• TOP
  • FROM EDITORS
  • 【花粉対策にもなる!?】ナイキのアウターが改めて最強なワケ

2019.03.19

【花粉対策にもなる!?】ナイキのアウターが改めて最強なワケ

シャカシャカアウターを推しているLEON.JPですが、春先こそこのアウターが使えると実感しております。その理由をご説明いたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/堀川博之(LEON.JP)

その名の通り、まさに“オールコンディションギア”です

こんにちは。
LEON.JPの堀川博之です。

ようやくカイロから解放され、暖かい日射しに飛び回っておりますが、ここで2点問題が。

春先に舞い散る花粉と、日夜の寒暖の差です。

そのふたつの問題を解決してくれるのが、今回紹介するナイキのアウターです。

アクロニウムやストーン・アイランド シャドープロジェクトを手掛けるエルロソン・ヒューのナイキにおける代表作のひとつ。
PAGE 2
素材は薄手の防水性ゴアテックスを採用した「NIKE lab ACG 2 in1 メンズジャケット」のファーストモデル。
シャカシャカ素材なので、花粉が付着しにくいかと。

あくまで体感ですが、ウール系のアウターと比べれば玄関先で払うだけでいくぶんの違いはあると思います。
腕周り、背中など、各所にリフレクター付きなので、夜間の移動にも使えますしね。

この季節に嬉しいのはこんな薄手のライナーです

そして、この季節に重宝するのは、薄手のライナーがついている点。寒暖の差が激しい春先になくてはならない仕様です。

しかもこのライナーは着脱可能なので、1枚で羽織るもよし、重ねて着るもよしなのです。

アウター同様、大きめのダブルジップも使いやすく細部まで上手く設計されています。
PAGE 3

さらに進化した「NIKE lab ACG 2 in1」がコチラでした

ファーストモデルは肩がセットインされたジャケットのような仕様に比べて、こちらはさらに稼働域が広め。

着丈も長めでよりアウター感のある1枚ですが、斜めに入ったジップや口元が隠れるほどの高い襟元などデザインが気に入っています。着るだけでサマになるアウターと言っても過言ではないかと。

こちらは先のモデルより、少し厚めのゴアテックスを使用し、ダブル仕様の止水ジップを採用するなどややヘビーな仕上がり。それでいて各所に入ったレタリングやデザインから実に都会的な佇まいが魅力です。

本日も雨も風も寒さはもちろん、花粉からも守ってもらっています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL