2019.11.27

探偵はBARにはいなかったけど……!?

北海道の歓楽街、すすきのにて、あの映画にまつわるバーへ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/赤松いづみ(LEON)

こんにちは! LEON編集部の赤松です。

酒の一滴は血の一滴、お酒大好き編集部員の赤松です。先日、友人の結婚式のため、北海道へ遊びに行って参りました。

北海道といえば、一般的には新鮮な魚貝や、ジンギスカンなど「食」のイメージがあると思うのですが、私にとっては大泉洋さん&松田龍平さん主演の全3作あるハードボイルド映画「探偵はBARにいる」のロケ地! 笑いあり、アクションあり、お色気あり、そして「え、ここでそうくる!?」という先の読めないストーリーの、このシリーズが大好きなのです。つまり、この映画の大ファンの私にとっては聖地ともいえる歓楽街なんです。

ということでおうかがいしたのは、『BAR一慶』
PAGE 2
雑居ビルの一角にある入り口のインターホンを押して、中へ入ると、店内はガラッと雰囲気が変わってかなりの暗さ。すごく小さなボリュームで落ち着いた音楽がかかっていて、まさに!、なバーの雰囲気にドキドキしました。
さて、こちらがどう聖地なのかというと、オーナーの本間一慶さんはマスター役の俳優に演技指導をされたり、実際にマスター役として映画にも出演されているのです。

さて、さっそく飲み物を注文。メニューの注意書きに”好きなものを雰囲気で教えてください”とあったので、「甘くてスモーキーなものを」とリクエスト。
いただいたのはこちら「ダグラスレイン社」の『シングルマインデッド』という限定シリーズのウイスキー。リクエストのとおり、甘くてスモーキーで、けれども重すぎない味。氷を溶かしながら少しずついただきました。

残念ながら本間さんとお話しすることはできませんでしたが、映画に出てくる重要な小道具を間近に見ることができました。それがこちら「探偵はBARにいる」の主人公が事務所代わりにして入り浸っているバー「ケラーオオハタ」に置いてある黒電話。実際の収録にも使われたそうです。予期していなかった小道具との出会いに大興奮でした。
PAGE 3
今度来る時には本間一慶さんに会えるようにとリベンジを誓い、おとなしく帰宅。
そしてあの有名な交差点の「ニッカ」のネオンは工事中で見れず……
ますますリベンジを誓うのでした。

■ BAR一慶

住所/北海道札幌市中央区南6条西4丁目 ジャスマックサッポロNO.6 2階

TEL/011-563-0017
[営業時間]
月曜日~木曜日 18:00~翌3:00(LO 2:00)
金曜日・土曜日 18:00~翌4:00(LO 3:00)
日曜日・祝日 18:00~2:00(LO 1:00)
HP/www.barikkei.com/home

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

探偵はBARにはいなかったけど……!? | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト