2020.06.18

シャルロット・ペリアンというバラをご存知ですか?

建築家であり家具デザイナーでもあるシャルロット・ペリアンの名を冠したバラに出会い、和ばらという品種を知りました。お花奥深いですね〜。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/遠藤加奈(LEON)

こんにちは、遠藤です。自粛期間中に始めたピアノがなかなか上達しません。いつかシチリア島の空港で弾くのを夢見て本日も練習あるのみです。

で、そんな新しい習慣にもうひとつ加わったのがお花。外に出られないし、気分をリフレッシュするために“自宅にお花”を欠かさなくなりました。近所のお花屋さんで季節のお花を買ったり、スーパーで仏花用の菊の花束を小分けにして飾ったり。そして菊の持ちの良いことに感動しました。枯れ始めても可愛くて、ずっと飾っていられるんですね。本当に素晴らしい。
そんな日本のお花代表、菊のすごさに感動しつつ、ネットで出会ったのが和ばらというばら。「和ばら」はばら作家である、國枝啓司さんが「Rose Farm KEIJI」で作るオリジナルの品種のばらで、ヨーロッパの品種のようにダイナミックなばらというよりは繊細で、花弁が重なり合っているのにどこか素朴な印象のばらです。

意外とばらって香らないのですが、和ばらは優しい香りも特徴です。ちなみに國枝啓司さん、雅子皇后のご結婚時にプリンセスマサコを作った超有名ばら作家さんです。

そんな和ばらのなかでも、特筆すべきばらが「ROSE CHARLOTTE PERRIAND」。シャルロット・ペリアンは、コルビュジェやジャンヌレとともに数々の建築や家具を発表した憧れの女性。(余談ですが、私の“あつまれ 動物の森”のアカウントはシャルロッ島(とう)に住むペリアン、というくらい憧れの存在であります) 「ROSE CHARLOTTE PERRIAND」は、そのシャルロット・ペリアンに捧げるばらとして、國枝啓司さんが作った新しい品種で、シャルロット・ペリアン・アーカイヴからも公認をもらっているそう。

昨年、パリのFondation Louis Vuittonで行われたシャルロット・ペリアン回顧展のオープニングでも配られたそうです。

で、それがこちら。本当にイメージ通り。ベージュというか薄いピンクというか、シックで儚いけれど、どこか強さもあって。お洒落なばら。
そして嬉しいことに、これ、こちらで購入できるんです。シャルロット・ペリアンだけじゃなく、季節の和ばらを花束にしてクール便で届けてくれます。

しかも、うれしいのが色味を選ぶことができること。ヌードカラー、深みのある色、ピンクグラデーション、柑橘系、白系、赤系、いろいろと指定することができるんです。
PAGE 2
ヌードカラー
ピンクグラーデション
私はいつも白っぽいお花ばかり買ってしまうので、今回は深みのある色を購入してみました。
中央右下の、花弁が5枚広がって咲いているバラは葵という品種で、私はぞっこんになりました。なんて可愛いんでしょう。届いた花束と一緒に、どんな品種が入っているかというレシピも入っているので、調べる楽しみも。

自宅に飾るのも良いですし、離れて暮らす家族や友人にも、オンラインで気軽に注文できるので、ぜひお試しくださいませ!

■ お問い合わせ 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        シャルロット・ペリアンというバラをご存知ですか? | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト