• TOP
  • CARS
  • アウディがブランドストアを期間限定オープン! 未来のカーライフとは!?

2021.03.25

SPONSORED

アウディがブランドストアを期間限定オープン! 未来のカーライフとは!?

アウディが東京・青山にブランドストア『House of Progress Tokyo』をオープン。「デジタル」「サステイナビリティ」「デザイン」「パフォーマンス」という4つのキーワードでまとめられた世界観は、未来のクルマ選びを考えさせてくれます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/長谷川直紀 文/大谷達也

「デジタル」「サステイナビリティ」「デザイン」、そして「パフォーマンス」という4つのキーワードをもとにアウディの世界観でまとめられたブランドストア『House of Progress Tokyo』が東京・南青山に登場。最新の車両展示はもちろんのこと、3フロアからなるストアのあちらこちらで、未来に通ずるカーライフスタイルが見え隠れしますよ。
▲ アウディの考える“プログレス”を表現
コンセプトカーや最新のテクノロジーを駆使して「リビング・プログレス」という哲学的なテーマを表現する『House of Progress Tokyo』。アウディはもともと「技術による先進」を標榜するなど“プログレス”がブランドの重要な価値のひとつ。コンテンツだけでなくインテリアの細部にまで世界基準でドイツ・アウディ本社の意向が反映されているとか。5月31日(月)までの期間限定です。

『Audi House of Progress Tokyo』

DATA 
URL/www.audi.jp/progress/audi-brand-store/
住所/東京都港区南青山5-3-2 営業時間/11:00(土日・祝10:00)〜20:00 
TEL/03-6403-5368 

クルマのスペシャリスト3人が『House of Progress Tokyo』の魅力を語り尽くす

■ 中原英貴さん(Audi House of Progress Tokyo責任者)
仕事を超えてアウディ好き。レーシングドライバーとしても活躍し、Audi Sportのスペシャリストとしての顔ももつ。
大谷達也さん(自動車ライター)
自動車専門誌を経てフリーランスに。語学力を生かした取材力でブランド本国のエンジニアの信頼も厚い。LEON本誌の連載でもおなじみの評論家。
近藤高史(LEON編集デスク)
LEON、LEON.JPのクルマに関する記事をすべて統括する。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員としても活躍中。
PAGE 2

未来のカーライフを体感・想像できる場所

近藤 アウディが『House of Progress Tokyo』を南青山にオープンさせた理由を教えてください。 

中原 『House of Progress Tokyo』は、ドイツ本社で企画されたものでサステイナビリティに敏感だったり、次世代のクルマに関心をもっていたりする方々をターゲットにしています。そういう思考のお客様がこのエリアには多いことと、周りにハイエンドなブランドが並んでいるので、ココにオープンさせることはイメージ的にもアウディにマッチすると考えました。

大谷 青山通り沿いには多くの自動車ディーラーが並んでいますが、あえてそこから離れた場所を選んだことにも何か狙いが? 

中原 すでに多くのディーラーが並んでいるところにアウディがブランドストアを作るよりも、ファッションやライフスタイルを中心としたエリアに溶け込むことで、ハイエンドなブランドを好むユーザーに上手く伝えることができるのではないかと考えました。 

近藤 では、このブランドストアでアウディは、どのようなことを表現しようとしているのですか? 

中原 デザイン、パフォーマンス、サステイナビリティ、デジタルという4つのキーワードと「Living Progress(リビング・プログレス)」というブランドの中心的なテーマを表現しています。 

大谷 実際に来場されたお客様は、ここでどのような印象をもたれるのでしょうか? 

中原 改めて「アウディってお洒落なんだね」という声は、多くいただいています。あとは、ほかのクルマブランドよりも少し先を進んでいるとか、未来を見つめているといったことを感じていただければと思っています。 
PAGE 3
大谷 先ほどの4つのキーワードはアウディが最近、力を入れている分野だと思いますが『House of Progress Tokyo』ではどこにそれらを見てとれますか? 

中原 建物全体と1階ではデザインを表現しており、EVコンセプトカーの展示もあります。事前予約でe-tron Sportbackなどの試乗も可能で、アウディが誇るハイパフォーマンスを存分にお楽しみいただけます。また地下では、デジタルを駆使したプロジェクションマッピングでさまざまなメッセージを表現するいっぽう、2階のラウンジで提供するドリンク類はすべてサステイナビリティを意識したものに。そのほかにもアウディらしさが至るところに表現されているので、これからのクルマ選びのヒントが見つかるはずです。

近藤 今後、ココではどのような展開が予定されているのですか?

中原 3月31日(水)までは、アウディと同じドイツのカメラブランド「ライカ」とのコラボレーションで、アウディRSモデルを題材とした写真展を開催。その後もサステイナビリティなどで共感できるブランドとのコラボレーションを実施予定です。

大谷 最後に、アウディはどのように進化していくのでしょうか?

中原 いまは電動化やサステイナビリティが注目されていますが、アウディは創業当時からモータースポーツに力を入れてきたブランドでもあります。そういう要素がブレンドされたクルマがこれから登場すると思うとワクワクしますし、アウディは挑戦をやめない会社。お客様にはこれからもその挑戦を見守り続けていただきたいですね。
PAGE 4

Keyword 【01】 Digital

デジタル化で深みを増す“メッセージ”

プログレスにまつわるアウディのメッセージは、すべてデジタル化されて表現されています。
▲ 「デジタルブック」は、手の動きをシステムが読み取ってページをめくる仕組みに。
▲ 大画面も、指先の向きに応じてポインターが移動。アウディにまつわる好きな言葉を選ぶと、対応するメッセージが音声で再生されます。

Keyword 【2】 Sustainable

こだわりのドリンクにもメッセージを込めて

2階のラウンジでは、サステイナビリティにちなんだフードやドリンクを提供してくれます。
▲ コーヒーは、カップだけでなく口びるが触れるカバー部分もリサイクル可能なペーパー製。ミネラルウォーターも紙パック入りというこだわりようです。(※カフェとしての営業はしていません)

Keyword 【3】 Design

“デザイン力のアウディ”が至るところに

館内には、まるで“未来のアート”とでも呼びたくなるほどの美しさと先進性を兼ね備えたアウディのデザインがさまざまなかたちで展示されています。
▲ アウディ初の電気自動車e-tronのモデルカーと、プロジェクションマッピングを組み合わせたデザインに関するデモの様子。

Keyword 【4】 Performance 

未来のアウディのパフォーマンスを存分に体感

【アウディ イートロン GT クワトロ】
4月上旬にはお待ちかねのお目見え予定!
先頃ワールドプレミアを果たしたe-tron GTは、パフォーマンスとサステイナビリティを融合させた未来のアウディ。RS e-tron GTとe-tron GT quattroの2モデルがあり、長い航続距離とスーパースポーツカーさえ凌ぐ動力性能を誇ります。アジアでは『House of Progress Tokyo』で初展示予定。

CAR SPEC 
全長×全幅×全高:4990×1960×1410㎜ 最高出力:350kW
(390kW in boost mode)最大トルク:630Nm(640Nm in boost mode)
バッテリー容量:93kWh(リチウムイオン) 航続可能距離:487㎞
価格:未定/アウディ(アウディ コミュニケーションセンター)
【アウディ イートロン スポーツバック 55 クワトロ】
SUVクーペスタイルの電気自動車
e-tron Sportbackは、クーペ・ライクのスタイリングが魅力的なSUVタイプの電気自動車。より端正なSUVボディをまとったe-tronも選べます。バッテリーの容量やモーター出力に応じて50と55の2グレードを用意。事前に申し込んで訪れれば、『House of Progress Tokyo』で試乗も楽しめますよ。

CAR SPEC 
全長×全幅×全高:4900×1935×1615㎜ 最高出力:265kW
(300kW in boost mode)最大トルク:561Nm(664Nm in boost mode)
バッテリー容量:95kWh(リチウムイオン) 航続可能距離:436㎞
価格:1327万円〜/アウディ(アウディ コミュニケーションセンター)

■ お問い合わせ

アウディ コミュニケーションセンター

HP/https://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html

TEL/0120-598-106

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        アウディがブランドストアを期間限定オープン! 未来のカーライフとは!? | 自動車 | LEON レオン オフィシャルWebサイト