• TOP
  • ELECTRONICS
  • 【iPhone XS vs 一眼レフ】どっちで撮影したか分かりますか?

2018.11.29

【iPhone XS vs 一眼レフ】どっちで撮影したか分かりますか?

発売から2ヶ月が経ったiPhone XS。あなたの周りにも使っている人は増えてきたのではないでしょうか? ここでは、そんなiPhone XS MAXを使う編集部員がそのカメラの性能をチェック! 一眼レフカメラEOS 6Dと写真を比較してみました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/平井敦貴

どっちがiPhoneの写真でしょうか?

こんにちは、LEON.JPの平井です。

前回の記事「“中級Apple信者”が新型iPad Proを見送ったワケ」で、新型iPad Proを見送りiPhone XS MAXを購入したことをお伝えしましたが、そんなiPhoneを使用してみて1ヶ月、世間でも評判の高いカメラ性能について、今回はお伝えしていきたいと思います。

ということで、早速ですが問題です。
この画像、どちらかがiPhone XS MAXで撮った画像で、もう1つは一眼レフカメラEOS 6Dで撮影(※プログラムオート、JPG書き出し)したものです。

あなたはどちらがiPhoneで撮った画像かわかりますか?

正解は…









Aです!

2つの画像を比べてみると、iPhoneの方が橋や川の水面など、暗所でも明るく写し出しているのがわかりますね。パッと見の印象でもAは日没前で、Bは日没後すぐといった違いを感じるのではないでしょうか。(実際にはほぼ同じ時刻に撮影しています)

カメラ性能に高い評価を得ているiPhone XSシリーズですが、確かにこうやって見てみると一眼レフカメラに引けを取らない画質のように感じますね。

もちろん一眼レフカメラの場合は、RAW(ネイティブデータ)で撮影した画像をPC上で補正していくことで綺麗に仕上げていくわけですから、このような単純な比較で優劣を決めることはできません。

とは言いつつも、とりあえず「サクッと撮る」というスナップ的な撮影において、ここでは2つを比較していきたいと思います。
PAGE 2

あなたは何問正解できる? iPhone or 一眼レフ!

それでは続けて参りましょう! これから6枚の比較画像を出題しますので、どちらがiPhoneで撮った写真かお考えください。(正解は最後に伝えたいと思います)
夕暮れ時の屋外にて、クリスマス風のオブジェを撮影。【撮影データ】iPhone:焦点距離は35mm換算55mm程度、f/2.4、1/60秒。EOS 6D:焦点距離55mm、f/4、1/60(プログラムオート、JPG書き出し)。
先ほどのオブジェを室内の会議室で撮影。オブジェはLEDで本体が発光。【撮影データ】iPhone:焦点距離は35mm換算55mm程度、f/2.4、1/100秒(ポートレートモード)。EOS 6D:焦点距離47mm、f/5、1/60(プログラムオート、JPG書き出し)。
メロンパン専門店「東京メロンパン」(神保町)よりプレーンとチョコ味の2つをセレクト。ちなみにこちら、上品な甘さで美味しいです。【撮影データ】iPhone:焦点距離は35mm換算55mm程度、f/2.4、1/50秒(ポートレートモード)。EOS 6D:焦点距離50mm、f/5、1/50(プログラムオート、JPG書き出し)。
PAGE 3
こちらは港区三田にある焼肉店「晩翠 はなれ」のお肉。激うまなのでオススメです。【撮影データ】iPhone:焦点距離は35mm換算55mm程度、f/2.4、1/60秒。EOS 6D:焦点距離90mm、f/11、1/10(プログラムオート、JPG書き出し)。
同じく牛タン。こちらもほっぺたが落ちるくらい激うまです。【撮影データ】iPhone:焦点距離は35mm換算55mm程度、f/2.4、1/50秒。EOS 6D:焦点距離105mm、f/4、1/125(プログラムオート、JPG書き出し)。
夕暮れ時のイルミネーションを撮影。暗所とライトアップのコントラストが強いため、ややカメラ泣かせの被写体です。【撮影データ】iPhone:焦点距離は35mm換算28mm程度、f/1.8、1/50秒。EOS 6D:焦点距離 24mm、f/4、1/30(プログラムオート、JPG書き出し)。
PAGE 4

答え合わせの前に撮影条件をもう一度おさらい

2つの写真を比較してみていかがでしたでしょうか? 好き嫌いといった「好み」もあれば、カメラ独自の「色味の違い」もあるので、判定するのが難しかったかも知れませんね。

答え合わせの前に、ここで一度、撮影条件をおさらいしておきたいと思います。

【iPhone】

機種:iPhone XS MAX
アプリ:標準カメラアプリ
ズーム:「×1」または「×2」でデジタルズームはなし
モード:被写体に近づける場合は「×2」で「ポートレートモード」を使用
サイズ:撮影後1920×1280pixになるようにリサイズ

【一眼レフ】


機種:キヤノン EOS 6D
レンズ:EF24-105mm F4L IS USM
ズーム:iPhoneの画角に近くなるよう適宜光学ズームを使用
モード:プログラムオート、JPG(S2)書き出し
サイズ:1920×1280pix

簡単に言うと、iPhoneも一眼レフも「カメラ任せで撮りっぱなしの写真」となります。

なお、先ほども述べましたが、iPhoneでは撮った写真が無加工でシェアされることが多いため「明るく綺麗」に再現され、一眼レフの場合は撮影後に色調補正を行うことがほとんどなので、撮りっぱなしでは「自然に近い仕上がり」になります。

この条件だけを見ると一眼レフの方が分が悪く感じられるかも知れませんが、レンズやセンサーサイズが大きい一眼レフカメラは、ディテールまで見ていくとその画質に違いが出てきますので、一概にどちらが「良い」「悪い」と結論づけるのは難しいところです。

あなたの好みはどちらでしたでしょうか?

それでは答え発表に参りたいと思います!
PAGE 5

それでは正解発表です!

正解は、Aが全てiPhone XS MAXで、Bが全て一眼レフEOS 6Dでした!

皆さんはいったい何問正解することができたでしょうか?

個人的に総括をすると、夕暮れ時の屋外や光と影のコントラストの強いシーンではiPhoneが綺麗に被写体を再現し、その一方、焼肉などの「シズル感」が欲しいシーンにおいては、やはり一眼レフに分があるように感じました。

また、メロンパンやクリスマス風のオブジェなど、割と硬質のものであれば、撮り方によってはiPhoneも一眼レフと遜色ない撮影ができることも今回の撮影で確認することができました。簡単なブツ撮りであれば、今後はiPhoneで済ましてしまうことが増えそうです。

いずれにせよ、iPhoneのカメラはいよいよ一般的なデジカメを超え、一眼レフに肉薄する画質に近づいてきたと考えられます。なんだかんだ言って、やはりすごいです、iPhone。

また、さらに言うとiPhoneで撮影できる「動画」はもっとすごいのですが、それはまた別の機会にお伝えしたいと思います。

それでは皆さん、また次回!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        【iPhone XS vs 一眼レフ】どっちで撮影したか分かりますか? | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト