西新宿3-7-1-2 52階
営業時間/11:30〜14:30(ランチ)、17:30〜22:00(ディナー)
定休日/無休
URL/http://restaurants.tokyo.park.hyatt.co.jp
お問い合わせ/☎︎03-5323-3458

PAGE 2

ブレードランナーの世界?に浸っていざカートで真剣勝負!

ホテルを後にしたら、一路千葉へ。高速を使えば40分ほどで到着するのが、こちら。「ハーバーサーキット」であります。
お洒落なブリティッシュパブを彷彿とさせる店内に、一瞬ハーバービューのバーにきたのね。と思いきや、よく見れば本格的なカートが走り回るサーキット。LED照明に照らされた空間は、まるでフィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作とする名作映画『ブレードランナー』のようです。ホテルからのカートという展開に驚きつつも、そのアーバンな雰囲気にデート気分はしっかりキープされるのが、こちらの優れたところなのです。

PAGE 3

ディナーのあとでも本格カートを気軽に楽しめます

ドライバーズライセンスを登録(有料)したのち、レース前に講習をしっかりと受けられるので、初めての女性でも安全に楽しくカートレースをすることが可能。服装もヒールやサンダル以外は基本OKなので、ホテルでのデート帰りに気軽に立ち寄ることができるというのも嬉しいですね。
デートの帰りに「今日はふたつの映画をテーマにしたコースだったんだ」なんて話をさらり。
カートで興奮状態の彼女が思わず「その映画、いまから見たいな。ふたりで」な〜んて展開も期待できるかも?!

カートはフランス最大のソディカート社製

ハーバーサーキットのカートは、レンタルカートシェア世界最大メーカーであるソディカート社製のRT8。最高速度は約50km/h。ホンダのGX270というエンジンを搭載するだけあり、本物の走りが楽しめます。初めての人でも全長260mのコースを数周トライアルすれば20秒台でまわれてしまうので、ぜひ、ならではのスピード感を彼女と共に味わってくださいませ。

■ハーバーサーキット

◆ ハーバーサーキット

住所/千葉県千葉市中央区出洲港13-26 千葉スポーツプラザ(サンキョウボール2階)
営業時間/14:00〜23:30(平日)、10:00〜23:30(土曜・祝日)、10:00〜21:30(日曜)全日最終走行受付は閉店30分前
定休日/無休
URL/www.harbor-circuit.com
お問い合わせ/☎︎043-441-3243

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL