2019.04.23

どこでも手軽に極上なビールアワーを!

ビールサーバー史上もっともスマートで濃厚クリーミーな泡を作り出す缶ビール専用のハンディビールサーバーの最新モデルをご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/芦川明代(LEON)

こんにちは、LEON編集部芦川です。

春から夏へ気温がどんどん上がってきて、ビールの美味しい季節がやってきましたね。

お店で出されるビールが美味しいのは言わずもがなですが、グランピングや海辺で飲む缶ビールだって美味しく飲みたい!というワガママを叶えてくれる、これからのシーズンにぴったりなお役立ちアイテムをご紹介いたします。
ビールアワー極泡スマート 3,480円(4月25日発売予定)
それがこちら、いつでもどこでもきめ細かいフワッフワな泡ができるハンディビールサーバー。
毎年、どこかしらアップデートされて発売されているのですが、今年はついに洗浄が不要になりました!
お手入れが格段に楽チンになったうえ、全体的なサイズもコンパクトに。缶ビールに装着してボタンを押すだけで超音波振動によって普段の注ぎ方では作れない旨味のアップしたきめの細かい泡を作り出します。
ということで、いざ実践してみました!
PAGE 2
よく冷やした缶ビールを用意してブルタブを開けます。本体を上から装着。カチッと音がするまで押し込みます。(一般的なサイズの缶ビールであれば大体装着できます。)

少しコツがあって、ビールをグラスに注ぐ前に取っ手部分についたボタンを押します。超音波振動が発生して缶ビール全体に微弱な振動が行き渡ります。次にグラスを傾けてビールをゆっくり注いでいくと、きめの細かいクリーミーな泡が誰でも簡単にできあがります。

超音波によりビールの旨味成分もアップしているとのことで、飲んでみると非常に喉越しがよくてクリーミー。鼻の下に泡が残っちゃう感じで、少し時間を置いてみましたが、泡持ちもかなり良い気がします。
個人的にはもっと上手に注ぎたい!という欲が出てきて、何度も挑戦してしまうぐらい楽しくなってしまいました。
缶ビールは350㎖のほか500㎖缶にも対応しています。カラバリは今回紹介したブラックのほか、ホワイトもあります。
さらにこのハンディビールサーバーは、折りたたむことができるので収納もすこぶるコンパクト。

グランピングや海辺時間のひと時にこっそり懐に忍ばせておいて……、いざ乾杯!という時にこのハンディビールサーバーで極上の泡を披露すれば、サプライズな一興になることウケアイ。そんなきめ細かい心遣いはニキータからも一目置かれるはずなのです。

タカラトミーアーツ (4月25日発売予定)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL