• TOP
  • FROM EDITORS
  • 予約が取れない世界一の三つ星レストランに行った! 食べた!

2019.07.25

予約が取れない世界一の三つ星レストランに行った! 食べた!

イタリアはモデナにある「オステリア・フランチェスカ―ナ」。3カ月前の1日に予約が開始されるやいなや、2~3分ですべて埋まってしまうという席数わずか40席足らずの超人気店へ、幸運にもお邪魔してまいりました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/近藤高史(LEON)

Ciao~♪ LEON編集部の近藤です。

先日、イタリア・モデナ出張をした際にランチのキャンセル待ちが偶然にも取れてしまい、行ってまいりましたよ「オステリア・フランチェスカーナ」!

言わずと知れたミシュラン三つ星をはじめ、イタリアの有名グルメガイド『ガンベロロッソ』でも最高位のスプーン3本を獲得。そして「世界のベストレストラン」の栄えある1位にも輝いた、いま、世界最高峰のトップに君臨するオステリアです。

ランチは12時30分から。モデナの街に実によく馴染むサーモンピンクの外壁に映えるダークグリーンの扉が内側から開かれ、中に招き入れられます。
「ボンジョルノ~」12時30分になるとドアが開かれて客は中へ。
クランキーアイスクリームかと思いきや、中は濃厚なフォアグラ。こんな遊び心がメニューの至るところに。
通された店内は落ち着いたミントグリーンの壁に歴史を感じさせるウッディな天井、清潔な白いクロスの掛けられたテーブルが5つほど並んでいました。

メニューを見せていただき、約10皿からなるテイスティングコースをチョイス。途中、シェフのマッシモ・ボットゥーラさん自らが登場、各テーブルをまわり会話も楽しませてくれるというサービスも。世界中で引っ張りだこなはずなのに、お店にいるというラッキーなタイミングに感激です!
PAGE 2
さて、ランチコースを食べ終えたのは16時。実に3時間30分も食事をしていたことになりますが、味はもちろん、会話も雰囲気も楽しみながら食べ進めていくとちょうどいい時間。そしてどの皿もさほど重たくないため、時間をかけていただいてもぜんぜん胃袋に収まっちゃいました。

肝心な食べ終えた感想はというと「コレが本当にイタリアン!?」というもの。リチャード・ジノリをメインに使用しているお皿の上(だけでなく店内装飾から音楽からすべて)はまるで宇宙であり芸術であり、そしてウィットに富んだユーモアも(料理の中に)散見されていて、文字どおり五感で楽しめる料理の数々にオドロキと感動の連続でした!
エントランスで記念写真をパシャリ。あぁ、しあわせ!
そして、心に決めたのです。
“どんな味だった?”と聞かれたら、何と答えるか――。

その答えは
「行ったらわかるよ」

オステリア・フランチェスカーナ
(Osteria Francescana)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        予約が取れない世界一の三つ星レストランに行った! 食べた! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト