2019.02.16

永久に食べられるビステッカ inフィレンツェ

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

渡辺 豪(LEON)

こんにちは。調理と料理は違う、ととあるシェフは言いました。

CookingをArtsにするには調理の基本的なことを完全に熟知し、さらに最後に真心を加える、と。そうすることで人を感動させるそうです。

この話は、今年ページにしたいと思っていますので詳細は避けますが、感動させる料理にはやはりハートなんだろうなあ、と改めて感じたのがここフィレンツェのヴェッキオ カンチェッロです。
この2切れで2.5キロ。それで日本円1万円くらいですかね。4~5人で分けて十分なポーション。安い!
ココ、普段はアイルランドの熟成牛を使用しているのですが、この時はピエモンテの美味い牛が入った!ということで食べました。ピエモンテの方はミルキーであっさり、アイルランドの方は香ばしくコックリ、熟成香が存分に感じられる風味でした。

前菜はひと品だけでビステッカのみが、通常のパターンでしたがこちらのお店、タルタルやトスカーナ料理には珍しいソースをふんだんに使った料理も満載で・・・気になる方は、お店をチェックしてみてください。

味、コスパ、そして何より家族たちが本当に優しい。よくケアしてくれます。常連だから、じゃないですよ。最初から最高でした。渡辺的、世界ベストレストランのひとつでもあります。
シェフのファブリツィオさん。キャンティから通っています。
ワインも最高! インスタもチェックしてみてくださいませ。

間違いなくフィレンツェで有数のお店かと(広めたいけど人気にならないでほしいなあ~笑)。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL