• TOP
  • CARS
  • 1台30万針! 3代目「ベントレー コンチネンタルGT」のインテリアが凄い!!

2020.11.18

1台30万針! 3代目「ベントレー コンチネンタルGT」のインテリアが凄い!!

外観に惚れこんでクルマを買っても、ドライバーである自分が一番見るのは何やかんや言って車内、つまりはインテリア。そのインテリアにこだわりの強いブランドとして知られるのが英国きってのブランド、ベントレーです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/小川フミオ、近藤高史(LEON) 写真/安井宏充

ベントレーの豪華なクーペ「コンチネンタルGT」が3代目にモデルチェンジ。その見どころは、たくさんありまして。そもそも美しいプロポーションは希有だけれども、おおいに注目したいのがその内装。ドアを開けた瞬間に、息をのむような世界が出現するのです。これこそ、コンチネンタルGTの最大の魅力といって良いかもしれません。

今回、試乗したクルマはインテリアも、黒と白。黒と白だけで“カラフルな世界”が作りあげられていて、この手腕は、さすがベントレーと言うしかないでしょう。助手席に誰かを招くにしても、ほかに類のない“おもてなし”空間と化してくれるのです。
さて、カラフルと書いたのはパターンと色づかいの妙ゆえ。黒と白はモノトーンではあるものの、うまく使えば、これほど強いコントラストはありません。それに加えて、印象的なパターン。黒地に白糸を使い、独自の世界を作り上げているんですね。

こだわりは見た目だけではありません。聞けば、ベントレーの縫製チーム(120人いるそう!)が1台分のシートと内装のステッチを仕上げるのに要する時間は約7時間。およそ30万針も縫うんだとか! 

そんなベントレーが名づけるところの「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」が、シート表皮とドアの内張に施されています。「ダイヤモンド」と呼ばれる菱形のなかに、もうひとつ小さめの菱形が入ったデザインのことで、ひとつのダイヤモンドは専用のミシンで712針縫います。このためだけに作られたミシンで、ステッチを入れていくのです。
PAGE 2
ミシンを使う人なら、この芸の細やかさに感動するかと。かつ、菱形の内側の部分は適度な丸みをもっています。「刺繍部分の縫製工程を施すと、レザーパネルは12パーセント縮みます。レザーパネルを裁断する時、このことを考慮する必要があるんです」とはベントレー。

縮むことを考慮して裁断し、さらに丸みまでもたせちゃう。背景を知らない私たちは、ただ触って気持ちが良いなどと感想を述べるにとどまるのですが、実はコレ、たいへんな技術。この丸みを英国人が好きなスポーツにちなんで、ベントレーでは「クリケットボール」と呼んでいます。
「それぞれのインテリアは、9種類の北ヨーロッパの雄牛の革を長さ2.8キロメートルの糸で縫い合わせて作られます」とはベントレー談。さらに「すべてのレザーパネルの裏側には、個人的な品質の証として作業を担当したベントレーの従業員のイニシャルが記されているんですよ」という芸術作品並みのこだわりよう。
さらに試乗したモデルのダッシュボードには、木目ではなく、ピアノブラック仕上げのウッドパネルが使われていました。そこにクロームのアクセント。スイッチ類もクローム仕上げで輝いているうえ、操作する頻度の高いスイッチ類には、手が触れるところにローレット加工が施されているという芸の細かさ!

ローレット加工とは表面にギザギザをつけるもの。もちろん、滑り防止という機能的な働きをしつつ、傍から見て、その輝きが美しい。ベントレーのインテリアデザイナーは、これらの操作類とダッシュボードと、シートと、ドアの内張とが常に調和するように配色も考えぬいてるというから驚きです。
PAGE 3
では、肝心なクルマとしての出来はどうか──。今回のコンチネンタルGT V8クーペは、2003年に初代が発売されて以来3代目。V8エンジンに全輪駆動システムの組合せというドライブトレインをもった2ドアクーペで、基本的なデザインコンセプトは継承されています。

それでいて3代目はパワーアップ。3996ccV型8気筒は404kW(550ps)の最高出力と、770Nmという大トルクを発生します。V型エンジンの谷間にはツインスクロールタイプのターボチャージャーが据えつけられ、例えば静止から時速100キロまでの加速にわずか4.0秒しかかからないという性能ぶり。
エンジンも、通常1000rpmでも充分な力を感じさせるものの、スポーツモードでは2500rpmから上の、ターボパワーがしっかり効くパワーゾーンを堪能させてくれるのです。

価格は2498万1000円~。オプションは豊富で、望めば内外装のカスタマイズも可能。まさに高級テーラーによるスーツとか、一流の建築家によるリビングルームのように、ぴったりと自分にフィットする一台を手に入れることができるでしょう。

ベントレー コンチネンタルGT

【Car Specs】
全長×全幅×全高:4880×1965×1405㎜
車重:2230㎏
エンジン:4.0リッター V8気筒ツインターボ
最高出力:404kW(505ps)/5750-6000rpm
最大トルク:770Nm/2000-4500rpm
問い合わせ:ベントレーモーターズジャパン
HP/https://www.bentleymotors.jp

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL