• TOP
  • ELECTRONICS
  • 【カメラ】iPhoneXS 対 Osmo Pocket。雪山で圧勝したのはどっち?

2019.01.22

【カメラ】iPhoneXS 対 Osmo Pocket。雪山で圧勝したのはどっち?

カメラに定評のあるiPhone XSと、DJIの小型カメラOsmo Pocket。雪山でのカメラ対決は果たしてどちらが制するのか? 編集部員がレビューします!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/平井敦貴

映像関係者やYouTuberが注目するカメラ

DJI「Osmo Pocket」44,900円。https://www.dji.com/jp/osmo-pocket
ちょっと見慣れない形ですが、これが何だかわかりますか?

実はこちら、昨年12月に発売された「Osmo Pocket」というスタビライザー搭載の小型4Kカメラ。手がけたのはドローンでおなじみのメーカー・DJI社で、このOsmo Pocketもドローンのジンバル技術が転用されているとのこと。それゆえ3軸をカバーする「手ブレ補正」は超強力で、手軽にハイクオリティな映像が撮れると、ただいま映像業界やYouTuber、インスタグラマーなどを中心に大ヒットとなっているんですね。

というわけでここでは、ガジェット好きの編集部員がそんなOsmo Pocketを徹底レビューしていきます。
PAGE 2

小さいながらもスクリーンはタッチ式

タッチ式のスクリーンは片手で持った時に親指で操作が可能。
まずはそのサイズ感をチェック。グリップ部分は片手で握りやすい太さ・長さで、「Pocket」のネーミング通りポケットに入れてもそこまで邪魔になりません。また、握った時の親指部分にタッチスクリーン(1インチサイズ)が配置されているので、片手操作も楽々可能です。
カメラ部分の台座(ジンバル)はしっかりした印象で、あまり無茶な力を加えない限りはポッキリ壊れてしまうこともなさそう。アウトドアで使うことを考えると、この強度はうれしいポイントです。重さは116gで、普通のスマートフォンと同等レベルのためどこにでも持っていけます。
ボタンはいたってシンプルで2つしかありません。
スクリーンの下にはボタンが2つ配置され、左の赤丸付きが「撮影ボタン」、右の無印は「電源ボタン」となります。電源ボタンは長押しで電源のオン/オフができ、オンの最中は写真/ビデオの切り替えボタンに。このあたりは直感的な操作が可能で、なおかつレスポンスも良いのでなかなか好印象です。
1インチサイズのスクリーンは3:4の比率。設定によって16:9のワイド表示も可能。
一方、スクリーンのタッチ操作にはちょっとした慣れが必要です。スクリーンを上下左右にスワイプすることで様々な機能を呼び出すことができるのですが、小さな画面上で操作をしなくてはならないため、操作に慣れるまでは設定を変えるのにも一手間がかかるかもしれません。
PAGE 3

スマホ接続でその真価が発揮

ユニバーサルポートには、Lightning(iOS)あるいはUSB-C(Android系)のアタッチメントが接続可能。
ただ、そんなスクリーンの不満はスマートフォンとの接続で解決します。というのも、スクリーンの下には「ユニバーサルポート」という外部接続の端子があり、ここにLightning(iOS)あるいはUSB-C(Android系)のアタッチメントを差し込めば、すぐさまスマートフォンと接続が可能となります。
初回起動時のみアクティベーションが必要。あとは接続するだけで撮影アプリが自動的に起動します。
スマホ側に専用アプリをインストールし、初回のアクティベーションさえ行なっておけば、Osmo Pocketとコネクトするだけで自動的にアプリが立ち上がり、すぐに撮影が可能となります。ちなみに撮影画面はiPhone標準のカメラアプリにそっくりなので、操作性も上々です。
撮影モードは「写真」「動画」「パノラマ」「スローモーション」「タイムラプス」の5つが選べるので、シーンによって撮り方を変えると楽しみが広がります。特に「タイムラプス」では、4つの点を指定することで動きながら長時間撮影が行える「モーションラプス」という機能があり、他のカメラとの差別化ポイントとなっています。
PAGE 4

iPhoneと動画を撮り比べ

さて、ここではそんなOsmo PocketとiPhone XS MAXとの動画を撮り比べてみたいと思います。ちなみにiPhone XS MAXは私物なのですが、そのカメラ性能にはただただ驚くばかり。最近ではデジカメを持ち歩くことがほとんどなくなり、仕事用のカメラとしても活用しています。また、iPhone XS MAXにも手ブレ補正がついているので、動画でもある程度のブレには対応しています。

そんなお気に入りのiPhone XS MAXですが、果たしてどのような結果になるのでしょうか。
群馬県のとあるスキー場にて撮影を敢行してきました。
ということでやってきたのは群馬県のとあるスキー場。雪がちらつくスノーリゾートで、スノーボードでの滑走をiPhone XS MAXとOsmo Pocketの2台のカメラで撮影してきました。

なお、設定はそれぞれデフォルトのままで、2台を固定し、片手で持ったまま滑っています。比較動画を作成しましたので、まずはそちらをご覧ください。
動画をご覧の通り、結論から言ってしまえばOsmo Pocketの圧勝です。
iPhone XS MAXでの動画ではこのように斜めに撮影されてしまいます。
動画自体のブレが少ないという点ではiPhone XS MAXも善戦をしているのですが、手持ちの動きに合わせてカメラが傾いてしまうため、斜めに撮影されてしまうことがしばしば。ある意味、臨場感はありますが、動画をずっと見ていると酔ってしまう映像に…。
Osmo Pocketでは水平に保つ補正が働くため、動画自体の傾きはほとんどありません。
その点、Osmo Pocketは常に水平に保つジンバル機能により、なめらかな映像が撮影できます。また、好き嫌いが分かれるところではありますが、デフォルトのホワイトバランスはiPhoneが青みがかっているのに対し、ナチュラルな印象です。
iPhone XS MAXの音声では、風を切る「ボアボア」とした音が混入してしまいます。
動画の音を聴き比べると、iPhone XS MAXでは風を切るボアボアとした音が混入し、そのままではとても聞いていられない音声になっています。
Osmo Pocketでは風切り音がだいぶ緩和され、滑走する「サーッ」という音のみが聞こえてきます。
反対にOsmo Pocketでは風切り音が緩和され、「サーッ」というスノーボードの滑走音しか聞こえてきません。めっちゃすごいです、Osmo Pocket。

ちなみにアクセサリーパーツを使えば体に固定することができるので、アクションカメラとして使うことも可能です。また、画面内の動体をタッチするだけで「自動追尾」ができるモードを備えているので、前を滑走している彼女にフォーカスした映像なんかも簡単に撮ることができます。
PAGE 5

どんな人にオススメか?

このように手ブレも集音も抜群のOsmo Pocketですが、万人にオススメできるカメラかというとそういう訳ではありません。ジンバルなどの機能が突出している分、ユーザーの使い方にもそれ相応の知識や技術などが必要になってくるカメラだと言えるでしょう。

具体的には、

・4K60fpsの高画質でブレのない映像を撮りたい方
・動体を追尾する撮影を手軽に行いたい方
・iPhoneよりもクオリティの高い動画
撮影をしたい方

これらの方には絶対オススメのカメラです。iPhoneやスマホの動画とは一味違った映像が楽しめるので、ガジェットやカメラが好きで、大切な映像を後々に取っておきたい方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【カメラ】iPhoneXS 対 Osmo Pocket。雪山で圧勝したのはどっち? | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト