• TOP
  • CARS
  • 価格は31億円!? 「ロールス・ロイス」が製造した究極のフルオーダーモデルとは?

2021.09.07

LEON RECOMMENDS

価格は31億円!? 「ロールス・ロイス」が製造した究極のフルオーダーモデルとは?

高級車ブランドの代名詞、「ロールス・ロイス」が完全フルオーダーシステムを確立。その皮切りとなったコーチビルドモデル『ボート・テイル』は、オーナーのワガママを存分に反映した出来栄えです。究極のラグジュアリーが、そこにはあります!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

 文/遠藤加奈(LEON)

かつて貴族や特権階級の人たちにとって、洋服や時計、クルマはオートクチュールというのが当たり前でした。プレタポルテが主流になったいま、ストリートには限定アイテムが溢れ、自分だけの特別なアイテムを手にする機会はほぼ皆無。そんななか、またオートクチュールに注目が集まっています。
▲ 単なる移動手段ではない、人生を楽しむためのクルマ
すべてゼロからデザインするため、まず手書きでスケッチをし、実物大のクレイモデルを製作。それをデジタルリマスターして型を製造。車両後部はモーターボートの甲板をイメージし、木材が線状に貼りこまれています。認証を取得しており、公道走行が可能です。
例えばロールス・ロイスではこちらのボート・テイルが製造されました。これまでもオーダーモデルは多数製造されてきましたが、それらは既存モデルに手を加えるパターンオーダーですが、ボート・テイルはその形状からデザインした完全なフルオーダーモデル。これを機にロールス・ロイスはコーチビルド部門を軌道に乗せ、世界中のオーナーのワガママに応えていくそう。

さて、このボート・テイル、製作はすべて手作業で、4年以上の歳月を費やしました。ボートのようなリア部分は鳥の羽のように開き、収納庫の片面にはクリストフル社製の専用デザインのカトラリーが収められており、もう片面の冷蔵庫には、顧客のお気に入りのヴィンテージのシャンパンを収納します。
PAGE 2
またボートで過ごすようにゆったりとした時間を演出するための特別なパラソルも完備。価格は約31億円という噂。街にラグジュアリーが溢れるいま、その先をお望みの方へぜひ。

どんな要望にも応えるのが、ラグジュアリーのあるべき姿

リアの収納庫に備えられた冷蔵庫も特別仕様。オーナーはシャンパーニュ地方の特定のシャンパンに強い思い入れがあり、このシャンパンを飲むのに最適な温度である6度まで正確に急速冷却する能力を備えているそう。ボンネットは手塗りのグラデーションでパンテオン・グリルも特別なデザインに。

2021年9月号より

お問い合わせ

ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京

ウェブサイトはコチラ

TEL/03-6809-5450

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL