• TOP
  • FROM EDITORS
  • ダリの世界観を落とし込んだ!? まるでアート! なアフタヌーンティー

2020.11.27

ダリの世界観を落とし込んだ!? まるでアート! なアフタヌーンティー

特集を頑張った自分へのご褒美にアフタヌーンティーを。そんな時に見つけたのが「メズム東京、オートグラフ コレクション」でいただける、アートなスイーツとモクテルのペアリングが斬新な『アフタヌーン・エキシビジョン』。実際に行ってみたところ、語りどころ満載だったのでご紹介を!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/赤松いづみ(LEON)

こんにちは! LEON編集部員の赤松です!
11月号のデート特集、12月号のスーツ特集、そして1月号のお花特集と、怒涛の特集ラッシュを無事終えました。と言いながらも目の前には次の特集の準備がチラ見え……ですが一旦それは見ないフリをして、頑張った自分に何かご褒美をあげることに。

とりあえず、甘いものをたくさん食べたい! けれどもスウィーツビュッフェはこのご時勢的になんとなく気が引ける……。そう思った私は、テーブル上で完結する、けれどもお腹いっぱい食べられそう!なアフタヌーンティーをリサーチ。

で、見つけたのが、今年の4月に開業したホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」にていただけるアートなアフタヌーンティー。アーティストのアトリエがコンセプトのバー&ラウンジ『ウィスク』にて展開中とのことで、1日15食限定の文言にも惹かれた私は急いで予約。そして次の日、ランチを限りなく控えめにして、GO!

先述しましたが『ウィスク』はアーティストのアトリエがコンセプトで、今回私が選んだのは、ずばり『アフタヌーン・エキシビジョン』。著名な絵画の世界観を落とし込んだ、名前の通り、まさに芸術的なメニューです。で、今回はスペインの画家サルバドール・ダリの代表作「記憶の固執」の世界観を反映した『メモリー(Memory)』をいただけるとのこと! ワクワク!

最初にスコーンとペアリングモクテルが登場〜。
一般的なアフタヌーンティーは、3段くらいのプレートにお菓子が乗ったものがドンと運ばれてきますが、こちらでは、3段階に分けて、コースのように提供され、その都度ペアリングされたモクテルをいただきます。
こちらはトマト&バジル、チェダーチーズ&パルメザンチーズ、クランベリーの3種類のスコーン。甘さ控えめながら、それぞれの素材の味がとっても濃厚。そして、ペアリングされているトマト、バジル、グレープフルーツの甘酸っぱいモクテルがスコーンに合う! それでいて口の中をリセットしてくれるので、食べていて飽きません。
PAGE 2
パレットのようなお皿の上に、絵の具のチューブからソースをポタリ。見た目が完全に絵の具で、なんだか変な感じですが、画家になったような気分で楽しい(笑)。
赤色は甘酸っぱいストロベリーで、白色は濃厚なマスカルポーネのソースでした!
そして、ソースの容器の裏には、バーコードに見立てたデザインで電話番号が。いちいち芸が細かくて、話のタネがつきません。

あっという間に一皿目を平らげ、二皿目へ。こちらが今回、ダリの代表作『記憶の固執』をモチーフにした一皿&モクテルとのこと。
PAGE 3
まず目に飛び込んでくるのは、あの有名なモチーフ『柔らかい時計』。こちらはあっさりしたホワイトチョコレートでできていました。もったいなくて最後の最後まで食べられなかった(笑)。

その下にあるのが、ダリの故郷であるクレウス半島が位置するカタルーニャ地方の郷土菓子『クレマカタラーナ』のクリームをたっぷり使ったチョコレートロールケーキ。ボーリューム満点ですが、クリームの甘さが控えめでもりもり食べちゃえます。

左の赤色のお菓子は、ラズベリーソースを使ったマカロン。ダリの思想の中心にあったシュルレアリスム理論を表した硬さと柔らかさを、硬いマカロンラスク、それを柔らかく包むラズベリーソースで表現したそう。口の中でプチっと弾けて溢れる甘酸っぱいラズベリーソース、サクサクしたマカロンは、体験したことのない食感でひと口ひと口が楽しい! 

で、左下に見えているのは、パートフィロというパリパリとした香ばしいお菓子。アーモンドを使ったクリームをサンドして焼き上げた一品で、作品の中央に眠っている、長い睫毛が特徴の、通称「怪物」をモチーフにしたそう。作品を見ながらむしゃむしゃ。
ペアリングされているモクテルは、ダリの作品の空によく使われているブルーグリーンとイエローをイメージした色味で、そこにダリの象徴である髭をチョコレートで添えた遊び心ある一杯。レモングラス、ジャスミン、ノンアルコールのシャンパンを使ったあっさりしたお味は、口の中をすっきりさせてくれます。


ひとつひとつに込められた意味が面白くて、食べつつ、ダリの作品を調べつつ、しているとあっという間に完食……。あぁあんなにたくさんあったのに……。
PAGE 4
最後にいただくのは、シナモン、カルダモン、胡椒、クローブを使用したコーヒーチャイ。甘いものをいただいた後だったからか、鼻を抜けるスパイス、コーヒーの苦味が余計に美味しく感じました。

美味しくてワクワクするアフタヌーンエキシビジョンはこれにて終了。語りどころがてんこ盛りなので、デートにも大オススメ。甘いもの好き、そして、アート好きなあのコを誘って、行ってみてはいかがでしょう?
(予習はお忘れなく。けどウンチクは語り過ぎ注意、ですよ!)

■ メズム東京、オートグラフコレクション バー&ラウンジ「ウィスク」

住所/東京都港区海岸1丁目10-30 16F
営業時間/10:00~26:30(L.O) 
※11月28日(土)~12月17日(木)の期間は10:00~21:30(L.O)に短縮して営業
※アフタヌーン・エキシビジョンの提供時間は平日14:00〜16:00(L.O)
URL/www.mesm.jp/restaurant/whisk.html
TEL/03-5777-1111
予約/www.tablecheck.com/shops/mesm-tokyo-whisk/reserve

※アフタヌーン・エキシビジョンは2日前の22:00までの要予約
料金/3900円(税・サ別)。平日1日15食限定。
開催期間/2月28日(日)まで。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ダリの世界観を落とし込んだ!? まるでアート! なアフタヌーンティー | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト