• TOP
  • FROM EDITORS
  • 最強のスニーカー!? ホカ オネオネ以外はもういらない?

2021.01.12

最強のスニーカー!? ホカ オネオネ以外はもういらない?

ランナーからもお洒落好きからも人気のスニーカー「ホカ オネオネ」。ランニングも街履きもできるってことで、2足買いしちゃいました!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/大崎文菊(LEON.JP)

ごきげんよう、LEON.JPの大崎です。突然ですが、太りました、5kgも……コロナ太りです(嘘つきました、本当は6kgです)。自宅作業が増えて外出する機会も激減し、なかなかジムにも行けず、どうしたものかと……。

ってことで、ランニングを始めようと思いまして。とはいえ、寒いし、混雑する時間や場所を避けて一人で走るのって、なかなかテンションが上がらない。ならば、テンションの上がるランニングシューズでも買おう!ってことで、購入したのがこちらです。
ここ数年、爆発的な人気を博している、ご存知「HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)」。簡単におさらいしますと、2009年にフランスのアネシーで誕生したシューズブランドで、下り坂を速く走れるシューズを開発したのがブランドの始まり。世界中のランナーだけでなく、インパクトのあるデザインからお洒落好きの注目も集めています。日本では2017年より本格的に展開されており、かく言うワタクシも、これまでに「ボンダイ」という定番モデルなどを街履きとして愛用しておりました。

なら、すでに持っている「ボンダイ」を履いて走ればいいじゃんって話なんですが、今回の目的はテンションを上げること。やっぱり新作を買わなければ。で、いろいろ吟味した結果、たどり着いたのはランニングシューズの中で最もスタンダードなモデル、「クリフトン」。シルエットも「ボンダイ」ほどぼってりしておらず、どんなコーデにも合わせやすいので、街履きとしての活躍の場が多いのも決定打になりましたね。
▲ 1万6000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)
そんな「クリフトン」の最新モデルが、昨年の秋に発売されたこちらの「クリフトン 7」。おなじみのミッドソールと走り心地はそのままに、流線型のシルエットとオープンエンジニアードサンドイッチメッシュ素材のアッパーが特徴。柔らかさと軽さを追求しており、もともと軽量だった前作の「クリフトン 6」よりも、なんと8gも軽くなっているんです。

ホカ オネオネの最大のウリは、多くのランナーを虜にするテクノロジーですが、豊富で斬新なカラーリングも魅力のひとつ。で、ワタクシは最も汎用性の高いブラック/ホワイトを買おうと決めていたのですが、以前LEON.JPでも紹介した「ゴールドパック」も捨てがたく、2足買いしてしまいました!
▲ 1万6000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)
こちらが「クリフトン 7」のゴールドパックバージョン。ゴールドといっても、アッパー全体がギラギラの金色というわけではなく、ホワイトやベージュといった柔らかなニュートラルカラーにメタリック調のゴールドを組み合わせているため、悪目立ちは皆無です。

で、そんな同モデルの2色買いから数週間が経った今、外出はほぼこの2足。アーバンアウトドアなスタイルからデニムスタイル、さらにはカジュアルなスーツにハズしで合わせたり……と、テンション上がりまくりです。今はもうホカ オネオネ以外いらないって思うほどですね。

あ、ランニングですか? だって寒いんですもん……。

■お問い合わせ

デッカーズジャパン
0120-710-844

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL