• TOP
  • ELECTRONICS
  • どう使う? アップルの忘れ物防止タグ「AirTag」|5つのシーンで便利です

2021.05.26

どう使う? アップルの忘れ物防止タグ「AirTag」|5つのシーンで便利です

iPhoneの「探す」アプリと連動し、紛失物を見つけてくれる「AirTag」。実際にどんなシーンで使えるのか、ここでは5つのシーンを試してみました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/NomaGo 構成/平井敦貴

なくしたモノが見つかる「スマートトラッカー」

先日発売されたアップルのスマートトラッカー「AirTag」。気になっている方も多いのではないでしょうか?

でも、実際に何ができるのか、本当に便利なのか、イメージがわかないという方もいることでしょう。

ということで今回はそんな「AirTag」の使い方と役立つシーンをご紹介。「忘れ物やなくし物が最近増えた……」という方はぜひ注目を!
PAGE 2

何ができる? ざっくり使い方をおさらい

▲ iPhoneに近づけるだけで接続スタート。
まずはその使い方をざっくりご紹介。円盤状の「AirTag」は開封後、iPhoneに近づけるだけですぐに接続がスタートします。順番に進めていくとアップルIDとの紐付けが完了し、「探す」アプリでのトラッキングが可能になります。
▲「探す」アプリの下部タブから「持ち物を探す」を選択すると「AirTag」の場所が表示されます。
例えば「クルマ」と名前をつけてクルマの中に置いておいた場合。iPhoneの「探す」アプリを開き「持ち物を探す」タブに移るとその場所が表示されます。
▲ クルマのアイコンをタップするとサブメニューが表示されます。
さらにアイコンをタップすると「サウンドを再生」「経路」といった表示が出てきます。

「サウンドを再生」は文字通り「AirTag」からアラーム音を出すことで発見の手助けをしてくれます。「経路」をタップすると「マップ」アプリが開き、現在地から「AirTag」までの経路を示してくれます。
▲ iPhoneに内蔵されている「マップ」アプリと連携して目的の「AirTag」までナビゲーションをしてくれます。
また「探す」アプリを開いたまま、さらに「AirTag」に近づくと目的物までの距離や矢印の表示で発見の手助けをしてくれます。
▲ 「探す」アプリを開いたまま近づくと「AirTag」までの距離や方向を示してくれます。
かなり正確に位置情報をトラッキングしてくれるので、これなら紛失物の発見がカンタンにできそうです!

ということでここでは、そんな「紛失しやすい物」を例を挙げてご紹介。「AirTag」は5つのシーンでこんなにも役に立つんですよ!
PAGE 3

■便利なシーン1

クルマの中に置いておく

▲ クルマの位置を忘れがちなショッピングモールなどの駐車場で便利。「AirTagループ」は別売り。3800円(アップル)
クルマの中に「AirTag」を入れておけば、盗難対策のみならず、パーキングに駐車した時に探しやすくなります。特に、空港やショッピングセンターなどの大型施設ではクルマの駐車位置を忘れてしまうことがしばしば。そんな時にはこの「AirTag」と「探す」アプリで一発解決です。

■便利なシーン2

PC・Macの紛失防止に

▲ PCケースなどに入れておけばセキュリティ対策にもなります。「AirTagレザーループ」は別売り。5500円(アップル)
テレワークによりPC・Macの持ち運びが増えた方も多いでしょう。ですが、そんな仕事用PCこそ紛失は厳禁! 紛失や盗難の防止、セキュリティ対策の一環として、PCバッグに「AirTag」を忍ばせておくのもオススメです。
PAGE 4

■便利なシーン3

財布や鍵など、日常の大切なものに

▲ 財布や家の鍵など、日常の大切なものの紛失防止に。「AirTagレザーキーリング」は別売り。4500円(アップル)
身近なアイテムで、最もなくしやすいものと言えば財布や鍵。そんな日常の大切なものに「AirTag」をつけるのも有用です。外出先での紛失時はもちろん、家の中で見当たらない時も「探す」アプリを開けば矢印で位置を示してくれます。これで「あれ、財布がない!?」ともオサラバです。

■便利なシーン4

旅行カバンやスーツケースに

▲ ループ式のストラップなら取り外しも楽々です。
出張や旅行時のスーツケースにつけておけば盗難対策にも役立ちます。もちろん国内だけじゃなく海外でも使用OK。旅先に到着したら、カメラやパスポートケースなど大切なものに付け替えるのもオススメです。
PAGE 5

■便利なシーン5

冬場のコートのポケットに

▲ 意外と紛失しがちな冬のコート。ポケットにそっと入れておきましょう。
レストランやバーで脱いだ時に、そのまま置き忘れがちなコート。そんな場合でも、「AirTag」をポケットに忍ばせておけば発見も楽々です。お酒を飲んで記憶をなくしがち……な方にこそオススメなので、冬に向けて準備はいかがでしょうか。

ちなみにですが、悪用してもバレちゃいますよ

他にも、自転車や傘、日常遣いのバッグなど様々なものにつけることで紛失を防ぐことができる「AirTag」。「失って初めて気づいた……俺にとっておまえは大事なものだったんだ!」とならないよう、ぜひ紛失対策にお使いを。

ちなみに、こっそり誰かのポケットなどに忍ばせて追跡……なんて犯罪行為には使えません。不自然な追跡が行われた場合、「AirTag」からアラーム音が出たり相手のiPhoneに通知が出たりして警告を発します。悪用はダメ、絶対! ですよ。

■ アップル

「AirTag」
3800円(1個入り)
1万2800円(4個入り)
https://www.apple.com/jp/airtag/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        どう使う? アップルの忘れ物防止タグ「AirTag」|5つのシーンで便利です | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト