• TOP
  • FROM EDITORS
  • 圧倒的な和の美しさが体感できる「ホテル雅叙園東京」のアートツアーが凄い!!

2021.10.26

圧倒的な和の美しさが体感できる「ホテル雅叙園東京」のアートツアーが凄い!!

2500点もの日本画や美術工芸品に彩られたホテル雅叙園東京は、唯一無二のミュージアムホテルとして知られる存在。その圧倒的な迫力で来訪者を魅了しますが、実は宿泊者限定でさらに奥深い“和の美しさ”が体感できる「雅叙園アートツアー」を開催しています。絢爛豪華な芸術の秋をお楽しみあれ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/石井 洋(LEON編集長)

編集長の石井です。今回は芸術の秋に絡めた耳寄りな情報を皆様にお届けしたく。舞台はホテル雅叙園東京。つい先日、とある取材で訪れた際に伺ったのですが、実は宿泊者限定でアートツアーを開催しているのだとか。

こちらのホテルは東京・目黒駅から徒歩3分という好立地にあり、実は自宅からもほど近いため、打ち合わせや食事で訪れることもしばしばでしたが、アートツアーの存在は知らなかった……。というわけで、さっそく体験させていただきました!
ホテル雅叙園東京に一歩足を踏み入れると、まずその巨大なサイズ感に圧倒されます。それもそのはず、敷地面積は約3万7000㎡。加えて天高もあり、そのすべてが和の美しさで表現されているため、相当な迫力とタイムスリップした気分が味わえるのですね。

まず最初にご紹介するのは『招きの大門』。ゲストを祝福する意味が込められ、本瓦の屋根には縁結びを象徴する棟飾りが飾られています。日本初の総合結婚式場という歴史をもつホテル雅叙園東京らしい、粋な計らいです。
PAGE 2
さらに歩を進めると「え、花魁の登場……!?」、と思いきや、これまた見どころのひとつ、『花魁回廊』に飾られた木彫板でした。優美なアーチ型の回廊の壁面には、江戸時代の浮世絵をモチーフにした木彫板が飾られ、見上げると天井にも美人画が。色鮮やかな絵画にしばし足を止めることに。
館内のレストランでも、和の美しさを堪能できます。この艶やかなお部屋は、『中国料理 旬遊記』の個室。美人画の大家、益田玉城の「美人花笠踊の図」の美しさといったら……。ちなみに中央の回転テーブルは、現存する最古のものと言われ、今でも実際に使用されているのだとか。なんという贅沢、でもちょっと緊張しちゃいますね。
PAGE 3
目眩がするほどの細やかさと絢爛さ……。こちらは『和室宴会場玄関』。創業当時の正面玄関を移築・再現したものだそうで、天井・欄間には江戸時代の年中行事や大名行列を克明に描いた彫刻作品が配されています。それにしてもこの色彩表現、海外の人はもちろん、日本人の我々でも驚きます……。
『日本料理 渡風亭』の個室より。キラキラと輝く螺鈿細工がこれでもか! と。和の美しさは往々にして質素でわびさびのある〜などと表現されることが多いと思われますが、どっこい、こんなに煌びやかな側面もあるのだな、と。

ここまでホテル雅叙園東京のアートツアーをご紹介してきましたが、これらはまだまだほんの一部にして序章。さらなる没入体験をしたい方は、急ぎ宿泊予約を!

詳細は下記にてご確認くださいまし。

■ ホテル雅叙園東京

宿泊者限定「雅叙園アートツアー」
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/stay/guide

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        圧倒的な和の美しさが体感できる「ホテル雅叙園東京」のアートツアーが凄い!! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト