• TOP
  • FROM EDITORS
  • 丸の内で、本格温泉&日本旅館? 都心で癒されるなら「星のや東京」

2019.08.26

丸の内で、本格温泉&日本旅館? 都心で癒されるなら「星のや東京」

「温泉でゆったりしたいけど、時間がない……」 そんな多忙な皆さまに、都心で和の旅情緒を堪能できる温泉旅館をご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/岸澤美希(LEON.JP)

こんにちは、LEON.JPの岸澤です。皆さま、お盆はしっかり休めたでしょうか。 

え、まだ休めてない? 今年は夏らしいことしてない? 

ビジネスの第一線で活躍される方となると、まとまった休暇をなかなか取れないというのが現実でしょう。今回はそんな方に、都心から動かずに心身ともにリフレッシュできる日本旅館をご紹介しますよ。

それが、丸の内のど真ん中に佇む「星のや東京」。熱海や箱根まで行く時間がなくとも、この立地なら短い休暇の中で存分に旅気分を満喫できるのです。2016年にオープンし、今年で4年目という新しいお宿ですが、伝統的な日本旅館のエッセンスが随所に凝らされています。
ご覧の通り、ビル街に溶け込む地下2階・地上17階の建物ですが、建物内に足を踏み入れると和の空間が広がっています。和のしきたりを踏襲し、靴は玄関でオフ。足の裏で感じる畳の感触と、イグサの香りで自然と気持ちが落ち着きます。
PAGE 2
「桜」の客室。外壁に配された麻の葉崩し柄の格子が、室内に美しい陰を落とす。
客室も伝統的な和室を基調としながら、ベッドやソファを配置した現代的な作りに。敷布団がちょっと苦手、という方も安心ですよね。テクニックいらずで切られる滞在着は、キモノデザイナー斉藤上太郎氏が監修。着心地が良く、袖を通せば旅行気分が高まります。

各客室階には、宿泊者のみが利用できる「お茶の間ラウンジ」も併設。居間のように寛げるセミプライベート空間は、同フロアのゲスト間の団欒の場です。人の和を広げようとする配慮に、なんとも日本的な心遣いを感じます。
PAGE 3
そして、目玉の一つが最上階の温泉。東京の中心部にいながら、地下1500mから湧き出る天然温泉にゆったりと浸かれるのはココならでは! 温泉は内風呂と露天風呂があり、天井高の露天風呂では東京の風と音が感じられます。夜には星が見られることもあるのだとか。
さらに、日本文化に触れるサービスも充実。宿の中では太神楽や雅楽を鑑賞したり、茶の湯、門香を体験することができます。また夜には、お香が香る空間でのゆったりとした動きのストレッチプログラム「お休み前の深呼吸」、朝には、剣道流派・北辰一刀流の剣術の所作を取り入れた「めざめの朝稽古」もご用意。毎日行われているものも多く、いつ宿泊しても楽しめるのがうれしいですね。

旅館外で実際に江戸東京の情緒に触れるサービスも人気で、人力車遊覧や都心ヘリクルーズ、相撲部屋稽古見学、古地図歩きなどが用意されています。

都心にいながら癒され、日本文化を堪能できる「星のや東京」。自分へのご褒美として、大切な人と過ごしてみてはいかがでしょうか?

■ 星のや東京 

住所/東京都千代田区大手町1-9-1
お問い合わせ/0570-073-066
URL/https://hoshinoya.com/ 
●料金/1泊1室 8万3000円〜(税・サービス料10%別、食事別)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        丸の内で、本格温泉&日本旅館? 都心で癒されるなら「星のや東京」 | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト