• TOP
  • FROM EDITORS
  • 2020年11月にニューオープン! 大人の京都旅にぴったりなホテルとは!?

2020.12.08

2020年11月にニューオープン! 大人の京都旅にぴったりなホテルとは!?

何かと我慢が多かった2020年。ご褒美旅には、「京都悠洛(ゆら)ホテル二条城別邸 Mギャラリー」のステイがオススメです。11月末に、世界遺産・二条城の南側にオープンしたラグジュアリーホテルでは、大人にぴったりな極上の休日を過ごせますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/吉田奈緒子(LEON.JP)

こんにちは、LEON.JPの吉田です。
2020年もいよいよ終わり。今年は、何かと我慢を強いられる年になりましたよね。頑張った自分(と大切な方)へのご褒美に、こんなラグジュアリーホテルで心身ともにリラックスしませんか?
▲ 4階建て、全25室のエクスクルーシブ・ラグジュアリーホテル「京都悠洛(ゆら)ホテル二条城別邸 Mギャラリー」の外観。
場所は京都市中京区にある二条城の側。徳川家康が築城し、現在では世界遺産にも指定されているお城の南側に、今年11月末、全25室のホテルがオープンしました。その名も「京都悠洛(ゆら)ホテル二条城別邸 Mギャラリー」は、フランス・パリを拠点とするホテル・リゾートグループ「アコー」のプレミアムブランド「Mギャラリー」から誕生。2019年に日本初上陸した同ブランドの「京都悠洛ホテル Mギャラリー」の別邸となります。
まずそのデザインからしてこだわりが。世界で106軒のホテルを展開する「Mギャラリー」ブランドは、その土地に根ざした美的空間づくりを信条としており、コチラにおいてもそれが随所で見受けられます。
▲ 非日常空間へと誘う細長いアプローチ。
▲ 四季折々に美しく変化する庭園に面したロビー。美術館に使用される透明度の高い窓ガラスや、二条城の石垣をイメージした石積みの壁など、高級感溢れるこだわりがあちらこちらに。
PAGE 2
到着後、細いアプローチを抜け、真鍮製のゲートからロビーに入ると、大きな窓越しに水盤のある日本庭園がお出迎え。鏡面仕上げのテーブルに映り込む緑と相まって、重厚な空間に清々しさを添えています。そこでウェルカムティーをいただいたあと、客室に通される短い間でいくつものアート作品に出合えますよ。
▲ ロビー壁面に飾られた骨董品の数々。館内では、約85点のアート作品がゲストの目を楽しませている。
▲ 地元京都の作家・井上絵美子氏による、花のつぼみをモチーフにした朱漆のオブジェが、各階のエレベーターホールに。
▲ 客室階の壁に飾られた、漆造形作家・梅津奈保子氏の作品。揺れる桜がモチーフに。
ロビーの壁面には数々の骨董品がディスプレイされていたり、客室のある2〜4階のエレベーターホールにも現代作家さんたちの作品が飾られていたり。モダンで洗練された館内で京都らしさを醸し出しています。
PAGE 3
▲ 最上階の「離宮スイート」(53㎡)には約33㎡の広々としたバルコニーが。
▲ ソファに置かれたクッションの生地には、キモノ作家・斉藤上太郎氏のオリジナルが採用されるなど、細部に京都らしさが宿る。
客室も朱色や黒を基調にしつつ、伝統的な「名栗(なぐり)加工」が施された木の壁面、行灯のような照明など、日本古来のエッセンスが散りばめられており、とても落ち着きます。一方、浴室にはレインシャワーが取り付けられているなど設備は最新。「ネスプレッソ」の新しいシステムが導入されているのも、コーヒー好きにはうれしいですね。
▲ 「離宮スイート」の浴室からは、バルコニー越しに二条城内の緑を望める。
そして全室、窓からはホテルの日本庭園か二条城の敷地内の緑が見渡せて抜けの良い景色。そんな客室でゆったりとくつろぎながら、何と言ってもお楽しみなのはお食事です。
PAGE 4

漆黒×ゴールドの艶っぽい空間で
“和魂洋才”のフレンチを堪能して

▲ 食感を楽しめる「スッポン カカオ ビーツ 宇陀金ごぼう」。
1階のレストラン「Singular 眞蔵」では、巨匠アラン・デュカスやピエール・ガニェールに師事し、4年連続で星を獲得したミシュラン・スターシェフの大久保 晋氏のコースメニューを心ゆくまで堪能できます。
そのフレンチは、日本全国からシェフ自らが発掘した季節ごとの旬素材を使って、和の技法でイノベーティブに調理した見た目にも美しいお料理。地味深く、初めての食感も楽しめて、未知なる食体験に心が躍ります。
▲ ハイボールのグラスの縁には、なんとカツオ節・岩塩・海塩のパウダーが。ひと口ごとに、スコッチウイスキーと、それを引き立てる“和”の風味を味わえる。
これらを、同じく独創的なミクソロジーカクテルやワイン、日本酒などと合わせながらいただくと、さらに口福感が増幅しますよ。
▲ 入り口に飾られた1900年代のオールドバカラが、レストラン「Singular 眞蔵」の目印。
漆黒をベースに、渋みの効いたアンティークゴールドが妖艶な雰囲気を醸し出す内装も実にシックで、大人旅にはぴったりですね。
PAGE 5
また特筆すべきは、開業を記念して年明けの1月31日(日)までキャンペーン中であること。普段は非公開である壬生寺の本堂を訪問できるなど、特別感ある体験もできますよ。この機会に、京都を何度も訪れている方も、そうでない方も、ご褒美旅行に「京都悠洛ホテル二条城別邸 Mギャラリー」を利用してみてはいかがでしょうか。お連れの方も喜ぶこと請け合いです。

■ 京都悠洛ホテル二条城別邸 Mギャラリー

住所/京都府京都市中京区市之町 180-1

HP/https://all.accor.com/hotel/B7P8/index.ja.shtml

予約・お問い合わせ/TEL.075-366-5806

●1日ひと組限定の開業記念宿泊プラン
期間/受付中〜2021年1月31日(日)
料金/1泊1室2名利用:4万6250円〜(税サ込・宿泊税別)

【内容】
・京都駅までの送迎サービス
・庭園に面したデラックスルームでの宿泊
・フレンチコースディナー
・朝食
・壬生寺の本堂と狂言堂の特別拝観

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        2020年11月にニューオープン! 大人の京都旅にぴったりなホテルとは!? | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト