2021.04.22

ドルチェ・ヴィータ

甘いモノはあまり食べません。けれど、嫌いなわけではなくて、ひと口いただくのは大好きです。おまんじゅうもカステラもアイスクリームも、ちょこっといただければ幸せなのです。今回は、そんな甘いモノのお話を少々。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/堀川正毅(LEON副編集長)

前回のブログで「カラダを整える一年にします宣言」をしたばかりのフクヘン堀川です。ですが、今日、入会してまだ1か月のパーソナルジムを退会してきました。退会理由はまた別の機会にするとして、いやぁ、なかなかうまくいきませんね。またジム探しから始めないとです。ファスティングして筋トレして食事見直しをして、今夏には“い〜カラダ”になっているハズだったのですが、作戦ねり直しです。

そんなカラダに隙ができてしまいそうなタイミングで、甘いモノ案件がドン! ドン! と入ってきました。これは試練なのかもしれませんが、オイシイお話でしたので、皆様にもお裾分けをば。
ひとつは、ファッションブランドの「ディオール」と、パリの老舗パティスリー「ラデュレ」の両メゾンによる「カフェ ディオール by ラデュレ」がギンザシックスにある「ハウス オブ ディオール ギンザ」にオープン。ブティック内のエレベーターで4Fにあがると素敵なカフェ空間が出現するのですが、コチラでディオールのクチュールコレクションから着想を得たスイーツやセイボリーをいただけるというわけです。

カフェ ディオール限定のマカロンや、濃厚なショコラデザートなど、スイーツ女子も男子も小躍りしてしまう品々な取り揃っているのですが、個人的に目を引いたのはお皿やグラスで、ディオールを象徴する“カナージュ”モチーフをラデュレのパステルカラーで描いたお皿やカトラリーが品がよく素敵でした。

聞けば同フロアで購入することが出来るとのことなので、ちょいプレなどに活用したいと思いました。
PAGE 2
お次は、これまた銀座5丁目にオープンする「ショコラティエ パレ ド オール」。清里に工房を構えるパティシエの三枝俊介氏による、カカオなスイーツの専門店です。

コチラで目を引いたのが「リカーズ コレクション」で、いわゆるお酒入りのショコラなのですが、何がすごいって、使っているお酒が一流!で、しかも色々なお酒が投入されているんです。日本酒は「獺祭スパークリング」、シャンパーニュは「ドン・ペリニヨン」、ウイスキーは「ザ・マッカラン18年」、ブランデーは「ヘネシーX.O」、ワインは「ケンゾーエステート rindo」と、贅沢の極みのような詰め合わせです。

「こちらはちゃんぽんしても悪酔いしませんよ」と三枝さんのナイスなジョークも冴えわたる逸品。お値段も5個入り2700円、10個入り5400円と、おもたせやちょいプレなんかにも重宝しそうな予感です。

カラダが整うのにはもう少し時間が必要ですが、ひとまず“甘い生活”を楽しみたいと思います。みなさんも銀座にお立ち寄りの際は、ぜひ。

■ お問い合わせ

カフェ ディオール by ラデュレ
住所/東京都中央区銀座6-10-1 ギンザシックス House of Dior Ginza
電話/03-6263-8131
営業/10:30〜20:30(19:30L.O.)
※2021年5月7日正式オープン


ショコラティエ パレ ド オール GINZA
住所/東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA 1F
電話/03-5962-8787
営業/11:00〜20:00
※2021年4月22日オープン

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ドルチェ・ヴィータ | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト