2019.09.11

やっぱり美味い! 北陸の魚を東京で

月に一度は美味しい鮨を食べようと日々お店探しをしていますが、先日、世田谷区に新店ができたと連絡をいただきまして。早速行ってまいりました!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/武田一希(LEON)

レザー特集→スーツ特集という怒涛の日々をなんとか乗り切りました、LEON編集部の武田です。
さて、今回も恒例の食ネタを仕込んできました!
今年5月に世田谷区豪徳寺にオープンした「鮨割烹 鼓舞」へ。
天然の食材にこだわった同店でいただいたのは、「夏限定コース(15000円)」。(すみません! このメニューは既に終了しており、現在はブリや白子などが堪能できる「秋限定コース」を提供しています。)同店は「食から健康に」をコンセプトに、食材は天然物と無化学無農薬に限定しています。とりわけ本コースは、北陸の厳選した食材と自社栽培の無化学無農薬野で構成。北陸の地元漁師が厳選した魚を空輸で直接仕入れることで、鮮度の高い状態で提供しています。
PAGE 2
早速、ご紹介。まずは、「自家栽培のトマトのコンポート」です。涼やかな見た目もさることながら、実にさっぱりといただけるのがこの時季に嬉しい逸品。素材本来の味を活かすべく、味付けはシンプルに。相模原の自社農園で採れたトマトはみずみずしさ抜群で、さわやかな香りが心地よく鼻孔をくすぐってくれます。
続いてはスペシャリテの「殻雲丹毛蟹すし」。まず、この大胆な見た目に思わず笑みがこぼれます。殻に付いたままのウニを贅沢にもお皿として用いて、その上に毛ガニの身をてんこ盛りに。この美味しさは説明不要かと。
こちらは「能登産岩牡蠣のソテー」。ソテーをしてもこの大きさですが決して大味ではなく、しっかりとカキの旨味が詰まっています。この満足感はかなり高い!
PAGE 3
そして幻の「ガス海老の握り」。北陸では定番の寿司ネタですが、足が早いため関東では滅多にお目にかかれない逸品です。そのお味は、ほかのエビと比べても圧倒的にプリプリで、甘みも抜群に強いんです。いや~、これは本当に美味しかったですよ!

この後は「北陸厳選握り八貫」が登場。(食べるのに夢中で、写真撮り忘れました……)
別料金になりますが、こちらの2点も追加で注文が可能です。
ひとつ目は「のどぐろ蒸し鮨」。北陸の魚といえば絶対に外せないのが、のどぐろですよね。口の中に入れた瞬間に、ホワホワッとくずれる口当たりはまさに至高。上品な脂の甘みがたまりません。
最後は石川県が誇るブランド和牛「能登牛」。寿司店でこのクオリティの能登牛が食べられるのは、そうそうないかと。ほど良くサシが入っており、肉自体の旨味も存分に楽しむことができました。
ちなみに「日本酒4種ペアリング(2000円)」も注文すれば、最初の4品に合わせた日本酒を日本酒ソムリエである唎酒師が厳選してペアリングを提供してくれます。このペアリングは秋限定コースでもお楽しみ頂けます。

都会の喧騒を忘れられる立地ですから、まったりと食事を楽しめますよ。
お問い合わせは、以下よりどうぞ!

「鮨割烹 鼓舞」

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL