• TOP
  • ELECTRONICS
  • テレワークで必須! 手書きメモを即データ化するペン&ノートがスゴい

2020.06.10

テレワークで必須! 手書きメモを即データ化するペン&ノートがスゴい

ビジネスシーンにおいて、思いついたアイデアをメモしたり相手にイメージを伝えたりするとき、サッと紙に書くことは多いもの。そんな手書き文字が紙に書くと同時にデジタル化される便利グッズを見つけちゃいましたよ。それがコチラ、ワコムの「Bamboo Folio」です。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/Neko-Reset 構成/平井敦貴

紙のメモをデータ化する方法は?

ビジネスシーンにおいては、会議の内容を書き留めたり相手にイメージを伝えるときなどに、手書きのメモを活用する方もきっと多いことでしょう。ですが、リモートワークが定着しつつあるこのご時世、それでは時代遅れになってしまうことも…?

いまや、情報をいかに早く正確に共有するかが問われる時代。そんな現代では、手書きメモもデータ化するのが効率的です。これまでは、書いたメモをスキャンしたりスマホのカメラで撮影したりといったステップが必要でしたが、今回紹介する「Bamboo Folio」なら書いたメモがそのままJPG画像やPDFに即変換可能。

わずらわしいステップを排除して情報共有がラクにできる、そんな未来的なデジタルノート&ペンなんです。

「Bamboo Folio」なら手書きの文字や絵が即データ化

▲ワコム「Bamboo Folio」large 2万5300円(税込)/small 1万9580円(税込) ※写真はsmall。
「Bamboo Folio」の使い方は実に簡単です。紙をセットしてスマートパッドの電源を入れ、あとは専用ペンで書きたいことを書くだけ。ひととおり書き終えたら、あとはボタンひと押しで、手書きの内容がスマホやタブレットの専用アプリに転送されます。

「Bamboo Folio」にセットされた普通紙に専用ペンで書くだけなので、書き味もいつも通り。準備に手間取ったり、書きにくかったりして、アイデアのアウトプットを妨げるようなこともありません。
PAGE 2

魔法の秘密は専用ペンとパッドにアリ!

「Bamboo Folio」に付属する専用ペンは電源不要。乾電池も必要なければ充電もいりません。この専用ペンの動きをスマートパッド側が電磁誘導方式で読み取り、イラストや文字をデータ化する仕組みになっています。

筆圧も1024段階で検出可能なので、小さな文字や込み入ったイラストなど、細かい部分まで正確に反映することが可能です。手書きの味がしっかり再現されるのはうれしいポイントですね。
PAGE 3

専用アプリをインストールすれば、ボタンを押すだけでデバイスに転送

手書きメモを転送したいデバイスには、あらかじめ無料の「Inkspace」アプリをインストールしておき、「Bamboo Folio」とBluetooth接続しておくだけ。あとは、手書きでメモやイラストを書いて、パッドのファンクションボタンを押すだけ。たったこれだけで、手書きメモを好きなデバイスに転送できます。
「Inkspace」アプリは、転送された手書きメモをJPGやPNGといった画像として保存できるだけでなく、PDFやベクター形式のSVGなどにも対応。さらに、Ink to Text機能を使えば、文字を認識してリッチテキストやDOCファイルとして保存できます。

さらには動画(mp4形式)の保存にも対応しているので、イラストなどの制作過程を記録して共有するといった使い方も可能です。
保存したメモは、アプリによって簡単にタグづけできます。この機能を利用すれば、大量の保存データの中から目当てのファイルをすぐに見つけることが可能に。加えて文字認識もさせておけば、テキスト検索で目的のメモをサッと探せます。
PAGE 4

アプリの加工や編集でアイデアを進化させられる!

転送された手書きメモは、あとから「Inkspace」アプリで加工・編集もできます。イラストを追加したり、文字を書き込んだり、色づけすることも自由自在。活用の幅が広がりますね。
PAGE 5

さまざまなアプリにエクスポートも可能

Adobe Illustratorなどの使い慣れた画像編集ソフトにエクスポートすれば、編集の幅はさらに広がります。さらに、DropboxやEvernoteでの共有も簡単。もはや、メモを書いた紙を保管しておく必要はありません。
また、ワコムが提供するクラウドサービスにも対応。転送された手書きメモは、クラウドからダウンロードして「Inkspace」アプリをインストールしたすべてのデバイスで利用できます。

専用ノートの他、どんな紙でも対応可能

「Bamboo Folio」のスマートパッドは、smallとlargeの2サイズ展開。smallはA5サイズ、largeはA4サイズまでの用紙に対応となっています。

専用のノートもオプションで用意されていますが、市販の方眼紙や罫線入り用紙でもOK。80枚つづりのノートの厚さ(最大で8mm)があっても、高精度に専用ペンの動きを検出してくれます。

手書きでメモを取るのはいままでと変わらず、デジタル化で仕事の効率アップは間違いなし。魔法のデジタルメモ「Bamboo Folio」を使いこなして、さらに進化したデキる男になってみてはいかがですか?

■ ワコム

「Bamboo Folio」
ラージ:2万5300円(税込)
スモール:1万9580円(税込)

URL/https://www.wacom.com/ja-jp/products/smartpads/bamboo-slate-and-bamboo-folio

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        テレワークで必須! 手書きメモを即データ化するペン&ノートがスゴい | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト