• TOP
  • FROM EDITORS
  • カッコ良くない役をサラリとこなす稲垣吾郎がカッコいい映画『半世界』

2018.12.13

カッコ良くない役をサラリとこなす稲垣吾郎がカッコいい映画『半世界』

第31回東京国際映画祭で観客賞を受賞したことでも話題になった阪本順治監督の新作『半世界』の公開が2019年2月15日に決まった。主演の稲垣吾郎がイメージを覆す印象的な演技を見せる、その内容とは?

CATEGORIES :
CREDIT :

文/森本 泉(LEON.JP)

こんにちは、LEON.JPのモリモトです。
先日、『半世界』という映画を見てきました。これが、我々オヤジにとっては、なかなかに、心がヒリヒリするような映画でした。

舞台は美しい海と山に囲まれた小さな田舎町。風俗も映画館もないような“取り残された感”の漂う町で、主人公の紘(稲垣吾郎)は山中の炭焼き窯で備長炭を製炭し生計を立てています。
むっちりと色っぽい妻、初乃(池脇千鶴)がいるのに、あまり彼女に関心はないようで、家のことは基本任せっぱなし、反抗期のひとり息子とも折り合いが悪く、仕事も順調とは言えません。

不器用で無神経なダメ夫を、日頃エレガントで柔らかいイメージの稲垣吾郎が意外な程自然に演じています。一番“らしくない”役をサラリと演じてしまうあたり、やはり彼は只者ではありません。
そこに突然帰ってきた元自衛官の瑛介(長谷川博己)。海外派遣された先で何があったのか、大きなトラウマを抱えているようで、家族も職も捨ててひとりで町に戻ってきたのです。

そしてもうひとり、地元で冴えない中古車販売店を営む光彦(渋川清彦)を加えた3人は中学からの同級生。瑛介が戻ってきたことで、中学以来の「三角形」が再び動き始めます。
PAGE 2
彼らは皆、39歳。日本人男性の平均寿命は81歳ですから、ちょうど人生の半分、折り返し。“諦めるには早すぎて、焦るには遅すぎる”……そんな微妙な年齢に差し掛かった男3人の視点を通じて、「自分の人生、これでいいのか? やり直しはきくのか? そこに希望はあるのか?」という迷いと葛藤が、さまざまなエピソードとともに、テンポよく描かれます。

時にぶつかり合い、時にベタベタの友情物語を演じながら、もがく男たちの姿はコミカルでもあり、哀しくもあり。「友情とは? 夫婦とは? 家族とは? 仕事とは?」と、さまざまな問が観客に投げかけられます。

世界は名もなき小さな営みから成り立っている

それにしても「半世界」とは不思議な響きの言葉です。阪本順治監督によれば「半世界」とはハーフ・ワールドではなく、もう一つの世界「アナザー・ワールド」なのだとか。

つまり今、世界はグローバリズムという言い方で物事を俯瞰的に見る風潮があるけれど、実は世界は“名もなき小さな営み”から成り立っている。そういう“俯瞰的に見過ぎたら見えないもの”にこそ、人生のリアルがあるのではないか。と、そんな意味がこめられているようです。
PAGE 3
自衛隊で海外に赴任した瑛介は、「お前たちは世界を知らない。世界で紛争や何が起きているかを」と言います。それに対して紘は、「こっちだって、世界なんだよ」と言い返すシーンがあります。
インターネットで世界中が繋がった(かのように思える)今の世の中に暮らしていると、たしかにマクロとミクロの感覚が失われていきます。その結果、自分が足をつけているべき世界を、実は見失ったままいるのではないか。そんな問いかけは、モノが溢れた都会の生活をなんの疑いもなく甘受する我々にも向けられているように思います。

舞台の大小や場所の違いはあれ、結局、人生とは、自分が直面する現実に目を向け、必死に抗い、もがきながらも前に進むしかない。きちんと目を見開く者にしか愛も平安も訪れはしない。この映画にはそんなメッセージを感じるのですが、それって、なかなかキツイなぁ……(笑)。
普通に考えるとデート向きの映画ではないかもしれません。けれども山と海に囲まれた南伊勢の自然は美しく、稲垣吾郎と長谷川博已はやっぱりカッコ良く(渋川清彦もいい味!)、池脇千鶴はどこまでも色っぽい💛 そして、見終わってさまざまな感情が渦巻き、自分の人生についていろいろと感じることになる。そこにはすごい充足感がある。
新作にしてすでに古典のような風情を湛えたこんな映画を、一緒に観て語り合える彼女がいれば、少なくともいまのあなたは幸せだと思います。

都会でスタイリッシュに暮らす大人の男にこそ観ていただきたい映画です。
2019年2月15日(金)全国公開

『半世界』

脚本・監督/阪本順治、キャスト/稲垣吾郎、長谷川博已、池脇千鶴、渋川清彦ほか 制作・配給/キノフィルムズ ©2018「半世界」FILM PARTNERS

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL