2020.05.29

しおりいらず。最近の一気読み書籍をご紹介!

この自粛期間、お酒のお供は本でした。ということで、最近一気に読んでしまったオススメの本をご紹介。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/赤松いづみ(LEON)

こんにちは! 酒の一滴は血の一滴の赤松です。最近はもっぱら宅飲みを楽しんでおりまして、お酒のお供は決まって本。ということで、今回は一気読みした本をご紹介をさせていただきます。

まずは、梅雨の時期にぴったりの「シェイプ・オブ・ウォーター」。
文庫本1000円/竹書房文庫、アートブック3800円/DU BOOKS
2017年に公開された、声を出せない女性(イライザ)と、アマゾンで発見されたモンスターとの異種間の恋愛を描く、大人のファンタジー映画「シェイプ・オブ・ウォーター」の小説版。映画内には出てこないモンスターの感情や、ちょい役でしか出てこない冷酷な軍人(ストリックランド)の妻の予想外の行動など、細やかでリアルな部分が盛り沢山で、映画を見る前でも、映画を見たあとでも、楽しめる一冊です。ちなみに私はこの映画の大ファンでもありまして、公開時に限定のアートブックもゲットしました。
タイトルに「ウォーター」がある通り、美しい水や雨の描写が多く、憂鬱になりがちな梅雨の今、オススメしたい一冊。 

合わせて飲みたいお酒:ひんやりした瑞々しいムード漂う作品なので、ミントたっぷりのひんやりしたモヒートをお供に!

さて、続いてはアメリカ近代文学を代表するF・スコット・フィッツジェラルドの作品「グレート・ギャツビー」。
PAGE 2
1000円/中央公論新社
私、この作品がほんと〜に! 大好きで、もう何度目か数え切れないくらいの再読でした。ある意味ファンタジー、とも言えそうな地獄なストーリーが魅力ですが、私はなんといっても登場人物に惹かれます。まず、可哀想なくらい素直なギャツビーが本当に愛おしい……。(もう別の女の子を選びなさいよと何度思ったことか……笑) ほかにも、理想の女性像がねじ曲がりまくっているデイジーや、乱暴そうで、けど嫌味なほど育ちのいいデイジーの夫トムなど、各登場人物のアクが強く、どのシーンで誰が出てきても飽きません。そして、後半の最悪な方向に進んでいく絶望的なスピード感が、やっぱりクセになる面白さ。

翻訳は何名かの方がされていますが、村上春樹さんの翻訳が読みやすくてお気に入りです。特にラスト近くの文章「Gatsby believed in the green light,(以下続きあり)」の翻訳がとても美しい……。

合わせて飲みたいお酒:華やかな喧騒の世界にぴったりなのはシャンパン。2013年に公開された本作品の映画でも、シャンパンが頻繁に登場します。

続いては日本文学三大悪女のひとりが登場する、谷崎潤一郎の代表作「痴人の愛」。
670円/新潮社
あまりにも有名な作品ですが、改めて読むと、やっぱり面白かったので、紹介させてください!

カフェで働く大人しそうなハーフ系の15歳の女性(ナオミ)を気に入った男性(河合)が、どんどん小悪魔になっていくナオミに翻弄されるストーリー。グロテスクなほどワガママな彼女は、読んでいて憎たらしいですが、そんなワガママを言える相手がいることが羨ましくもあったりして(笑)。 読み終わったあと、このタイトルの秀逸さにため息が出ます。

物語には関係ありませんが、この作品、大正3年に大阪朝日新聞で連載がはじまったものの、内容の過激さゆえに検閲に引っかかってしまい、何度も掲載中止になったとか。そんな背景も併せて、魅力的な作品です。

合わせて飲みたいお酒:しつこいくらいの甘ったるさ漂う物語なので、おともにするのもぜひ濃厚なものを。キンと冷やしたアドヴォカート、もしくは「ゴディバ」のチョコレートリキュールをストレートで少しずつ飲みたい!

ラストは、ビートたけしさんのエッセイ集「悪口の技術」。
PAGE 3
460円/新潮社
インパクトあるタイトルでなんとなくポチってしまった一冊ですが、2020年、上半期一番のヒット!

内容は単純に言いたいことをバンバン言っていきましょうというものではなく、罵詈雑言を放つなら、ユーモアを交え、相手が思わず笑ってしまうくらいの洒落の効いた毒舌に変換しましょう、というもの。確かに自分の主張を相手に納得してもらうには、トゲのある言葉で詰め寄るよりも、クスリと笑わせて心を開かせることが近道かも。

アクを出すならこう言う風に、というhow toを、ひと昔前の時事ネタに絡ませながら次から次へとぶった切っていく文調は、爽快感満載です!

合わせて飲みたいお酒:エッセイ集ですが、スピード感たっぷり&たけしさん独特の文調で読んでいる時の気持ちよさは、テンポのいいギャング映画を見ている時のよう。ガツンと味の濃いギネスビールをガブ飲みしながら読みたいな〜。

ほかにもまだまだ読んだ本はあるのですが、今回は厳選してこの4冊とさせていただきました。
そして、実はこの期間中にポチりまくった未読の本の山がお部屋に。
読み終わった頃、また面白かった書籍を紹介させていただきます!
※掲載商品は原則税抜です

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        しおりいらず。最近の一気読み書籍をご紹介! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト