2021.07.21

ミャンマー発。バッグを買って始めるSDGs?

個人レベルでSDGsに取り組んでみたいなとキョロキョロしていたら、素敵なバッグブランドを見つけました。「モリンガ」のエキゾチックな雰囲気は、夏にぴったりです。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/岸澤美希(LEON.JP)

こんにちは、LEON.JPの岸澤です。

近頃よく耳にするSDGs(持続可能な開発目標)という価値観は、すでにビジネスの重要な指針のひとつとなっていますね。これからの暮らしのために個人レベルで出来ることからやっていきたいな〜と思っていた折に、素敵な活動をするブランドを発見しましたよ。 
こちらの「moringa(モリンガ)」はミャンマーの伝統的な織物を文化を守り、かつ女性の自立をサポートするバッグブランド。ミャンマーといえば、現在クーデターと弾圧とで非常に混乱した状況ですが、織物産業の歴史をもつ国でもあります。

しかしながら、伝統的な織物は用途が伝統服に限られていて(これは日本の呉服分野と同じですね)、近年では急速に産業が廃れつつあるそう。そこで「モリンガ」は織物産業の担い手を守り、新たな仕事を生むために、クラウドファンディングでミャンマーに工房を設立。地域ごとに継承されていたテキスタイルを守りながら、経済的に苦しい状況に置かれている女性にバッグの縫製技術を伝えています。
PAGE 2
▲ 「ペンシルバッグ」[W41×20×D7.5cm]1万4300円/モリンガ
「モリンガ」を代表するのが、このペンシルバッグ。18〜9世紀に王都があったアマラプラ村に伝わる格式高い柄を手織りしているそう。パーティーバッグに発想を得た形状は、華やかでありながら素朴さも備えていて本当に独特な佇まい。柄の境目の始末も手作業で丁寧に作られています。ちなみに色のバリエーションも豊富です。
洋服とも和服とも相性が良く、お好みによるとは思いますが、男性が使ってもいい感じです。エキゾチックな雰囲気は日差しの強いこれからの季節にもぴったりで気分もアガりますね。

普段からポリシーに納得出来るアイテムを選ぶことは、私たちができるSDGsの取り組みの第一歩かと。以下、サイトには他にもトートバッグなども紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。

では、次回のブログにて!
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ミャンマー発。バッグを買って始めるSDGs? | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト