• TOP
  • ELECTRONICS
  • 2021年の【モテる家電】を総決算! LEON.JPが選ぶメンズ美容ガジェットは!?

2021.11.24

編集部総出でレビュー&リコメンド! 

2021年の【モテる家電】を総決算! LEON.JPが選ぶメンズ美容ガジェットは!?

LEON.JP編集部が2021年の家電・ガジェットを総決算。「これぞモテ家電!」なアイテムをレビュー&リコメンドいたします。今回は「男のビューティ部門」編!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/中西 学 文/LEON.JP編集部

モテる家電大賞「男のビューティ部門」決定!

LEON.JPが選ぶ「モテる家電大賞」。昨年に続き第2回目となる今回は、編集部員および連載執筆陣が実際に使ったモノ・買ったモノからノミネートしてご紹介。今回の推薦者はLEON.JP編集長・石井 洋、同編集部員・平井敦貴、連載執筆者・中西 学の3名で「男のビューティ部門」をお届けいたします!
PAGE 2

◆ 「Bosley LEXT Professional」

ゾクッとするほど気持ちいい! プロ専用のドライヤー

【推薦者】LEON/LEON.JP編集長・石井 洋
「頭皮・毛髪のプロ、『アデランス』が開発したドライヤーをリコメンドします! 毎秒数千万個発生するエクストライオンが髪の毛を包み込んで、枝毛の原因となる静電気を除去。ブローするだけで本当に髪がサラサラに……! また個人的に気に入ったのは『かっさ』モチーフのケアアタッチメント。人の手でマッサージされているような気持ちよさで、初めはゾクッとしますがすぐにヤミツキになること間違いなし。ヘアサロンのプロ機器として使われる赤と青のLEDライトが髪の艶アップ、肌の艶アップに貢献するのも実感中です。

乾かすだけじゃなく頭皮と毛髪を優しくいたわるドライヤーなので、これなら彼女にも教えてあげたくなります。年齢とともに気になる頭皮ケアは“モテ”に直結するので、このBosleyのドライヤーをチョイスさせていただきました」

【編集長賞】アデランス「Bosley LEXT Professional」

約半世紀にわたり毛髪研究を行ってきたアデランス。そのテクノロジーを結集して作られたのがこの「Bosley LEXT Professional」です。同社は国内でいち早く「赤色ナローバンドLED」に着目し、2012年から大阪大学と共同研究を開始。長年にわたり検証を積み重ねることで実現したこの「N-LED beam®」によって、サロンレベルのヘアケア・スキンケアを実現します。
価格:3万9600円 https://bosleysalon.jp/
PAGE 3

◆ 「ラムダッシュ 6枚刃 ES-LS9AX」

一発で深剃り! 史上最強のシェーバーです

【推薦者】LEON.JP編集部・平井敦貴(家電・ガジェット担当)
「マスク生活が長くなったとはいえ、ヒゲ処理を怠っては男が廃るもの。今回、私が推薦するのがこちら、パナソニックの『ラムダッシュ 6枚刃』です。その性能は強烈で、これまでどんなシェーバーを使っても剃り残しができていた喉の『くせ毛』が、このシェーバーを使ったところ一発でクリア! ムラなくツルッと剃り上げてくれます。もちろん喉元だけじゃなく、ホホもアゴも深剃りできるので、これ一つでマスクの下はいつでも戦闘準備OK。

手に持つとフワッと表示される液晶画面も高級感がありますし、『全自動洗浄充電器』は本体を頭から差し込むだけで充電とクリーニングを勝手に行なってくれるので、私のようなズボラ人間でもメンテが楽々。“モテ”には清潔感が必須ですが、剛毛な方も柔肌な方もこのシェーバーなら簡単に“モテ顔”を作ってくれますよ」

【編集部賞】パナソニック「ラムダッシュ 6枚刃 ES-LS9AX」

ラムダッシュ史上初の「6枚刃」と新開発の「新密着5Dシステム」によって異次元の剃り心地を実現。またヒゲの濃さを自動検知してパワーコントロールを行う「ラムダッシュAI」を搭載することで、ヒゲが薄い部分はソフトに、ヒゲが濃い部分は高パワーでシェービングを行ってくれます。防水設計(IPX7基準)なので「風呂剃り」や「本体まるごと水洗い」ができるのもうれしいポイントです。
PAGE 4

◆ 「パワープレート PULSE MINI+」

このサイズで強力すぎるパワー! 小さいは正義です

【推薦者】LEON.JP連載執筆者・中西 学(フォトグラファー)
「フォトグラファーという仕事柄、出張や重い機材を運ぶことが多いのですが、そんな凝った体をほぐしてくれるのが『マッサージガン』。今年大ブームになりましたよね。私も実際にいくつか試してみましたが、機能がシンプルな分、その“違い”があまり実感できず……(笑)。そんな時に知ったのがこの『パワープレート PULSE MINI+』。小型なのにパワフルで、個人的に使い勝手が良かったのでオススメします。

まず、多くのマッサージガンがドライヤーのような大きさなのに対し、こちらはそのサイズを大幅にダウン。重さで言うと、ちょうどカメラのレンズ1本分ほど(435g)なので、機材バッグの中に入れておけば出張先でもセルフマッサージができちゃいます。ちなみに充電もUSB-Cなので、わざわざACアダプターを持ち運ぶ必要もなし。それでいてしっかり強力パワーなので、ケアが足りないということもありません。振動数は4段階で、マックスパワーはむしろ刺激が強すぎるくらい。仕事の疲れはもちろん、ゴルフ明けや夜遊び後の体をリフレッシュしてくれるので、“モテる”オヤジのアイテムに相応しいのではないでしょうか」

【特別賞】プロティア・ジャパン「パワープレート PULSE MINI+」

▲ 「パワープレート PULSE MINI+(左)」と「パワープレート PULSE(右)」。
本格アスリートも使用する全身振動マシン「パワープレート」。そのノウハウが凝縮されたマッサージガンが「パワープレート PULSE」と「パワープレート PULSE MINI+」です。その大きな違いはサイズとアタッチメントの種類。「PULSE」は通常サイズで6種類のアタッチメントが付属し、「PULSE MINI+」はコンパクトサイズで丸型の「ボール」と突起型の「ポインター」のアタッチメント2種が付属。振動数はともに4段階で、心地よい振動が筋肉をやわらげ、疲れた体をリフレッシュします。
「パワープレート PULSE MINI+」価格:3万2450円、「パワープレート PULSE」価格:6万6000円 https://pulse-active.jp/pulse-mini/

LEON.JP編集部
石井 洋(編集長):モテてナンボ!の我らが編集長
高橋 大(副編集長):ファッション担当兼DJ兼フクヘン
菊地奈緒(編集部員):ファッション&ヘルス担当(通称アネゴ)
森本 泉(編集部員):ライフスタイル(とエロス)担当
大崎文菊(編集部員):ファッション担当(牡蠣とレモンの町出身)
吉田奈緒子(編集部員):ライフスタイル担当(ゴルフ女子)
岸澤美希(編集部員):時計担当、平成生まれの昭和女子
秋山 都(編集部員):食いしん坊担当
平井敦貴(編集部員):家電・ガジェット担当

連載執筆陣
桐島ローランド(フォトグラファー・3DCGエバンジェリスト)
中西 学(フォトグラファー・YouTuber)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        2021年の【モテる家電】を総決算! LEON.JPが選ぶメンズ美容ガジェットは!? | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト