2021.08.20

コロナにかかった友人に差し入れたもの

デルタ変異株がまん延するなか、ついに私の周囲にも感染者が出てしまいました。入院する友人に差し入れ、喜ばれたものとは?

CREDIT :

文・写真/秋山 都

LEON.JP 食いしん坊担当の秋山都です。

新型コロナウイルスの第5波が押し寄せていると言われています。私および私の周囲では、幸いなことにいままで感染者がほとんど出なかったのですが、ここにきて、親しい友人たちが感染するケースをちらほらと聞くようになりました。

そのほぼすべてが軽症で、自宅療養するうちに症状が治まるようでしたが、なかにひとり、中等程度の症状に陥った友人がいます。ひとり暮らしのその彼が、きちんと食事ができているだろうか、眠れているだろうか、と毎日SNS経由でメッセージを送りましたが、発熱と咳がとまらない彼はスマホに向かうのもしんどい様子。レスもとぎれとぎれにしか返ってきません。心配でしたが、会いにいくわけにもいかず、もどかしく思っていました。

その彼から、「入院します」と短いメッセージが来た時は、これでもし急変しても適切なケアが受けられると心底安堵しました。日々、メッセージも長くなり、ごはんも少しずつ食べている様子。「車いすだけれどベッドから離れることができた」「シャワーを浴びることができた」など、ゆっくりではあるものの回復の様子を知らせてくれています。

さあ、では私はその彼になにができるだろうか。まずは、病院宛てになにか彼を元気づけてくれるものを送ろうと思いました。食事は病院で出るし、お花も彼はあまり興味がないでしょう。スマホやPCを見るのは目がチラチラすると言っていたので、それならこれはどうだろう⁉ と。
▲ 『美味しんぼ』現在111巻まで刊行中(小学館)
PAGE 2
コミックです。

私と同様、食いしん坊の友人に、まだ読んでいないと言っていた『美味しんぼ』を全巻送ってみようかと。真剣に検討しましたが、中古本市場でも1万円を超える価格は予算オーバーなのと、いくらなんでも100冊以上送るのは、個室であっても迷惑かなと。『美味しんぼ』全巻はあきらめました。
それでも、軽いコミックを差し入れるアイディア自体は悪くないでしょう? ではどんなものを送ればいいのかな、とAmazonを眺めながら考え始めましたが、これが意外に難しいのです。私がたどったのは以下のようなプロセスです。

1.エロ・グロはNG

まず当然のこととして、相手は病人で、読むのは病院の中です。物語のなかで誰かが亡くなったり、傷づけられるものは読みたくないはず。そして体力が落ちているので、エロス度(笑)も下がっているものと想像しました。

2.ニュートラルなタッチ

親しい友人ではあるものの、普段どんなマンガを読んでいるのかはわかりません。そこで、極端な少女マンガ風のタッチや劇画調のタッチは避けることにしました。「異世界」モノなどのファンタジーも、馴染みがなければ読みにくいでしょうから、ここでは選外とします。

3.仕事を想起させない

ファッション業界で仕事をしている彼。おそらくスマホで見るSNS等で、友人や周囲の人々の活躍を見るにつけ、焦りを感じているのではと想像しました。そこで、ファッションやメディアなど彼の仕事に関係する世界を描いたものも選外に。

4.大作はやめとこう

もし、ありがたいことに彼が私の選んだコミックにハマってしまったとしましょう。『美味しんぼ』『課長島耕作』「こち亀」シリーズなどの大作は、もし彼がこの先も買いそろえたいと思ったら、時間もお金も費やしてしまいます。いままで10巻程度出ているような、中規模シリーズがよいな、と。

5.イマドキの作品

ここが一番悩みました。同年代である彼には、たとえば『ドラえもん』や『いじわるばあさん』などのノスタルジック系を送っても、それなりに喜んでくれるはず。どころか、普段コミックを読まない人なら、そっちのほうがいいのかな、とか。でも、日々同じことを繰り返す病院のなかで、昭和の世界を追体験しても前向きな気分にはなれないかもしれない。と考え、ここはあえてイマドキの作品を送ることにしました。
PAGE 3
以上のプロセスを経て、私が選んだのは次の2シリーズです。

『ミステリと言う勿れ』田村由美

▲ 『ミステリという勿れ』現在9巻まで刊行中(小学館)
人気少女漫画家田村由美さんのヒット作ですが、画風があまりガーリーではないので、男性読者にも良かろうかと。カレー好きの大学生が次々事件に出くわす謎解きストーリーも退屈しないで読める内容です。送った後に知ったのですが、こちらを原作に、22年1月からフジテレビの「月9」でドラマ化されるんだとか。このカーリーヘアの主人公を演じるのは、月9初主演となる菅田将暉さんだそうです。期せずして話題作を送ることができたよう。よかった。

『ながたんと青と』磯谷友紀

▲ 『ながたんと青と』全6巻(講談社)
これもジャンルでいえば少女漫画なのでしょうが、ジェンダー問わず楽しめます。舞台は戦後の京都。経営破綻寸前の料亭「桑乃木」を建て直そうとする跡取り女性と、そこに婿に来た年下大学生による淡めの恋物語……なのですが、読みどころは全編で繰り広げられる美味しそうな京料理の描写。食いしん坊である病人の彼も、これを読んだら早く元気になっておいしいものを食べよう! と思うはず。

この2シリーズから前半3冊ずつ、計6冊を送りました。なんと彼、思ったより元気だったようでこの6冊を1日で読んでしまったと。それぞれに丁寧な感想つきのお礼コメントを送ってくれました。第2便として、後半を送ってあげることにしましょう。

この友人だけではなく、すべての新型コロナウイルスに罹患された方の回復をお祈りしています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        コロナにかかった友人に差し入れたもの | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト