2020.10.26

この天丼、サラリとコクの間をいく

実は、ごま油ぎっとりな天丼は苦手でしたが、これは美味いという一杯を六本木は芋洗い坂で発見しました!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/渡辺 豪(LEON)

こんにちは、LEON編集部の渡辺です。

こちら、芋洗い坂下にある「味覚」さん。渋さの漂う3名のオヤジさんたちで切り盛りされています。ここは世界中から厳選した塩天丼が有名なのですが個人的にはタレ天丼が◎。
これは、おまかせ天丼にエビ載せました。タレのコク、油とのマッチ、それでいて後口はさわやかでキレッキレ! くどさはありません。いわゆる江戸前天丼は濃すぎてあまり食べてこなかったのですが、これはコクと後口のバランスが個人的には最高です。

聞けば、ごま油に綿実油をブレンドしているとか、、、それが軽い食べ心地のポイントなんですかね。お椀のお味噌汁もかつをダシがとっても効いていて、最高のコンビ。

すでに有名なお店ではありますが、「天丼、別に、、、」な方にこそ食べていただきたいです。本当に美味しかったです。出前も行っていますので、オウチでもぜひ。

■ てんぷら味覚

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        この天丼、サラリとコクの間をいく | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト