2019.05.14

よーいドン! で一斉スタートするレストラン

最近のレストラントレンドである「一斉スタート」、「ロングテーブル」、「料理はみんなでシェア」「抽象的なメニュー」。あなたはどこまで知っていますか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 

知らない人とテーブルを囲むって斬新

LEON.JP食いしん坊担当の秋山 都です。
連載「美食のネタ帖」を担当中のワタクシ、新しい店やトレンドのリサーチには余念がありません。といっても、夜ごはんを外で食べるのはおよそ週4、5回程度。そのうち新しいお店にチャレンジできるのは1、2回でしょうか。仮に週イチで新店にチャレンジできるなら、年におよそ50軒しかリストが増やせない計算になります。

となると、胃袋はひとつしかないわけですし、残念な思いはしたくない。自然、食いしん坊仲間の口コミやニュースから、なるべく確度の高いネタをキャッチし、実際に食べにいくお店を選ぶこととなります。

今日は、このひと月に私が出かけたお店からレストランの最新トレンドをいくつかご紹介しましょう。
次回「美食のネタ帖」でご紹介予定の「MARURA」(東京・深大寺)。少し郊外型で一軒家、ハーブや野菜が収穫できるレストランもいまのトレンドです。
まずはロングテーブル。大きなテーブルにみんなで腰かけ、知らない人とも時間を共有するというスタイルです。「今日こそは商談をキメてやる」「今夜こそ落とすぞ」……こんなヨコシマな思いを抱いている方には少々不向きなスタイル。

私が不特定多数の人にフレンドリーに接することにストレスを感じるタイプなので、最初は少しとまどいました。でも料理が進むうち、おいしいものや楽しい時間を共有できることがだんだん楽しくなってきて。なによりみんなの笑顔を見ていることに幸せを感じ、一種のグルーヴとともに興奮してくるのが不思議です。
この料理、くわしくは次回「美食のネタ帖」でご紹介します。
一緒のテーブルに着くのですもの、当然、料理はみんなでシェアです。下の写真は先日京都取材の際に出かけた朝食の店。
京都・東山の「丹」。
ここもやはりロングテーブルを囲むスタイルでした。朝食の回は8時30分~、9時30分~の2回制となっており、基本はテーブルに並べられたお惣菜をみんなでシェアします。
梅干しだけ食べちゃってます。
はい、こんな感じ。ゴマたっぷりの白和え、梅の酸味がきいたひじき、手作りでマイルドな納豆など、どれも身体が喜ぶようなおいしさでした。でも、このときひとつ事件が……大きなテーブルに人数分のたまごが置いてあったのですが、私の目の前のおじさまが「たまごかけごはん、うまい、うまい」とごはんをおかわりした際、とんちゃくなく2個めのたまごを割り入れたため、私の隣の方の分のたまごがなくなってしまいました。

「私の分のたまごがありません」と、私なら言うでしょうが、もともとたまごにそれほど執着がなかったのか、それとも弱気だったのか、黙ったまま、たまごかけごはんを召し上がらなかった隣の方。本当によかったのかしら。料理をみんなでシェアする際には、テーブルの人数と大体の自分の取り分を目で計算しながら取りましょうね。
PAGE 2
さて、この朝食の「丹」も最初に紹介した「MARUTA」にも共通していること、それは一斉スタート。つまり「よーいドン!」で一緒に食べだすスタイルです。
この日お初だった代々木上原のイノベーティブ・フュージョンのお店も「18日40分までにお入りください」と2回アナウンスがあったほど時間にはシビアな印象。ここは「ロングテーブル」「料理はみんなでシェア」ではないので、「一斉スタート」する意味あるのかな? とやや懐疑的だったものの、一皿一皿、驚きのあるお料理なので、もし隣の人が先に食べていたらサプライズがなくなってしまうかもしれませんね。
最後のトレンドが「読めないメニュー」。いえ、もちろん文字としては読めます。でも。文字を追っただけではそれがどんなお料理なのかさっぱり想像がつかないメニューが最近のトレンドです。その最たるものがバンコクの「ガガン」。食材だけが絵で一列に配されているメニュー、見たことある方もいらっしゃるのでは。

上はこの時のお料理一覧ですが、いま見返してみても、それがどんなお料理だったのかイマイチ思い出せず……。もっとも、昨日の昼ごはん、何を食べたか思い出せない私の脳みそにはどんなメニューであっても意味を成さないのかもしれません。

以上、昨今のレストラントレンドからいくつかピックアップしてみました。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL