2021.01.25

ニッポン時計こそ「クラテック」の先駆けです

LEONが目下推奨しているオヤジさんの時計選びこそが、「クラテック」であります。そんなクラテックな時計選びのパイオニア的ブランドが、実は日本が誇る「セイコー」と「シチズン」であったことを、みなさまご存知でしょうか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/鈴木賢二(LEON副編集長)

LEON編集部の鈴木です。

LEONが目下推奨しているオヤジさんの時計選びこそが、「クラテック」であります。クラシック、ハイテク両方の時計の魅力を理解して、自由に行き来したいところ。そしてそんなクラテックな時計選びのパイオニア的ブランドが、実は日本が誇る「セイコー」と「シチズン」であったのです。その歴史は60年そして50年と遡ります。
セイコーの高級機械式時計コレクションとして1961年に誕生した『キングセイコー』は、クラシックモダンなデザインで時計界を牽引しました。そして、今年誕生60周年を迎えます。

今回のデザイン復刻にあたり、ベースモデルとして採用されたのは、“KSK” と呼ばれた1965年発売の2代目キングセイコーです。“KSK” は、エッジの立ったシャープなケースやガラス形状により、キングセイコーにおけるデザインのオリジナリティを確立しました。そしてこの傑作モデルを継承する復刻モデルは、いまも色褪せない改めて素敵な一本であります。
PAGE 2
そして「シチズン」は、世界初のチタニウム製腕時計を50年前に誕生させました。チタニウムは、軽く、錆びにくい⾦属として、1960年代にはアポロ計画の宇宙船に使⽤され、ハイテク素材として注⽬を集めました。

シチズンは新世代の腕時計を実現するのにふさわしい素材としていち早く着⽬し、1970年に誕生させたのが世界初のチタニウムウオッチ『X-8 コスモトロン・クロノメーター』なのです。そこから技術革新を止めずに、50年を迎える今回登場したのが、スーパーチタニウム™️を採用した、まさに素材も中身もハイテクな『SATELLITE WAVE GPS F950』であります。

半世紀前から引き継がれる“ニッポンクラテック”は、いつまでも色褪せないモテる腕元を演出してくれますね。

それでは、また次回のブログにて。

■お問い合わせ

セイコーウオッチお客様相談室 0120-061-012

シチズンお客様時計相談室 0120-78-4807

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ニッポン時計こそ「クラテック」の先駆けです | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト