• TOP
  • FROM EDITORS
  • 美味しいと話題の「アイリッシュ ビーフ」。何がどう違うのか?

2020.12.04

美味しいと話題の「アイリッシュ ビーフ」。何がどう違うのか?

近年、日本への輸入が急速に増えているアイリッシュ ビーフ。赤身でも細やかなサシが入り柔らくて美味しいと肉好きの間でも評判です。人より牛が多い島国で優しく育てられた育ちのいいお肉、その美味しさの秘密とは?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/森本 泉(LEON.JP)

こんにちは、LEON.JPのモリモトです。
皆さん、アイルランドと聞いて何を思い浮かべるでしょう? 音楽好きならU2、文学に詳しければジェイムズ・ジョイスかイェイツか。スポーツ好きなら昨年のラグビーW杯で日本が勝利した試合を思い出すかもしれません。しかし、一般的にはイギリスの隣の小さな島国、ぐらいの認識の方が多いのではないでしょうか。

かく言うワタクシも失礼ながら深く興味をもったことはなく、しいて言えばアイリッシュウイスキー。フルーティで飲みやすく、たまにバーで「ジェムソン」を頼んでみたり……。

そんなアイルランドですが、実は世界第8位の牛肉輸出大国でもあったんですね。昨年は牛肉65万トンを世界に輸出し(ちなみに同年の日本の和牛輸出量は0.4万トン)、そのほとんどがイギリスとEU向けで、現地では高品質な牛肉として人気が高いのだそうです。

そして日本のアイルランドからの食糧輸入量は近年目立って伸びているのですが、中でも牛肉は昨年から輸入量が急増しておりまして。そんな話題のアイリッシュ ビーフの魅力を広く知ってもらおうと、先日、アイルランド政府食糧庁(ボード・ビア)が関係者向けに試食会を開催。美味いものなら何でも食べたい編集代表として伺ってきたのでご報告いたします。
▲ アイルランド政府食糧庁(ボード・ビア)の日本・韓国担当マーケットマネージャー、ジョー・ムーアさん
PAGE 2
場所は10月にオープンしたばかりの「キンプトン新宿東京」の最上階。夜景がメッチャ綺麗な会場には前述ボード・ビアの方や大使館の方々も揃い、なぜか私の隣にはあの陽気なイタリアン、ベリッシモ・フランチェスコさん(ジローラモとは特には仲良くないそう(笑)/本人談)が着座、とそんな中で試食会は開催されたのでした。

ボード・ビアの方の説明によると、アイルランドは北海道程度の広さの国内に650万頭の牛が飼養されていて、人口は500万人弱なので、文字通り人よりも牛が多いのだそう。そして「アイルランドは1日に四季がある」と言われ、ほぼ毎日雨が降るため、牧草が良く成長し、1年のうち10カ月は牧草が茂っているのだとか。

なので年間の3分の2は牛を放牧しており、飼養されている牛の餌も95%が牧草とのこと(こういう主に牧草で育つ牛をグラス・フェッドと言うそう)。しかも小規模家族経営の農家が多く、大自然をそのまま生かした広大な牧場で、牛を一か所に詰め込むことなく、負担をかけずゆったり育てているのだそうです。
▲ アイルランドの牛はアンガス牛だけでなく多様性があり、ゆえに環境変化にも対応可能で持続性をもって飼養することができるのだとか
近年、アメリカ産牛などはホルモン剤の使用で安全面の不安も指摘されますが、その点もアイリッシュ ビーフは、成長ホルモン剤は一切使用せず、抗生物質の使用も厳しく制限されており、要するに恵まれた自然を十分に生かした理想的な環境で育てられた安全な牛ということが大きな特徴のようです。

この日はアイルランドで50年以上の伝統を誇るドライエイジングビーフのブランド「ジョン・ストーン」のプレミアムビーフを使った料理を頂きました。ジョン・ストーンビーフの大きな特徴は、ドライエイジングで、1カ月程度ドライエイジングをするそう。

通常、牧草だけを食べたグラス・フェッドはしっかりした歯ごたえが特徴と言われていますが、こちらの牛肉は赤身でも細かなさしが入って肉質がきめ細やか。ドライエイジングでさらに肉は柔らかくなり、ステーキにしてもとても柔らかく、しかもあっさりした品質に仕上がるのだそう。

また、生の牧草を多く食べることで、健康と美容に良いと言われるオメガ3脂肪酸の配合が多くなることも特徴なのだとか。なんかいいことばかりじゃないですか(笑)。
PAGE 3
▲ 1皿めは「冷製 ジョンストーンアイリッシュビーフ コンソメ ホイップドカシューバター クリスタルキャビア添え」
というわけで、さっそく試食です。まずは冷製スープから。こちらゼリー状の牛コンソメスープで、口の中でほどけるように溶けていくジュレはさわやかな甘みも感じさせる優しい味です。見た目も美しいですね。
▲ 2皿めは「ジョンストーン アイリッシュビーフ テンダーローインのグリル パンプキン スコルダリャ トリュフソースがけ」
2皿めはメインのステーキ。で、デカいです。でも最初に聞いていたように柔らかく、赤身肉として適度な噛み応えはありつつも、苦労することなく口の中からきれいになくなっていくイメージ。味は決して淡白ではなく、くどくない程度の風味を保ちつつ、胃にもたれることのない軽さを感じさせます。
▲ デザートは「ジョンストーン アイリッシュビーフ フュージョンラムをきかせたモンブラン」
そして最後はデザート。アイリッシュ ビーフの脂を使用したアイスクリームを添えたモンブランって(笑)。その味が想像できなかったのですが、良くも悪くも、アイスクリームに牛感はゼロ(笑)。モンブランも大人の甘さが心地よい普通に美味しいデザートでした。

と、これからますますお目にかかるチャンスも多くなると思われるアイリッシュ ビーフですが、もしめぐり逢いの機会がありましたら、ぜひ一度ご賞味あれ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        美味しいと話題の「アイリッシュ ビーフ」。何がどう違うのか? | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト