• TOP
  • FROM EDITORS
  • 街も山もモテる!? いま、一番気になるアウトドアブランドはこれ!

2021.11.16

街も山もモテる!? いま、一番気になるアウトドアブランドはこれ!

ファッション好き&キャンプ好き! の編集者が、いま一番注目しているアウトドアブランドをご紹介させていただきます!

CREDIT :

文/大崎文菊(LEON.JP)

ごきげんよう、LEON.JPの大崎です。このブログでも何度かお伝えしていますが、ここ最近どっぷりキャンプにハマっているワタクシ。テントに始まり、焚き火台やランタン、チェアにテーブル、ナイフ、調理具、コンテナなどなど、とにかくキャンプグッズを選んでいる時は楽しくてしかたない。

そんなキャンプグッズ、いわゆるギア系の買い物も楽しいのですが、やっぱりLEONの一員ですから、キャンプに着ていくファッションを選んでいる時も、ギア選び以上に楽しいものでして。で、今回は、最近キャンプ用に購入したウエアをご紹介しようかと。

キャンプを始めるようになって、ワタクシが一番気になっているブランドが「アンドワンダー」。ご存知の方も多いと思いますが、簡単におさらいを。

アンドワンダーとは、2011年に前職で同僚だった池内啓太さんと森美穂子さんが立ち上げた日本発のアウトドアブランド。「ファッションの感性をアウトドアに持ち込む」をコンセプトに、山でも街でも着られるウエアを展開しています。

また、多くのブランドとのコラボレーションも話題になってますね。バブアー、サロモン、ヘリノックスなど、最近ではモンクレールとのコラボもカッコよかった!

と、いった感じに、本格アウトドアでも対応できる機能性と、街で洗練されたモダンな装いを叶えるルックスの両立が最大の魅力でして、今回ご紹介するジャケットとパンツも、キャンプはもちろん、街着としても活躍しています。
▲ 4万1800円/アンドワンダー
まずご紹介するのが、こちらの「T/C アルファシャツジャケット」。シャツジャケがトレンドの今、まさに!な一着です。立体的な胸ポケが特徴的で、フラップに付いたカラビナや、部分的に使用したリフレクターでアウトドアを感じさせているのがいいですよね。素材はポリエステルとコットンの混紡で、しっかりと撥水加工も。ワタクシはちょっとオーバーサイズを購入して、インナーにダウンベストなんかを合わせて楽しんでいます。
裏地にはポーラテック社のALPHA DIRECTを採用しているので、これからの冬キャンプでもばっちりです。
PAGE 2
▲ 2万5300円/アンドワンダー
続きましてボトムス。1本目はこちらの「フリースベースパンツ」です。インビスタ社のサーモライトファブリックを使用した柔らかな風合いの薄手フリースで、部分的にストレッチ素材採用。これがとにかく柔らかくてストレスがない。比較的タイトなシルエットなので、オーバーサイズのアウターとの相性が抜群。昨今トレンドのソックスアウトのブーツインスタイルにもぴったりなんですよ。
こちらが背面。腿下くらいから裾までがフリース素材になっているのが特徴。裾にはジップが着いているので、しっかりテーパードされたシルエットでも脱ぎはきが楽ちんなのも◎。
PAGE 3
▲ 3万3000円/アンドワンダー
最後はこちらの「ライトフリースパンツ」。ポーラテック社のパワーストレッチを採用しており、はき心地はノンストレスで快適! 裏地は起毛素材で見た目以上に暖かいため、これからのキャンプにも最適かと。ワタクシはヒートテックを重ね着して真冬のキャンプに挑む予定です。
再帰反射の圧着ファスナーのついた後ろポケット。後ろ裾の再起反射プリントなどは夜間の視認性を高めてくれます。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アンドワンダー 03-5787-3460

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        街も山もモテる!? いま、一番気になるアウトドアブランドはこれ! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト