2019.08.07

パッリパリのローマ風ピッツァを求めて

ピッツァの名店が集まる麻布十番にあって、ローマ風のピッツァが食べられるのが「ピッツェリア ロマーナ ジャニコロ」です。本場ナポリのそれとは一線を画す、日本ではまだ稀有な一枚をご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/武田一希(LEON)

ボンジョルノ!  LEON編集部の武田です。

今回のランチ企画(そろそろ夜の部も始めようかな……)は、ピッツァです。とりわけ日本で一般的なナポリ風ではなく、ローマ風のそれを。麻布十番といえば、日本でも有数のピッツァの名店が集まる地域ですが、伺ったのは「ピッツェリア ロマーナ ジャニコロ」。名店「サバティーニ」で20余年にわたって活躍した渡邊 浩氏が手がけ、確かな味のピッツァが食べられます。

こだわりのそれは、ナポリで100年の歴史をもつ「マリオ・アクント」の薪窯を使用して焼き上げられます。この日はランチコースB(2300円)を注文。まずひと皿めに登場したのは、薪窯で焼かれたブランドじゃがいも「インカのめざめ」。
「絶品!本日の窯焼き野菜」この日はインカのめざめでした
ローズマリーが気高く香るひと皿は、素材の味を楽しむべく、味付けはシンプルかつ薄めに。ホックホクの食感が上品で、ピッツァへの期待を高めます。それを食べ終える絶妙なタイミングで、主人公が登場。名物の「ジャニコロ風 マルゲリータ」です。

PAGE 2
同店のスペシャリテ「ジャニコロ風 マルゲリータ」
ローマ風ピッツァの特徴である薄くクリスピーな生地の上には、自家製のセサミドライトマトやバジリコ、そして同店こだわりのあえて焼かないフレッシュな水牛モッツァレラが。パリパリで香ばしい生地、モチモチでクリーミーなモッツァレラ、そして甘みと酸味の利いたドライトマトに香り高いバジリコが見事に混ざり合った実に美味しい一枚です。

薄い生地は食べやすいだけでなく、具材の美味しさを存分に楽しむことができます。具材たっぷりで大き目のサイズでしたが、ペロリといただけました。日本ではナポリ風が主流ですが、ローマ風ピッツァもとっても美味しいので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■ ピッツェリア ロマーナ ジャニコロ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL