2019.01.21

アナタの着ている服はどのグループ?

1月11日から14日まで開催された「ミラノ ファッション ウィーク」の取材でイタリアへ行ってきました。2019年秋冬に店頭にならぶウエアの取材をすることが主目的なのですが、会期中、アルマーニが運営するファッションアートミュージアム「ARMANI/SILOS」で興味深い展示がありましたので、その模様をご紹介いたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/堀川正毅(LEON)

「シャルル・フレジェ」というアーティストをご存知ですか。フランス生まれのフレジェは、スポーツ選手のユニフォームや軍隊の軍服が“もっとも的確にグループを表現するもの”と定義し、さまざまな写真作品を発表しているんです。

今回、ARMANI/SILOSで展示された「FABULA」展もそんな彼のテーマに沿ったもので、「多種多様な社会的集団と、集団を作る個人、グループに属する個人が身につける衣服に関するしきたりを探る人類学調査の幅広さと奥行きの深さを映し出す」ことを目的としたエキシビジョン。

・・・要は服装ごとに集団をグルーピングをすることで、文化的、民族的な背景が浮き彫りになってくる、ということでしょうか。
世界中の民族を撮影した彼の作品を見ると、その土地土地の風習が伝わってくると同時に、多様な人間の営みを垣間見ることができるのが興味深いですね。アルマーニ御大も彼の作品に対し、こんなコメントを寄せています。

「シャルル・フレジェの作品で僕の目をまず惹きつけたのは、色に宿る生命力なんだ。あの色は単なる視覚的手段ではなく、人類のエネルギーを表現している。ファッションデザイナーとして、衣服には大きな影響力があることはよく理解しているけれど、フレジェの作品は絶えずそのことを思い出させてくれる。「着る」という行為のもっとも奥深い面をさらに掘り下げた、コミュニケーションの手段として。」

FABULAは3月24日まで開催しているので、ミラノにお立ち寄りの際は、ぜひ足を伸ばしてみては。
PAGE 2

FABULA by Charles Freger

2019年1月12日〜3月24日

ARMANI / SILOS

Via Bergognone, 40 20144 Milano
https://www.armani.com/silos/jp/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL