• TOP
  • FROM EDITORS
  • 世界でたったの35本限定!? 超〜プレミアムな「G-SHOCK」をちょい見せ!

2018.12.19

世界でたったの35本限定!? 超〜プレミアムな「G-SHOCK」をちょい見せ!

「G-SHOCK」が誕生35周年のファイナルに相応しい超弩級モデルを発表。G-SHOCKファンなら必見です。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/岸澤美希(LEON.JP)

皆さま、こんにちは。2018年の年の瀬も押し迫ってまいりましたが、今年1番かもしれないビッグニュースが舞い込んできたので、ご紹介させていただきます。

1983年の登場以来、35年にわたって愛され続けてきた「G-SHOCK」。そのクローズドの催しがあるとのことで先日伺ったところ……重大発表が待ち受けておりました‼︎
まず会場を訪れると、ステージにはライブセッティング。内容を知らされていなかったので「???」状態だったところ、始まったのは「PUFFY」のライブ。♪渚にまつわるエトセトラ のミュージックビデオで、二人揃ってG-SHOCKを付けていたことで当時は話題を呼びましたね。ちなみに、そのG-SHOCKは自前だったそう。
開発中、部屋の窓から見える工事現場の作業員が全員腕時計をしていないことに気付いた伊部さん。彼らが使っても壊れないような時計を、と初期のターゲティングが固まったそう。
そして、生みの親である伊部菊雄さんが登壇。

"落としても壊れない丈夫な腕時計"というたった1行のシンプルな企画書から開発がスタートしたG-SHOCK。しかし一方で、それは過去に誰も達し得なかった企画でもありました。伊部さんが耐衝撃性能の実験のため、こっそり3階のトイレから試作機を落としていた、というのはいまや有名なエピソードです。約2年の試行錯誤の末、発表されてからの人気ぶりは皆さんご存知のとおり。昨年2017年にはシリーズ累計出荷1億本を達成したのだとか。

最後にご挨拶をして終わりかと思いきや……来年世界35本限定・完全受注生産で登場する新モデルがあるとの発表が!
PAGE 2
※写真は、最終仕様ではありません。価格など詳細発表は2月。
それがこの、金無垢G-SHOCK “ドリーム プロジェクト モデル”。初代モデルである「DW-5000」の金無垢バージョンです。メッキ仕上げではなく、ケース・バンド・ビスにいたるまで金無垢というのだから驚き!

実はこちら、3年前の「バーゼルワールド2015」でコンセプトモデルとして発表されたもの。当時は1本だけ製作し、販売は考えていなかったそうですが、発表したそばから"購入したい"との声が殺到したのだとか。その後、伊部さんを中心とする「ドリーム プロジェクト」が発足され、この度の商品化が実現しました!

金無垢ということで気になるのは耐衝撃性能ですが、すでに実験済みとのこと。その証拠に、会場では落下実験・金属ハンマーでの打撃実験の映像が流され、一同驚きの喚声をあげました。従来とは異なる耐衝撃構造をとっているそうなのですが、柔らかい金属である18金製のケースでなぜ壊れないのか……不思議でなりません。しかしまだ、その仕組みも価格もベールに隠されたままです。

詳細の発表は来年の2月以降。高級時計ブランドではスチール製でも上代が300万円・400万円にのぼってくる昨今、さていくらになるのか……。私めが買える額ではないことははっきりしていますが、発表が待ちきれません(笑)。
最後に皆さんで鏡開き。木槌にはG-SHOCKがくくりつけられていました(笑)。さすがのタフネスです。
来年も目が離せないG-SHOCK。情報が届き次第、またお伝えさせていただきます! それでは、皆さん良いお年を!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL