2018.02.07

パリはクラシックカーで盛り上がってます!

2月7日から開催の「サロン レトロモービル」、そして2月9日には第3回目となる“世界で最高のクラシックカー” 「ザ・ペニンシュラ クラシックス ベスト オブ ザ ベスト アワード」が発表される! そんなパリに来ていますー

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/前田陽一郎(LEON.JP)

「BEST OF THE BEST」。

正式名称「ザ・ペニンシュラ クラシックス ベスト オブ ザ ベスト アワード」は2016年に設立された賞で、年間を通して開催された世界の6つのコンクンール・デレガンス(名車の祭典)における最優秀賞(ベスト・オブ・ショー)受賞車の中から最も優れたクラシックカーを決定し、表彰するというもの。
 
LEON.JPの前田です。
いま僕は、2017年の受賞車からの「ベスト オブ ザ ベスト」の授賞式に参加するため、パリに来ています。
 
その名称からもおわかりの通り、賞の設立はあのペニシュラホテルズ(香港上海ホテルズ社)。今年の授賞式はペニンシュラホテルパリ、なのです。
 
というわけでのパリですが、偶然にもこちらでは「SALON RETRO MOBILE(サロン レトロモービル)という、クルマ好きには有名なクラシックカーのイベントも開催されていまして、これ幸いにと到着したばかりの時差ボケもなんのその、覗きに行ってました。
会場となっているのはパリ郊外のポルト・ドゥ・ベルサイユ・エキシビジョン・センター。言ってみれば東京でいうところの東京ビックサイトのようなところです。
 
日本でも一昨年より「オートモービル・カウンシル」というクラシックカーイベントが開催されていますが、こちらはすでに43回目、展示車両数500台、来場11万人以上を誇るビッグイベント。
 
大きく3つのエリアに分かれた会場は、すべての展示を見ようとするとまる1日はかかりそうな広さです。
 
ブースの数はいま時点でわかりかねますが、レストア専門店が出品する“その場で購入可能”なクルマを中心に、メーカーのクラシック部門による公認レストアカー(一部は購入可能!)までがずらりと並び、ミニカー、書籍、ポスターに、アート作品から部品まで、およそクラシックカーにまつわるものならありとあらゆる店舗が出店しています。
ただ大きく違うのが会場に来ている来場者層。年齢の幅が広いことに加えて、女性が多いのには驚きました。しかもそこかしこにお洒落で小綺麗な紳士淑女がいるのも新鮮でしたね。
 
ようやく日本でも一部のエンスージアストから、ファッションという要素も含めて一般の人たちの関心を集めつつあるクラシックカーの世界ですが、さすがヨーロッパではその裾野の広さが違います。
 
デジタル&エレクトリックが世界を席巻しつつある現代ですが、その反動としてのクラシックカーの価値高騰とその美しさへの憧憬はこういう場所を訪れてもますます加熱していくことはどうやら間違いなさそうですよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        パリはクラシックカーで盛り上がってます! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト