2021.01.07

コロナ禍で静かに味わった浅草のふぐ

明日から2度目の緊急事態宣言が発効される1都3県。外食もさらにしづらくなりますが、その直前、昨年末に浅草のふぐ料理「三浦屋」さんに行ってきました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/森本 泉(LEON.JP)

本日1月7日、1都3県には再び緊急事態宣言が発令され、明日から実施とのこと。歯止めのかからぬ新型コロナ感染拡大に改めて「ステイホーム」が叫ばれておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。LEON.JPのモリモトです。

今回の感染急拡大は昨年4月並みに8割の行動制限がないと収まらないとも言われています。再びの蟄居生活はやむを得ないのか、とも思いますが、一方で皆が家に籠っていたら経済が回らない。飲食業界の知り合いは、これ以上の営業時間短縮は本当に死ねと言われているようなもの、と悲しそうにつぶやいておりました。

絶対の正解は誰も教えてくれません。それぞれがこの1年で分かってきた知見も踏まえて、うつす・うつされるリスクを減らす努力をしながら、できることをしていくしかないのでしょう。

というわけで、緊急事態宣言が発令されると外食もさらにしづらいと思いますが、その直前、昨年末に訪れた店のお話を。
お邪魔したのは、浅草のふぐ料理「三浦屋」さん。こちら、築地から仕入れた新鮮なふぐを大衆価格で! と掲げるお店で、毎年冬になると年中行事のように伺っております。以前は予約ができなかったので、年末には店の前に何十メートルの列ができていたのですが、今回は夕方にもかかわらず、人っ子一人いないじゃないですか。

大衆価格が売りとはいうものの、やはり場所柄、高齢者が多かったので、皆さん来店を控えていらっしゃるのでしょうか。1階から3階まである大店ですが、通されたのは1階のフロア。掘りごたつ式のカウンターで、席と席の間にはアクリル板の仕切りが立てられ、しかも席の利用は2時間までと、感染対策にも余念がありません。こちらも客はまばらですが、その分、密にもならず、安心と言えば安心です。
PAGE 2
まずは前菜に、ふぐさしとふぐたたき、ふぐ霜ふりを注文。いつもは煮こごりとか皮さしも頼むのですが、今日は少人数なので食べきれません。

ということで、さっそく出てきたふぐさしを頂きます。もぐもぐ。う~ん、ほのかな甘みが感じられ、コリっとした歯ごたえもあって、やっぱり美味いです。
酒はスーパードライの大瓶からの、ふぐひれ酒。ひれの量がハンパないです! 
▲ たる一級ひれ酒
あ、白子焼きを忘れていました。これもマストでしょう。薄皮を破って口中に広がるトロっトロ感は天にも昇る気分です。
▲ とらふぐ白子焼き(一皿4個ですがあまり美味そうで撮影前に2個食べてしまいました)
PAGE 3
そして、ふぐちりの登場です。ぐつぐつと煮込んでまずは肉の多いところから。ポン酢に浅葱、モミジおろしの薬味をたっぷり入れたタレに浸していただきます。プリプリと歯応えがありつつも口の中でほぐれるような絶妙な弾力感で旨みも十分。骨の周りに付いた肉もしゃぶるようにしてこそいで味わいます。

席は並びゆえ、面と向かって飛沫を飛ばし合うこともなく、黙々といただきます。
▲ ふぐちり
最後は〆の雑炊。これまたふぐの出汁とポン酢ダレがいい具合に混じった絶妙な味わい。腹いっぱいなのに何故かするすると入ってしまいます。
▲ 雑炊
昨年は忘年会もなかった不思議な年末でしたが、久しぶりに冬を堪能いたしました。緊急事態宣言下では、なかなか外食も難しいとは思いますが、お店もそれぞれに対策を施し、何とか営業しています。その必死の頑張りにできる限り応えてあげたいと思うのも人情。ただし、こちらのお店、同じ鍋をつつくということで、お相手は気心の知れあったいつもの方に限るということでお願いいたします。

■浅草 三浦屋

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        コロナ禍で静かに味わった浅草のふぐ | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト