2018.12.23

「G-SHOCK」のフルメタルモデル、一気に3本ゲット!

今年の時計業界のトピックのひとつが、「G-SHOCK」のスクエアデザイン初号機のフルメタルモデル。発売当初は店頭入荷即完売状態が続き、購入を諦めていましたが、先日、3モデルを一気にゲット。3モデルそれぞれが、甲乙つけがたい全く異なる魅力をもっているのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/鈴木賢二(LEON)

LEON編集部の鈴木です。

今年の時計業界のトピックであり、このLEON.JPでも取り上げたのが「G-SHOCK」のスクエアデザイン初号機のフルメタルモデル。先日もフル金無垢バージョンが来年登場するという情報をお伝えしたばかり。

新たな耐衝撃構造によりフルメタル化されたスクエアの初号機。“メタルな感じ”の時計が大好物のワタクシにとっては、まさに衝撃が走りました。皆さんも同じ思いを抱いた結果、発売当初は店頭入荷即完売状態が続き、購入を諦めていました。
が、ひょんなことがキッカケで、先日ついに購入できたのです。それも一気に3モデル!甲乙つけがたい全く異なる魅力をもっているので、迷わず3本をゲットした次第。

ルックスの素敵さはもちろん、3モデルすべて機能性も最高なのです。スマートフォンを介してタイムサーバーに接続する「Connected エンジン」を搭載しており、標準電波受信機能と合わせ、世界中どこでも正確な時刻情報を取得することが可能。スマートフォンアプリ「G-SHOCK Connected」との連携によってアプリ上で操作方法が確認でき、ワールドタイムやアラームなどの設定もアプリ上で簡単に行うことができちゃうのですから。
『G-SHOCK ORIGIN GMW-B5000D-1JF』ソーラー式、SSケース(49.3×43.2mm)×SSブレスレット。20気圧防水。
まずは、ステンレスケースにステンレスバンドという一番の“メタルな感じ”なモデルです。バンドピースにディンプル加工を施し、初号機の樹脂バンドデザインを再現。プレスと研磨を交互に繰り返し、穴の底まで仕上げの美しさを徹底追求しています。
PAGE 2
『G-SHOCK ORIGIN GMW-B5000-1JF』ソーラー式、SSケース(49.3×43.2mm)、樹脂バンド。20気圧防水。
そして、“メタルな感じ”と同じくらいに好物なのが、“ブラックな顔”の時計です。 ということで、ブラック液晶のこちらのモデルも購入。この液晶には、ブラックの樹脂バンドとの組み合わせが好バランスだと思います。さすが、カシオさん、わかってますね〜。
『G-SHOCK by kolor』ソーラー式、ゴールドIPのSSケース(49.3×43.2mm)、樹脂バンド。20気圧防水。
最後は、先行発売時の南青山店での行列が話題となったkolorとのコラボレーションモデル。こちらもプレミア価格ではなく、定価で運良く購入することができました。ゴールドとブラックのクールなカラーリングはやっぱり素敵ですね。

3モデル日替わりで付けていますが、やっぱり腕元の印象は全く違います。ということは、フルメタルシリーズの残りのブラックIPモデルやさらには来年登場のフル金無垢ももちろん違った魅力があるはず。これは全モデル制覇、あるか!?……。

それでは、また次回のブログにて。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL