• TOP
  • FROM EDITORS
  • 「リシャール・ミル」が北海道で“未来のちょい不良オヤジ”探し!?

2020.02.10

「リシャール・ミル」が北海道で“未来のちょい不良オヤジ”探し!?

いま最も勢いのある時計ブランド「リシャール・ミル」のアンバサダーたちが白銀の北海道・旭川でキッズのチャリティー・スノーボード大会に集結。いったいなぜ――? その模様をレポートします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/近藤高史(LEON)

みなさま、こんにちは。LEON編集部の近藤です。2020年の記念すべき初出張は北海道・旭川――。あのリシャール・ミルが“未来のちょい不良オヤジ”を北海道で発掘する!? というのですからこんな面白そうなことはない! と思い1月中旬、マイナス10℃ほどに冷え込んだ旭川へ足を運んでまいりました。
さて、そんなワタクシを現地で待っていてくれたのはスノーボードアルペン大回転で冬季オリンピックに4度出場し2018年のソチ大会では見事、銀メダルを獲得した竹内智香選手。そうなんです、彼女もまたリシャール・ミル ファミリーのひとり。

そして、そのリシャールミルジャパン基金のサポートのもと竹内選手が北海道胆振東部地震被災児童らの支援を目的としたチャリティイベント、『~北海道から元気を未来へ~ スノーボードキッズわくわく杯in東川』を開催。これが未来のちょい不良オヤジ探しの真相だったのですね!
招待された52人の子供たちが、パラレル大回転や竹内選手直々のスノーボードレッスンに参加したのですが、これがなかなかどうして。スノーボードを始めてまだ間もないキッズの真っ直ぐな眼差しは微笑ましく、大人顔負けのダイナミックな滑りを見せる中高生は将来の日の丸を背負って立つのではと思わせるほどでした。
PAGE 2
旭川に集結したリシャール・ミル ファミリー。右端の川﨑社長から順に中野信治選手、松下信治選手、青木瀬令奈選手、竹内智香選手。
そんな子供たちを喜ばせたのが、リシャール・ミル ファミリーたちのサプライズ登場。元F1ドライバー中野信治選手、現在ヨーロッパを拠点にF2ドライバーとして活躍中の松下信治選手、女子プロゴルファーの青木瀬令奈選手が集結してトークショーも。第一線で活躍する彼らを間近に見て、どんな逆境でも夢を諦めずに追いつづけることの大切さを教われた心温まるイベントに。
それにしても驚いたのが、これらすべてのプログラムをメダリストである竹内選手自らが先頭に立って企画、設営、運営していたこと。そこへ多くの仲間がボランティアを買って出て作り上げられた、文字どおり手づくりなイベントだったこと。

日がな一日、雪の上で遊んで学んで、52人の子供たち全員が満足そうな表情で帰宅の途についたのが印象的でした。もしかしたらこの中から、将来のオリンピック選手やプロアスリートが誕生するかも、なんて思いつつも、LEONとしては、リシャール・ミルを腕にしちゃうような未来のちょい不良オヤジも生まれたら面白い! んだけどな(笑)。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
「リシャール・ミル」が北海道で“未来のちょい不良オヤジ”探し!? | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト