• TOP
  • FROM EDITORS
  • いつものお酒を薫り高き美女に“へん~しん”させる魔法の「スパイス酒」とは?

2021.06.14

いつものお酒を薫り高き美女に“へん~しん”させる魔法の「スパイス酒」とは?

「スパイス酒」をご存知でしょうか。お酒に特定の組み合わせで配合されたスパイスを漬け込んで、まったく風味の違う別のお酒にしてしまうというもの。高級スパイス酒キットのネット販売専門店「Only SPiCE(オンリースパイス)」から発売された「SPiSHU(スパイッシュ)」を試してみましたよ。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/森本 泉(LEON.JP)

こんにちは、LEON.JPのモリモトです。皆さんは長らく続く 「外飲み禁止」状態に、どう対処していらっしゃるでしょうか? これを機会に酒をやめてしまった方もいるようですが、私は意思が強いので、もちろん酒は諦めません。外で飲まずにウチで飲み続ける、の一択です。

当初、そのため酒量が格段に増え、ついに今年の春に痛風を発症。いまは酒量を2分の一に減らしてはいますが、それでも誰に強制されているわけでもないのに、律義に飲み続けております。
それはともかく、家にはビール、ワイン、日本酒、ウイスキー、ブランデー、焼酎、ジン、ウォッカ、ラム酒、梅酒、山桃酒などなど、いろんな酒があるのですが、それだけ種類があっても、毎日(今は2日に1回)飲んでいると、多少「たまには違う酒も飲んでみたいな」と思ったりするのが、常に新しい刺激を欲している「人間の性(サガ)」というものです。

そんな時に出会ったのが、こちらの「SPiSHU(スパイッシュ)」。何かといえば、特定の組み合わせのスパイスを酒瓶にそのまま漬け込むだけで、今までにない独特な風味の、本格的なスパイス漬け込み酒ができるというキット。
なんだか怪しい気もしますが(笑)、とりあえず試してみることに。漬け込む酒はなんでもよいそうですが、できれば①アルコール度数が20度以上の方がスパイスの香りや味を抽出しやすくなる。②酒自身のクセがあまりない方が、「SPiSHU」本来の味が楽しめる。ということで、安めの焼酎、ウォッカ、ジン、ホワイトラムなどがよいそう。

そこで用意したのが、サワーやホッピーのベースとして絶大な支持を得ている究極の甲類焼酎「キンミヤ」と、禁酒法時代にも唯一製造を許されていたというプエルトリコのラムメーカー「ロンリコ」のホワイトラム。
PAGE 2
「SPiSHU」は香水からインスピレーションを受けた、香りとストーリーを楽しめる高級漬け込み酒キットということで、2種類が販売されています。ひとつはクール&スタイリッシュをイメージした「COOL MAN(クールマン)」。

解説によると「ジュニパーベリーのヒノキのようなウッディな香りにメースとコリアンダーの甘くスパイシーな香りが調和し、セクシーな香り」で、さらに「マーガオ(台湾胡椒)のピリッとした刺激的でさわやかなレモングラスのような味と香りがスタイリッシュさを演出してくれる」のだそう。

こちらはアルコール度数高めのお酒に合うということで「ロンリコ」のホワイトラム(40度)に漬けてみます。
▲ 「COOL MAN(クールマン)」。
もうひとつは「EXOTIC FLOWER(エキゾチック フラワー)」。こちらは、華やかな異国の世界にタイムスリップしたような気持ちを表現したそう。「ほんのり甘く壮大に広がる花の香りとさわやかな風が吹いたようなスッと身体を抜けるようなすっきりしたのど越しが楽しめ」て、クセのないお酒に合うということで、「キンミヤ」(25度)に漬け込んでみました。

待つこと2週間。さっそく飲んでみましょうか。
▲ 「EXOTIC FLOWER(エキゾチック フラワー)」。
まずは「COOL MAN」から。ここはロックで、バカラのグラスに入れていただきます。ふ~む。何、このいい香り! セクシーというより個人的には溌溂として爽やかというか。凛としたカッコいい美女をイメージさせる香りです。ほのかに甘い感じもしますが、なんとも魅力的。お酒がこんなに香るということに、まずはびっくりです。

そして、味にも確実に変化が。元のロンリコと飲み比べてみたのですが、まるで別のお酒!  よりふくよかで、まろやかで、飲みやすくなっている感じです。ヤバいです。ぐいぐい行けてしまいます(笑)。
▲ 「COOL MAN」をロックで。まずは香りにグッときます。
PAGE 3
「EXOTIC FLOWER」はどうでしょう。こちらは、さらに華やかでフローラルな、癒される感じの香り。穢れ知らずの純朴少年が学年一のマドンナに憧れたような、懐かしい感じがオヤジの心にズキュ~んと刺さります(って、どんな?)。

味も、元々雑味のないシンプルな味わいが魅力の「キンミヤ」ですが、出来上がったお酒にはしっかりと個性が付いて、それが控えめながら、実に麗しく、優しく飲みやすい感じです。

ただ、漬けるだけで、ここまで酒の味わいが素晴らしく変化するというのは、ちょっと驚きです。しかもそれが、決して主張しすぎず全体にまろやかで、実にいいバランスに収まっているところがまた素晴らしい。まさに魔法のような「スパイス酒」という楽しみ方であります。
▲ こちら「EXOTIC FLOWER」。華やかなフレイバーですが、見た目じゃまったくわかりませんよね。
こちらのスパイスは、40年以上の歴史があるスパイス専門店「東京スパイスハウス」の川久保美希さん監修のもと、農薬不使用など、素材にこだわった品質の良いスパイスを厳選して使用しているそうです。

「SPiSHU」は高級スパイス酒キットのネット販売専門店「Only SPiCE」で購入できます。ご興味のある方はぜひどうぞ。新しいモノ好きの飲兵衛彼女へのプレゼントにも最適かと。

■Only SPiCE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        いつものお酒を薫り高き美女に“へん~しん”させる魔法の「スパイス酒」とは? | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト