• TOP
  • FROM EDITORS
  • あなたはどっちが麺そ〜れ? 沖縄・宮古島のグルメ“冷やし麺”2選!

2019.08.20

あなたはどっちが麺そ〜れ? 沖縄・宮古島のグルメ“冷やし麺”2選!

「島cafe とぅんからや」の『生もずくの冷やしソーメン』に、「キッチンみほりん」の『冷やし宮古そば』。沖縄県・宮古島にて冷たい麺を食べ比べてきました〜。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文・写真/平井敦貴

“島んちゅ”が推薦するのはこの2つ!

こんにちは、LEON.JPの平井です。

皆さんは夏のバカンスどちらに行きましたでしょうか?

実は私、人生初の宮古島に行ってきました。沖縄本島はこれまで何度も行っていたのですが、離島は今回が初めて。で、宮古島のウワサは色々聞いていましたが、控えめに言って天国でした。
今回は旅行中に知り合った宮古島の“島んちゅ”から聞いた、とっておきのグルメ麺2つをご紹介したいと思います。これから旅行に行かれる人はぜひチェックしてみてください!
PAGE 2

「島cafe とぅんからや」

生もずくの冷やしソーメン

「生もずくの冷やしソーメン」850円(ランチ限定)
最初にご紹介するのはこちら、「島cafe とぅんからや」の『生もずくの冷やしソーメン』です。その名の通り宮古島で採れた「生もずく」が大量に入っているのが特徴です。

夏の定番そうめんですが、こちらは外の暑さを吹き飛ばすサッパリとした味わいで、新鮮な生もずくはプリプリの食感。自家製薬味の「シークヮサー胡椒」をパラリと足せば、お箸はさらに止まらなくなります。和風のめんつゆもダシの味がしっかりしているので、もずくとの相性も抜群!

アグー豚や宮古牛など、肉料理が続いた時にはこんな涼感のある麺が食べたくなるもの。ボリュームも適度に満腹感を得られるのでコスパも良好です。なおこの『生もずくの冷やしソーメン』はランチタイム限定メニューなので、品切れになる前に行くことをオススメします。

「島cafe とぅんからや」は、宮古島の南部、シギラリゾートにほど近い丘に建つおしゃれなカフェ。見晴らしの良いテラス席は女性も喜ぶ立地ですので、ぜひランチがてらお訪ねください。

島cafe とぅんからや

〒906-0202 沖縄県宮古島市上野新里 Shinzato-1214

PAGE 3

「キッチンみほりん」

冷やし宮古そば

「冷やし宮古そば」800円(ランチ限定)
続いてはこちら、「キッチンみほりん」の『冷やし宮古そば』です。

沖縄といえばソーキそばが有名ですが、宮古島では「宮古そば」という名で名物となっています。そんな宮古そばの「冷やし」がこちら。かき揚げ付きでランチ限定メニューとなっています。教えてくれた“島んちゅ”いわく、「冷やし」の宮古そばが食べられるのはこの「キッチンみほりん」をおいて他にはないそう。

こちらも島で採れた「もずく」がたっぷりと入っており、大根おろしと和風の出汁つゆでサッパリとした味わいに。麺はソーキそばでおなじみの太麺で、もちもちとした食感。季節によってレモンまたはシークヮサーのいずれかが付いてくるので、ギュギュッと絞ってひと味追加するのもオススメです。サクサクのかき揚げは、つゆに浸したり、麺に絡めて食べると美味しさが倍増します。

「キッチンみほりん」は地元の人に愛されており、島んちゅも昼食を取りに多く訪れるそう。こちらもランチタイム限定メニューにて、お早めの時間に訪れることをオススメいたします。

キッチンみほりん

〒906-0203 沖縄県宮古島市上野宮国870-2

PAGE 4

デザートにスムージーを飲んできました

個人的に今回いただいた「生もずくの冷やしソーメン」も「冷やし宮古そば」も甲乙つけがたい逸品でした。

強いてどちらが良いかを評するなら、ロケーションも含めて彼女を喜ばせたいなら「島cafe とぅんからや」で、宮古島のご当地料理をより楽しみたいなら「キッチンみほりん」かな〜という印象。
ラズベリー&ストロベリーにチョコホイップをトッピングしたスムージー「フラミンゴフラワー」。650円。
ちなみに帰り道に立ち寄った「AOSORA PARLOR」のスムージーも絶品でした。宮古島はグルメスポットが様々な所に点在しているので、ドライブがてらに巡ってみるのをオススメいたします!

AOSORA PARLOR(あおぞらパーラー)

〒906-0000 沖縄県宮古島市下地来間104-1

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL